最速ゲーム体験! ゲーミングPC選び方の黄金ルール

目次

ゲーミングPCの核心! CPU選びの極意

ゲーミングPCの核心! CPU選びの極意

プロセッサの性能とゲームへの影響

ゲーミングPCの核心たるCPUは、ゲーム体験の滑らかさや反応速度を決定付ける要素です。

プロセッサが高性能であればあるほど、複雑な計算を瞬時に行い、高度なグラフィックスをスムーズに描写することが可能になります。

中でもゲームのロード時間の短縮や、多くのNPCが出現する大規模なシーンでもフレームレートの低下を最小限に抑える効果は明らかです。

特に3Dゲームやリアルタイムストラテジーなど、CPUの処理速度が直接ゲームプレイに影響を与えるジャンルでは、プロセッサの選択はさらに重要です。

ゲームエンジンはリアルタイムでデータを生成し続け、AIの行動パターンや物理演算を処理するため、複数のコアや高いクロック速度を持つCPUが望ましいとされています。

緻密なグラフィックだけでなく、マルチプレイヤー環境でのネットワーク処理なども、CPUの能力が直結する部分であり、ゲームプレイの快適性を高めるためには、適切なプロセッサの選択が不可欠です。

結局のところ、ゲーミングPCで重視すべきは目に見えるスペックだけではありません。

各ゲームタイトルに最適化されたプロセッサの選び方を知ることで、最速のゲーミング体験を手に入れることができるでしょう。

各プロセッサの性能を詳細にチェックし、ゲームごとの要求スペックを考慮して選ぶことこそが、真に最高のゲーミングPCを得るための極意です。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41293 2387 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38703 2052 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38627 2024 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29341 2015 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28939 1945 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27116 2020 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22141 1925 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20423 1991 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19563 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17783 1794 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15333 1957 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格

IntelとAMD、ゲームに最適なのは?

ゲーミングPCを選ぶ際、心臓部とも呼べるCPUは、ゲームのパフォーマンスを左右する重要な役割を果たします。

市場にはIntelとAMDから多種多様なプロセッサが提供されており、ゲームを快適に楽しむためには、これらの違いを把握し、自身のプレイスタイルに最適なものを選ぶことが肝心です。

Intelのプロセッサは、伝統的にゲーミングパフォーマンスが高いと評価されており、特にシングルスレッドの性能が求められるゲームではその力を存分に発揮します。

一方のAMDは、マルチコアパフォーマンスにおいて優れており、ストリーミングやビデオ編集といったマルチタスクが必要なゲームプレイに適しています。

更に、最近ではAMDもゲームにおけるシングルスレッド性能を大幅に改善してきており、選択の幅が広がっています。

選択する際には、具体的なCPUモデルのスペックを確認することが欠かせません。

ゲームを動かすために最低限必要なコア数、クロックスピード、キャッシュサイズを押さえ、それらのスペックが目的のゲームに最適であるかを見極めることが大切です。

加えて、将来的なアップグレードの可能性も考慮して、長期的な観点からもっともバランスの取れたプロセッサを選ぶのが賢明です。

インテルかAMDかは、好みや用途によって異なるため、一概にどちらが優れているとは言えません。

それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分のゲームライフを充実させるための選択をすることが、真のゲーミングPC選びの極意と言えるでしょう。

コストパフォーマンスを見極める

ゲーミングPCの心臓部であるCPUは、迷路のように複雑な世界です。

性能の高いCPUを選ぶことは、ゲームのロード時間を短縮し、快適なプレイ環境を実現する上で決定的な役割を果たします。

ですが、性能だけを追い求めた結果、予算を大幅に超過してしまうこともあり得ます。

そこで重要なのが、コストパフォーマンスを見極める眼力です。

最新の高性能プロセッサは魅力的ですが、価格もそれに比例して高くなりがちです。

一方で、1世代前あるいは2世代前のモデルは価格が落ち着いており、それでいて十分な性能を備えていることが多いのです。

ここで賢い選択をし、自分のゲーム体験にとって「必要十分」なスペックを見定めることが肝心です。

また、プロセッサのコア数やクロックスピードはゲームによってその効果が異なります。

複数のコアを有効活用するゲームなら、多コアのCPUが有利ですが、そうでないゲームも少なくありません。

現実的な使用シナリオを考慮し、自分の主にプレイするゲームタイトルに最適化されたプロセッサ選びが求められます。

実際のゲームプレイに即したベンチマーク結果を参考にすることも重要なポイントです。

ベンチマークスコアは、様々なPC構成でのゲームパフォーマンスが一覧でき、より実践的な性能評価が可能です。

それらの情報を駆使して、最も合理的な価格帯のCPUを選定し、結果的に全体のバランスがとれたゲーミングPCを構築することができるのです。

完璧なゲーミング体験を追求する上で、質と値段のバランスに優れたCPUの選択は、まさに黄金の一手と言えるでしょう。

グラフィックスの妥協なし! GPU選び方

グラフィックスの妥協なし! GPU選び方

NVIDIA vs RADEON 究極の選択

ゲーミングPCの心臓部ともいえるグラフィックカードの選択は、フレームレートやビジュアルの鮮明さに大きく関わり、快適なゲームプレイを左右します。

市場で競い合う二大ブランド、NVIDIAとRADEONは、それぞれ特有の強みを持っており、ユーザーの最終的な選択はゲームタイトルや使用目的によって大きく異なるでしょう。

NVIDIAは、その高性能なグラフィックスカードで知られており、特にレイトレーシングやDLSS(ディープラーニングによるスーパーサンプリング)技術において業界をリードしています。

これらの技術はゲーム内のリアリズムを極めたい方、また最新技術を駆使した映像美を重視する方にとっては、魅力的な選択肢でしょう。

高解像度やVRゲームを快適に楽しみたい場合も、NVIDIAの製品は力強い味方となります。

一方のRADEONは、コストパフォーマンスに優れ、価格対効果を重視するユーザーにとっては適していると言えます。

また、AMDのフリーシンク技術は、画面のティアリングやジャダーを抑制し、スムーズな表示を提供するため、快適なゲーム体験を見込めます。

RADEONカードは、一般的にオープンなエコシステムを提供しており、様々なシステムとの良好な互換性もその大きな利点です。

従って、究極の選択は、追求するゲーム体験に最適な技術とコストのバランスを考慮し、自分のプレイスタイルや好みに最も合ったグラフィックカードを選択することが重要です。

リアルタイムレイトレーシングやAIを用いた画像処理が欠かせない方はNVIDIA、コストエフェクティブでありつつも高品質なゲームプレイを求める方はRADEONという選択がおすすめとなるわけです。

どちらのブランドにも一長一短がありますが、ゲームとの相性を見極めることで、それぞれの長所を最大限に生かすことが可能となります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

解像度とフレームレートの確保

ゲーミングPCにおける究極の没入感とは、鮮やかな画像がスムーズに動くことから生まれます。

この体験を実現するためには、グラフィックカード(GPU)がキーコンポーネントとなり、選び方一つでゲームの世界にどっぷりと浸かることができるかどうかが決まってくるのです。

解像度とフレームレートは、この二つが高バランスで保たれることで、目に見える現実と見分けがつかないほどのビジュアルを約束します。

高い解像度が詳細な画像を担保し、フレームレートはその流れるような動きを保証します。

ゲーミングPCの選択に際しては、現在最も普及している1080p(フルHD)から、より高い4K解像度まで、ご自身が最も利用することになるであろう設定に合わせてGPUを選ぶことが肝要です。

また、快適なゲーム体験のためには、最低限60fps(フレームパーセコンド)を維持する必要があり、それ以上にフレームレートが高いほどより滑らかな映像が得られます。

さらに、最新タイトルにおいてはグラフィックの負荷が高くなりがちであり、将来のゲームにも対応するためには、耐久性や拡張性も見据えた上で、少し余裕を持った性能のGPUを選択することが推奨されます。

こうすることで、快適なゲームプレイが数年間続き、頻繁なアップグレードをせずとも最新ゲームを楽しむことが可能になるのです。

最終的に、ゲーミングPCの心臓ともいえるGPUは単なるスペック選びではなく、将来的なゲームの進化にも目を向けた総合的な判断が必須であると言えるでしょう。

明確な目標と緻密な計画に基づいて選び抜かれたグラフィックカードこそが、限界なきゲーミング体験へのパスポートとなるわけです。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

エンターテインメントとクリエイティブの境界を超える、このマシンでプレイも仕事もスムーズに
速度と安定性、美しさが融合した32GB DDR4メモリとGen.4 SSD搭載のバランスモデル
プレミアムなサイレンス ? Silencio S600ケースで洗練されたデザイン性と静穏性を誇る
分厚いタスクもサクッと処理、Core i5 14600KFで快適プロセス

【ZEFT Z45G スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47B

ゲームも仕事も高速処理、信頼のパワーでサポートするアドバンストスタンダードPC
バランス良く組み合わさったスペックが、あらゆるシーンで活躍するパフォーマンスをコミット
静寂を保つSilencio S600ミドルタワー、洗練された落ち着きのあるデザインケース
新世代Core i3 14100搭載、余裕の処理能力で日々のタスクをスムーズに

【ZEFT Z47B スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

ゲーミングの頂点を極める、スタンダードミドルクラスのパワフルマシン
プロをも唸らせるバランス?異次元の32GBメモリ、俊足1TB SSD、そしてRTX™ 4070の融合
コンパクトながら大きな存在感、クリアサイドパネルで内部が輝く省スペースケース
快速パフォーマンス?最新Core™ i5が拓く無限の創造力

【ZEFT Z45DA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GC

パワーユーザーとゲーマーのためのソリッドパフォーマンスレベルのゲーミングPC
優れたVGAに次ぐ高性能CPUが均衡した高速メモリと融合した注目スペック
静音優先設計のスマートなCoolerMaster Silencio S600ケース
高速処理をコミットする最新Core i7-14700KFでCPU性能に妥協なし

【ZEFT Z45GC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

VR・レイトレーシング対応のチェックポイント

VRやレイトレーシング技術はゲーミングPCの性能を画期的なレベルへと引き上げ、これまでのゲーム体験を根底から覆しました。

そこで重要となるのが、これらの最新技術に対応したグラフィックスカード(GPU)を選ぶことです。

レイトレーシングは現実の光の動きをシミュレートする技術で、映画のようなリアルなシャドウや反射を実現するためには、高い処理能力を持つGPUが不可欠です。

また、バーチャルリアリティ(VR)を快適に楽しむには、最低90Hzのリフレッシュレートに対応したGPUが必要とされています。

選ぶ際には、まず対応するレイトレーシングやVRタイトルの要件を確認しましょう。

推奨スペックが示されている場合は、それをクリアするグラフィックスカードを選ぶことが大切です。

さらに、将来的なゲームの進化にも備え、いくらか余裕を持った性能を選択するのが賢明です。

さまざまなメーカーが提供するGPUの中でも、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズは、レイトレーシングやVRに特化した機能を搭載していることで知られており、これらの中から選ぶことをおすすめします。

ゲーム体験の真価を引き出すためにはグラフィックスカードの性能が鍵を握ります。

そのため、GPUの選び方に妥協は許されません。

レイトレーシングやVR対応のチェックポイントを押さえながら、次世代ゲーム体験への第一歩を踏み出しましょう。

高速動作の秘密はメモリとストレージ

高速動作の秘密はメモリとストレージ

必要なメモリ容量の目安

ゲーミングPCを選ぶ際に、快適なゲーム体験を実現するためには、十分なメモリ容量の選定が欠かせません。

最新のゲームを滑らかに楽しむには、最低限8GBのメモリが必要とされていますが、これはあくまでエントリーレベルです。

より複雑なゲーム、例えば膨大なデータを扱うオープンワールド型のゲームや、多くのプレイヤーが同時にオンラインで争うタイトルには、16GBあるいはそれ以上を推奨します。

さらに、メモリ容量が大きければ大きいほど、ゲーム以外のアプリケーションをバックグラウンドで動かしながらでも、パフォーマンスの低下を感じにくくなります。

例えばストリーミング配信を行いながら遊ぶことが多い場合や、同時にチャットアプリを利用するといった多任務の処理にも強くなります。

逆に言えば、メモリをケチるとその分だけゲームのロード時間が長くなったり、カクツキが発生する可能性が高まります。

そしてストレージに関してですが、SSDの導入はもはや常識と言えるでしょう。

HDDと比べ転送速度が飛躍的に高いSSDは、ゲームの起動だけでなく、読み込み時間を大幅に短縮し体験の質を改善します。

ゲーマーとしての没入感を追求するなら、メモリとストレージのチョイスが、まさに高速動作を実現する鍵となるのです。

SSDとHDDの長所と短所

ゲーミングPCにおいて、快適なゲーム体験を左右するメモリとストレージですが、特に重要なのは速度です。

ここでは、SSDとHDDの長所と短所について見ていきます。

SSD、つまりソリッドステートドライブは、フラッシュメモリを用いた新時代のストレージ技術です。

これにより、読み書きの速度が大幅に向上し、起動時間の短縮、ゲームのロード時間の減少に直結します。

速さ以外にも、部品に動く部分がないため、振動や衝撃に強く、耐久性に優れている点も大きな魅力です。

その一方でHDD、すなわちハードディスクドライブは、磁気を使ってデータを読み書きする伝統的なストレージです。

HDDの魅力は、同じ価格でSSDよりも多くのストレージを提供できるという点です。

大量のデータを格納したい場合や、コストを重視するユーザーには魅力的な選択と言えます。

ただし、動作音や振動、耐久性の面ではSSDに劣り、またデータの読み込み速度もSSDには敵わないのが現実です。

選択する際は、これらの特性を理解した上で、ゲームプレイにおける優先順位と予算を照らし合わせることが重要です。

高速なアクションを重視するならSSDが進められますが、大容量のデータを扱いたい場合はHDDも選択肢に入ります。

今日では、SSDをシステムドライブとして使用し、追加のストレージとしてHDDを利用するという、両者のバランスを取る方法も一般的です。

ストレージ選びにより、ゲーミングPCのパフォーマンスは大きく変わるため、選択には慎重になるべきです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格


ローディング時間を短縮する選択肢

ローディング時間を素早く切り抜け、ゲーム世界に飛び込むためには、ゲーミングPCの選択においてメモリとストレージの角度から適切なパーツを選ぶことが肝要です。

たとえば、メモリに関してはDDR4やDDR5といった高速タイプを選ぶことで、データの読み書き速度が向上し、ゲームの動作時に必要な情報の処理を迅速に行うことが可能になります。

また、少なくとも16GB以上を目安にすることで、複雑なゲーム環境でも快適に動作するでしょう。

ストレージに目を向けると、SSDはHDDに比べてデータの読み出し速度が格段に速く、OSやゲームのローディング時間が大幅に短縮されます。

特にNVMe対応のSSDを選択することで、その速度は更に向上し、待ち時間をほとんど感じさせません。

さらに、ゲームのインストール数が増える現代では、ストレージ容量にも目配りが必要となり、1TB以上を推奨します。

これらメモリとストレージに最適な選び方を行うことで、ストレスなくスムーズなゲーム体験を享受できるだけでなく、将来のアップグレードへの耐性も高めることができるため、長期的な視点も大切にしつつ、選択を行いましょう。

緻密に選び抜かれたメモリとストレージを搭載したゲーミングPCは、まさに最速のゲーム体験へのパスポートと言えるでしょう。

ゲーミングPCの安定稼働を支える電源選び

ゲーミングPCの安定稼働を支える電源選び

電力容量の見積もり方

ゲーミングPCの電源選びは、システム全体のパフォーマンスと安定性を決定づける要素です。

電力容量の見積もりには、搭載する各コンポーネントの消費電力を細かく把握し、それらを合計して総電力需要を算出することが重要です。

とりわけ、高性能なグラフィックカードやプロセッサーは、それぞれが大量の電力を要求するため、これらのスペックを確認し、それに見合った余裕のある電源ユニットを選ぶことが賢明です。

流通している電源ユニットは、大抵の場合、最大で供給可能なワット数が明記されていますが、これには落とし穴があります。

常にマックスのパフォーマンスを発揮しながらも、その電力を安定して供給できるかは、品質の高さに依存します。

そのため、定格出力には余裕を持たせ、全体の需要の約20%増しを見込んだ電源ユニットを選定することで、安定稼働への道を切り開くことができます。

例えば、個々のグラフィックカードやCPUはそれぞれ公式の推奨電力が提示されており、記載された推奨値を基に加算していくといったやり方が実践的です。

さらに、マザーボード、メモリ、ストレージデバイス、冷却ファンなどの細かなパーツも見落とさずにカウントアップすることが求められます。

負荷がかかりやすい高解像度ゲームやVRゲームを快適にプレイするには、これらの計算に基づいた適正な電源選びが不可欠です。

高品質かつ適切な電源を選択することで、ゲーミングPCは最高のパフォーマンスを発揮し、快適なゲーム体験をもたらしてくれることでしょう。

選び方の黄金ルールを押さえ、圧巻のパフォーマンスを引き出すために、正しい電源ユニットの選択を軽視しないことが重要です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APC

力強いプレイをコミットする、圧巻のスピードを体感せよ、ゲーミングPC
次世代ゲームを支配する圧倒的なバランス、パワーと速度の融合に注目
静謐な佇まいの中に隠された性能、スマートで静かなミドルタワー
強力なCore i7 14700KFで、タスクはまるで風に乗るように

【ZEFT Z45APC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

ハイスピードなゲーム体験を望むあなたに、高性能ゲーミングPC
手に入れたい最適なバランス!32GBメモリと1TB NVMe SSDで無敵な動作速度
静かなる強さ、CoolerMasterのSilencio S600で見た目もパフォーマンスもスマート
快速無比!Core i7-14700KFが切り開く極上のマルチタスク環境

【ZEFT Z45GB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45M

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45M

プロの域を超えるパフォーマンス、エキスパートたちの戦闘力を秘めたゲーミングPC
高速32GBメモリと速度勝負の2TB SSDによる強力なパフォーマンスとバランス
シックで静謐なスチールパネルが纏うMasterBox、スタイリッシュで実用的なPC筐体
新時代Core i5のパワーを引き出す、非凡なクリエイティブ作業を可能にするCPU

【ZEFT Z45M スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45M

パソコンショップSEVEN ZEFT R53J

パソコンショップSEVEN ZEFT R53J

熱狂のゲーミング体験をコミットするパフォーマンスマシン。アドバンスドレベルの仕様が勝利を導く
圧倒的に均整の取れたパワーハウス。最新グラフィックに32GBメモリでスムーズな動作
洗練されたホワイトキューブ。コンパクトながら存在感あるデザインが、空間をスタイリッシュに彩る
新世代を導くRyzen 7 7800X3D。マルチコアでクリエイティブもゲームも快適なパフォーマンス

【ZEFT R53J スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

熱いゲーマーのための冷静なミドルレンジゲーミングPC
トップクラスのCPU、優れたバランスのVGA、迅速なメモリで極上のリソース配分
明るく彩るRGB、透明な面持ちのXLエアケース、美と機能の融合
パワーの源、Core i9 14900KF。処理速度の新境地へ

【ZEFT Z45BFF スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

80PLUS認証の意味と価値

ゲーミングPC選びにおいて、目を向けるべきは単にパフォーマンスだけでなく、安定した供給をする電源ユニット(PSU)の質にも注目することが大切です。

特に重要な指標として引き合いに出されるのが、80PLUS認証です。

この認証制度は、電源ユニットがエネルギーをどれだけ効率よく変換しているかを示すもので、コンピュータの稼働時に消費される電力量を最小限に抑えつつ、システム全体の安定性を高める上でのバロメータとなります。

80PLUS認証は、様々な負荷条件下で80%以上の効率を持つPSUに与えられ、その上でブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、そしてタイタニウムといったランクに分類されます。

効率が高いほど、ランクも上がる訳ですが、この選択は単に電気代を節約することに繋がるだけでなく、発熱を減らし、ファンノイズを低下させる効果も期待できます。

したがって、ゲーミングPCでは長時間ストレスのかかる使用が予想されるため、高品質な80PLUS認証電源を選ぶことは、究極のゲーム体験に欠かせない選択と言えるでしょう。

エネルギー効率が高い電源を選ぶことで、システム全体のパフォーマンスを損なうことなく、長期間にわたって安定稼働を維持することができます。

また、エネルギーを無駄なく利用することで、ほかの高性能部品への投資にも余裕が生まれるかもしれません。

ゲーミングPCの性能を最大限に引き出し、快適なゲーム環境をキープするためにも、80PLUS認証電源はまさにゲーマーにとって、重要な選択肢となるのです。

快適なゲーム環境のための冷却システム

快適なゲーム環境のための冷却システム

空冷と水冷のメリット・デメリット

ゲーミングPCの心臓部とも言えるCPUは、強力なパフォーマンスを発揮することで、熱を大量に生じます。

この熱を効率的に排出するためには、冷却システムの役割が非常に重要です。

空冷システムはその名の通り、空気を使って熱を逃がす方法で、ファンとヒートシンクを用いるのが一般的です。

大風量のファンが冷たい空気をコンポーネントに送り、ヒートシンクが熱を吸収して外へと放出することで、温度を下げます。

メリットとしては、そのシンプルさとコストパフォーマンスに優れ、また、部品の交換やアップグレードが容易です。

しかし、放熱性能の限界やファンからの騒音があるというデメリットがあります。

一方で水冷システムは、液体の冷却材を使用して熱をコントロールします。

熱を吸収した冷却材がラジエーターを経由し、そこで熱を放出することでCPUを冷やします。

この方法のメリットは、静音性に優れている点と、高い冷却能力を持っていることです。

また、システム全体として洗練された見た目を提供することもできます。

ただし、空冷に比べて設置が複雑であり、価格もやや高めであるというデメリットがあります。

ゲーマー各自の使用環境や好み、PC内部のスペース、予算などを考慮する必要があり、冷却システムは選び方ひとつでゲーム体験に大きな差が出る要素です。

安定したパフォーマンスと長時間のプレイに耐えうる冷却システムを選択することにより、最速で快適なゲーム体験を得ることができます。

冷却性能と騒音レベルのバランス

ゲーミングPCにおける快適なゲーム環境を実現するためには、パフォーマンスを維持しながらも快適な使用感をもたらす冷却システムが不可欠です。

高性能なPCは大量の熱を発生しやすく、これを適切に管理することが重要であり、その中でも冷却性能と騒音レベルのバランスが鍵を握ると言えるでしょう。

冷却性能が高ければ高いほど、コンピューターは安定して高速処理を持続できますが、同時にファンなどの冷却部品から発せられる騒音が大きくなるリスクもあります。

ゲーム中の聴覚体験を阻害しないためには、この騒音を抑えつつも十分な冷却を確保することが必要です。

逆に言えば、騒音レベルを抑えるべくファンの回転数を下げすぎると、適切な冷却が行われず、PCが熱暴走を起こす可能性も出てきます。

最適な冷却システムを構築するためには、高効率な冷却ファン、広範囲にわたるヒートパイプ、高品質の熱伝導材料の活用など、精巧な設計が施されている必要があります。

さらに、静音性に優れたファンを選んだり、耐熱性の高いコンポーネントを採用することで、パフォーマンスと静かさの双方を妥協することなく実現させることができるわけです。

結局のところ、ゲーミングPCを選ぶ際には、ただスペックを重視するのではなく、どのようにして高性能を継続的に引き出しつつも、快適なゲーム体験を提供するかという冷却システムの質に注目することが肝要です。

エキサイティングなゲーム体験のためには、冷却性能と騒音レベルのバランスを見極める目利きが必要なのです。

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DA

ゲーマーのためのハイパフォーマンス、快適な操作性を実現した高性能ゲーミングPC
頂点を極めたパフォーマンス、32GBメモリと1TB SSDで均整のとれた速さ
魅せるデザイン、Corsair流線型のケースでクールに決めろ
高速処理をコミットする、Core i9 14900プロセッサ搭載の性能マシン

【ZEFT Z47DA スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

アドバンストスタンダードセグメント、究極の滑らかゲーム体験をコミットするゲーミングPC
RTX 4060Tiが映し出す鮮明なゲーム世界、快適32GBメモリが支える高速バランスモデル
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュながら、ゲームも日常作業もスムーズに処理
2023年の新星、Core i5 14600KFがプレイを次のレベルへ導く

【ZEFT Z45DCG スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T

ゲームも仕事もこれ一台でカバー、スタンダードミドルクラスのゲーミングPC
バランスが鍵。32GBメモリとグラフィック性能に優れたこのスペック、注目に値する
見せる楽しさも。クリアサイドパネルが光る、秀逸なデザインのミドルタワーマシン
快速処理をコミットする、最新Core i5で仕事効率もゲームもスムーズに

【ZEFT Z47T スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

ハイスペックランクの実力を体感せよ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングPC
独創的なスペック配分で、プレミアムな体験を実現。休むことなきゲームの冒険にふさわしいマシン
シックなホワイト・キューブケース、個性を引き立たせるデザイン性で空間を彩るPC
最新のi9パワーでマルチタスクもスムーズ。非凡なクリエイティブ作業が可能なゲーミングPC

【ZEFT Z45BJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

拡張性を左右するマザーボードとケース

拡張性を左右するマザーボードとケース

ゲーミングPCの拡張ポテンシャル

ゲーミングPCの拡張ポテンシャルを最大にするためには、マザーボードとケースの選択が不可欠であり、その重要性は決して過小評価されるべきではありません。

マザーボードには、グラフィックカードやメモリ、ストレージデバイスを追加するためのスロットとポートが搭載されており、将来性を考えた拡張性の豊かさが求められます。

PCIeスロットはグラフィックカードや高速ストレージデバイスの増設に使用され、選定時にはスロットの数だけでなく、そのレーン数にも注目すべきです。

また、USBやSATAポートの数も、多くの周辺機器を接続するゲーミングPCにとっては見逃せないポイントです。

一方で、ケースはマザーボードや他のコンポーネントを収容するだけでなく、適切な空間とエアフローを提供する役割を果たします。

十分な空間がないと、高性能パーツが生み出す熱を効率よく排出できずにオーバーヒートを招くリスクが高まります。

さらに、将来的なアップグレードを見越して余裕のある大きさや、便利なケーブルマネジメント機能、耐久性の高い素材で作られたケースを選ぶことも、長期にわたり快適なゲーミング体験を支える秘訣です。

このようにマザーボードとケースは、ゲーミングPCが持つ拡張ポテンシャルを決定づける要素と言えるのです。

最適なパーツを選び、明日への準備が整えられたゲーミングPCは、技術の進化と共に成長していくことでしょう。

デザインと機能性を両立させるケース選び

ゲーミングPCの心臓部ともいうべきケース選びはパフォーマンスと共にスタイルを決定づける要素です。

最先端のプレイ環境を実現するため、デザインと機能性のバランスが鍵となります。

高品質なケースは冷却能力からケーブルの配線管理、さらには将来のアップグレードや拡張のしやすさに直結します。

空間がゆとりを持つことで、強力なグラフィックカードや複数のストレージドライブを気兼ねなく取り付けることが可能になり、長時間の激しいゲームセッションでも安定した冷却環境を保ちやすくなります。

外観においては、RGB LEDライティングを備えたモデルやエッジの効いたデザインはゲーミング環境に個性を与える一方で、透明なサイドパネルを持つケースは内部の美しさを披露し、自慢のPCを一層引き立たせます。

もちろん、見た目だけでなく、ツールレスでのドライブベイの取り付けやダストフィルターのようなメンテナンスの容易さも重要です。

静音性にも注目し、特にゲーム中に集中力を高めたい方には遮音性の高いモデルがおすすめです。

こうした細部にまで目を配ることで、ゲーミングPCはただの作業機器から一段と昇華し、圧倒的なパフォーマンスと共に、所有する喜びも提供する存在となります。

ケースはPCの命ともいえる部品を守り、同時にそのポテンシャルを最大限に引き出す礎となるのです。

妥協なく選び抜かれたケースは、最速ゲーム体験を実現するための重要なステップであり、ゲーミングライフを彩るアートピースともなるでしょう。


ゲーミングPCのパフォーマンスを決めるグレード別スペック

ゲーミングPCのパフォーマンスを決めるグレード別スペック

ハイエンドからエントリーモデルまで徹底比較

ゲーミングPCのパフォーマンスを決定づけるのはそのスペックですが、ハイエンドからエントリーモデルまでの範囲には様々な選択肢が広がっています。

例えば、ハイエンドモデルの場合、多コアで高周波のプロセッサ、高性能なグラフィックカード、大容量のRAMはゲームプレイにおける滑らかさとともに最高のディテールとフレームレートを提供します。

特に4K解像度でのゲーミングやVRコンテンツを楽しむ際には、これらの高性能コンポーネントが欠かせません。

一方で、エントリーモデルはコストパフォーマンスを重視し、最新のAAAタイトルを1080p解像度で快適に楽しむために必要十分なスペックを備えています。

ここでは、中間クラスのグラフィックカードや並列処理能力は低いものの、日常のゲームプレイにおいては十分なパフォーマンスを発揮するCPUが採用されております。

それぞれのニーズに応じた適切な選択は、ゲーム体験に大きく影響するため、ぜひあなたのプレイスタイルと予算に見合ったPCを選んでください。

たとえエントリーモデルを選んだとしても、後々のアップグレードが可能な構成を選ぶことで、長期的に見て賢明な投資になります。

最終的に大切なのは、最新鋭かどうかよりも、自分のプレイしたいゲームを快適に、そして存分に楽しめる環境を整えることです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーマーに応じた最適なスペック選定

ゲーミングPCのパフォーマンス判断には、プレイするゲームの種類とその要件を理解することから始まります。

例えば、高速なアクションゲームやレースゲームを快適に楽しむには、強力なグラフィックカードが求められ、4K解像度やVR環境でのプレイを望むならば、更に上位のスペックが必要となります。

また、オンラインでの対戦やストリーミングを考えるなら、安定した高速処理を担保するための十分なRAMと強力なマルチコアプロセッサも重要です。

次に、将来のアップグレードの余地を持たせることも肝心です。

良いゲーミングPCとは、使う人のニーズに合わせて拡張可能な構造を有していることも大きなポイントです。

必要な時にグラフィックカードやストレージを更新できることで、長期にわたって最高のゲーム体験を提供できるでしょう。

冷却システムも見逃せません。

高いパフォーマンスを維持するためには適切な冷却が必須で、特にオーバークロッキングを前提にする場合、高効率の空冷や液冷システムを考慮する必要があります。

熱い戦いを制するためには、内部もクールでなければなりません。

さらに快適なゲーム体験を実現するためには、低遅延を実現する高速なSSDの導入も検討すべきです。

ロード時間の短縮により、ゲームの没入感が増し、ストレスなくゲームを楽しむことができます。

結局、ゲーマーに応じた最適なスペック選定では、プレイスタイルと予算を交えながら適切なコンポーネントのバランスを見極めることが不可欠です。

その過程で最高のゲーミング体験を提供するパートナーとしてのPCを手に入れることができるのです。

ゲームタイトルで変わる! 用途別ゲーミングPCの肝

ゲームタイトルで変わる! 用途別ゲーミングPCの肝

オンライン対戦に最適なスペックは?

オンライン対戦で必要となるスペックには、快適なプレイを実現するために最低限必要な要素がいくつかあります。

第一に、心地よいゲームプレイのためには高速なプロセッサが欠かせません。

現在の主流はマルチコアのCPUで、最低でも4コアは欲しいところですが、よりスムーズな体験を求めるならば8コア以上を選択するとよいでしょう。

次に大切なのがグラフィックカードで、これはゲームの視覚的な美しさや滑らかさに直結します。

予算との兼ね合いがありますが、少なくとも中級クラスのGPUを搭載することで、ほとんどのゲームを高いフレームレートで楽しむことが可能です。

さらに、オンラインゲームでは反応速度が重要な要素となるため、低遅延で高速なメモリも重視すべきです。

速度や容量が大きいメモリを選ぶことで、システム全体の応答速度が向上し、ゲーム中の負荷の高いシーンでも安定したパフォーマンスを発揮します。

また、ゲームをサクサクとロードするためにはSSDの採用はもはや必須です。

応答性が高く容量にも余裕があるSSDを選ぶことで、ゲームの起動やマップの読み込みが格段に速くなります。

そして、これらの高性能なコンポーネントをフルに活かすためには、安定した電力供給が大切です。

そのため、十分な出力を持った電源ユニットの選択が必要です。

さらに、ゲーム中のPC内部温度の上昇を抑えるために優れた冷却システムを備えていることも、長時間のオンライン対戦には不可欠です。

以上のポイントを押さえたゲーミングPCを選ぶことで、オンライン対戦を心ゆくまで存分に楽しむことができるでしょう。

ストリーミング・実況用PCのセットアップ

ストリーミングや実況用のゲーミングPCを構築する際には、滑らかな放送質と高い処理能力が求められます。

まず、核心となるのが強力なCPUです。

多くの並行タスクを処理する必要があるため、最新世代のマルチコア、マルチスレッド対応プロセッサを選ぶことが不可欠となります。

さらに、グラフィックス性能にも注目してください。

実況中にゲームを高画質でスムーズに動かすには、上位クラスのグラフィックカードが重要です。

ただし、不断の熱暴走を回避するためには適切な冷却システムが欠かせません。

同時に、大容量のRAMはストリーミングソフトウェアとゲームの同時実行を快適にします。

16GB以上を目安にすることが理想的ですが、より多めに搭載することで将来的な需要にも対応できます。

ストレージに関しては、高速なSSDをメインに設定し、ゲームやデータのロード時間を短縮することが望まれます。

さらに、確実なデータ転送を保証するためにも、高速なインターネット接続と有線LAN環境が推奨されます。

そして、長時間の配信を考慮すると、耐久性と安定性を重視した高品質なマザーボード選びも大切です。

オーバークロックに対応したものを選べば、性能のカスタマイズも可能になります。

以上の点を踏まえた上で、確実なサポート体制を持つブランドの製品を選ぶことで、長期的な安心感を得られるでしょう。

高性能を求められるストリーミングや実況用のゲーミングPCでは、単なるスペックの追求だけではなく、使い勝手や信頼性も見逃せないポイントです。

ゲーム体験を高める周辺機器選び

ゲーム体験を高める周辺機器選び

ゲーミングモニタの選定ポイント

ゲーミングモニタの選定ポイントを見極めることは、目が捉える情報量とその速度が勝敗を左右するゲーム世界において、極めて重要です。

最初に注目すべきはリフレッシュレートです。

この数値が高ければ高いほど、画面の更新速度が上がり、動きの激しいシーンでも滑らかな表示がされ、臨場感あふれるゲーム体験を実現します。

しかし、ただ単にリフレッシュレートが高いだけでは不十分で、ゲーミングPCのグラフィックカードとの同期技術も重要となります。

NVIDIAのG-SyncやAMDのFreeSyncは、画面のちらつきや断絶を防ぎ、よりスムーズな映像を提供し、没入感を高めます。

次にスクリーンサイズと解像度ですが、これらはプレイするゲームの種類や個人のプレイスタイルに応じて異なります。

広い視野が求められるFPSゲームでは大画面のものを、高い解像度で細かいディテールを楽しみたい方はWQHDや4Kの高解像度モニタを選ぶことが望ましいです。

また、色彩の正確さが重要なゲームやクリエイティブ作業であれば、色域が広いIPSパネルがおすすめです。

最後に、応答速度ですが、この値が小さいほど、画面上での動きの遅延が少なくなります。

特に競技性を要するゲームにおいては、微秒単位での反応がカギを握るため、1msなどの低い応答速度を有するモニタが推奨されます。

こうした様々な要素を総合的に考慮し、自身のゲームスタイルに合ったゲーミングモニタ選びをすることが、究極のゲーム体験への第一歩です。

覚えておきましょう、モニタは単なる出力装置ではなく、ゲーム世界を現実のものとして感じるための大切な窓なのです。

入力デバイスの違いがゲームに及ぼす影響

ゲーミングPCを選ぶ際に、内蔵のパフォーマンスはもちろん大切ですが、忘れがちなのが入力デバイスです。

キーボードやマウス、そしてゲームパッドは、どれも直接的にゲーム体験に影響を及ぼします。

例えば、機敏な操作が求められるFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)では、高精度でレスポンスの早いマウスが不可欠です。

反応速度がミリ秒単位で競われる世界では、マウスの解像度や感度調整機能、形状がプレイヤーのパフォーマンスを左右します。

一方、MMO(マッシブ・マルチプレイヤー・オンラインゲーム)では、複数のスキルやコマンドを素早く発動する必要があり、多くのキーがカスタマイズ可能なゲーミングキーボードが重宝されるでしょう。

入力デバイスのエルゴノミクス?つまり人間工学に基づいた設計?も重要です。

長時間のゲームプレイで疲労を感じにくい形状や素材、手のサイズにフィットするデバイスは、快適性とともに集中力の維持に寄与します。

また、入力デバイスの耐久性も見逃せません。

ゲーム中にハードな扱いを受けることも多いため、頑丈で長持ちする質の高いデバイスを選ぶことは、長期的なコストパフォーマンスにもつながります。

最適な入力デバイスの選択は、単に個々のゲームを楽しむためだけではなく、勝ち抜くためのアドバンテージにもなり得るのです。

ですから、ゲーミングPCと同様に、入力デバイス選びにも細心の注意を払い、自分に最適なものを厳選して購入するべきです。

それが、まさに最速のゲーム体験へと導く黄金の一手と言えるでしょう。

ゲーミングPC選びの裏テクニック

ゲーミングPC選びの裏テクニック

予算に見合ったゲーミングPCの見つけ方

ゲーミングPCを選ぶ際に最も大切なのが、予算に合ったモデルを見極める能力です。

高価なものが必ずしも自分のゲーム体験を満たすわけではありません。

まずは、ゲーミングPCにどれだけの予算を割くかを明確に決定しましょう。

その上で、現在の市場を洞察し、予算内で最もパフォーマンスが高いモデルに目を向けるべきです。

価格帯ごとに性能が大きく変わるため、自分がプレイしたいゲームの種類と必要とされるスペックを把握しておくことがカギとなります。

中級から上級レベルのゲームを快適に楽しみたい場合、高いグラフィックス性能を持つビデオカードや、充分なメモリ容量、そして複数のプロセスを同時に処理できるCPUが求められます。

このため、予算に見合ったGPU、CPUを中心に、SSDの読み書き速度や冷却機能なども総合的に比較検討することが重要です。

こうした要素をバランス良く配分し、経済的な制限の中でも最適な組み合わせを見つけ出すことで、コストパフォーマンスに優れたゲーミングPCの選定が可能になります。

さらに、将来を見据えてアップグレードがしやすいモデルを選択することも見落とせません。

例えば、メモリスロットの余裕や、追加のストレージドライブを搭載可能なスペースなど、拡張性を考慮することで長期的に利用することができ、たとえ予算が限られていてもその価値は高まります。

様々な要素を総合的に考慮し、プレイ環境、プレイスタイル、将来の拡張性に配慮したゲーミングPC選びを心がけることで、予算内でありながら高い満足度を得ることができるのです。


納期とカスタマイズ性を重視する理由

ゲーミングPCを選ぶ際に、性能と価格のバランスを見極めることは基本中の基本ですが、意外と見落としがちなのが納期とカスタマイズ性の重要性です。

高性能なパーツは人気があり、場合によっては生産が追いつかないことも。

そのため、注文から手元に届くまでに予想外の時間がかかってしまう事態に直面することも少なくありません。

特に最新のゲームをスムーズにプレイしたいユーザーは、新作ゲームのリリースに合わせてPCを準備したいため、納期は計画的な購入において欠かせない要素となっています。

さらに、ゲーミングPCのカスタマイズ性も見逃せません。

将来的にパフォーマンスアップを考えている場合、初めから拡張性に富んだ構成にしておくことが肝心です。

例えば、追加のメモリスロットや、より強力なグラフィックカードを搭載可能な電源容量など、将来のアップグレードの余地を残しておくことで、長期的にゲーム体験を向上させることが可能になります。

このカスタマイズ性を評価することは、一見慎重に思えますが、結果的には賢明な選択となるでしょう。

したがって、ゲーミングPCを選ぶ際には、ただ表面的なスペックだけでなく、納期と将来の拡張性を考慮して選ぶことが、より充実したゲームライフにつながります。

これこそがゲーミングPCを選ぶ時の裏テクニックであり、真のゲーマーたちはこのポイントを決して見逃しません。

中堅BTOメーカーの魅力

中堅BTOメーカーの魅力

大手にないカスタマイズの自由度

中堅BTOメーカーが持つ最大の魅力は、そのカスタマイズの自由度に他なりません。

大手メーカーが提供するゲーミングPCは、しばしば既成の構成に限られがちです。

それに対し、中堅BTOメーカーでは、個々のニーズに合わせた細かなカスタマイズが可能です。

選択できるパーツは多岐にわたり、CPUやGPUなどの主要コンポーネントはもちろん、冷却システムやLEDライティング、さらにはケースのデザインに至るまで、ゲーマー自身が理想とするスペックや外観を実現できます。

特に、ゲーミングPCの性能を左右するGPUに関しては、市場の流動性に応じた最新のものを選択できる柔軟性があります。

多様なゲームに対応するためには、その時点でトップクラスの性能を持つGPUを選ぶことが重要ですが、中堅BTOメーカーでは常に最新のものをラインナップしています。

また、将来的なアップグレードも視野に入れやすいのもポイントです。

自由なカスタマイズが行えることで、パーツ交換時の互換性を考慮した構成が選べ、長期的に見てもコストパフォーマンスに優れた選択ができることでしょう。

中堅BTOメーカーならではのフレキシブルなカスタマイズオプションは、ゲーミングPCに求められるパーソナライズの要望に細やかに応えてくれます。

それぞれのゲーマーが求める最速のゲーム体験を手に入れるために、中堅BTOメーカーのカスタマイズ自由度の高さは大きな鍵となるでしょう。

注目すべき中堅BTOメーカーのサービス

中堅BTOメーカーが提供するサービスは、多くのゲーミングPC愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

これらのメーカーは、個々の顧客のニーズに応じたパーソナライズを重視し、一流メーカーに対抗する独自の付加価値を提供しています。

特にカスタマイズの自由度が高く、ゲームに求められるスペックに応じてCPUやグラフィックカード、メモリといった重要なコンポーネントを細かく選ぶことができます。

その他にも、こうしたメーカーはアフターサービスに力を入れており、購入後のサポート体制が充実していることが特徴です。

例えば、保証期間内はもちろん、保証期間終了後もリーズナブルな価格で修理やアップグレードを受け付けているところが多いのです。

オンラインサポートやフォーラムでのアドバイス、遠隔トラブルシューティングなど、ユーザーが安心してゲーミングPCを使い続けられるような支援を惜しまない姿勢が見受けられます。

さらに、中堅BTOメーカーはコストパフォーマンスにも優れており、同等の性能を持った大手ブランドの製品に比べてリーズナブルな価格で提供されることが少なくありません。

これにより、賢い予算配分で最適なゲーミング環境を手に入れたいプレイヤーにとって理想的な選定が可能になるのです。

このように、中堅BTOメーカーのサービスは、カスタマイズ性、アフターサポート、価格のバランスに優れたものであり、自分だけのゲーミングPCを求めるユーザーにぴったりの解決策を提供しています。

高品質で個性的なPC体験を望む方は、ぜひこれらのメーカーのサービスを注目してみてはいかがでしょうか。

ゲーミングPCニーズに応える最新のトレンド

ゲーミングPCニーズに応える最新のトレンド

生成AI向けのスペックポイント

近年、生成AIの進化に伴い、ゲーミングPCのスペック選びにも新たなポイントが浮上しています。

例えば、人工知能が生成した複雑なゲームコンテンツやリアルタイムでのシナリオ生成には、従来のゲームよりも高度な計算能力が求められます。

これを実現するには強力なCPUと、AIの学習アルゴリズムに最適化されたGPUが不可欠です。

特に、高いスレッド数とクロック速度を誇るCPUは、AIの複雑なデータ処理を迅速にこなすために重要となります。

さらに、多層ニューラルネットワークを効率良く処理する能力を持ったGPUも、AIをスムーズに動作させる要素として強調されています。

また、生成AIは大量のデータセットを元に学習を行いますので、高速なSSDや拡張性の高いRAMも欠かせません。

これらは、AIのレスポンスタイムを改善し、ユーザー体験の質を向上させます。

ゲーミングPCの選び方においても、従来の派手なグラフィックやフレームレートだけでなく、AI技術の最前線に立ち向かうためのスペックが求められる時代となったのです。

さらに、AI技術を活用したゲーミングエクスペリエンスは常に進化し続けており、将来的にはさらにスペックの要求が厳しくなることが予想されます。

そのため、将来を見越してアップグレードしやすい構造のPCを選択することも重要なポイントです。

このようにして、生成AI向けスペックを考慮に入れることが、最速のゲーム体験を実現するための新しい基準となってきているのです。

テレワーク兼ゲーム用PCの設定術

ゲーミングPCの選択において、現代のライフスタイルが要求する柔軟性は欠かせません。

特にテレワークとゲームを兼ね備えたマシンの構築は、適切なハードウェアとソフトウェアの調和が求められます。

目的に応じたスペック選びは重要で、テレワークには高速なマルチタスク処理を行うプロセッサーと十分なメモリ、一方で最新ゲームを快適に楽しむためには高性能なグラフィックカードが不可欠です。

さらに、大容量のストレージは仕事の資料とゲームデータを余裕を持って保存するために欠かせません。

音質にも注目しましょう。

多くのゲーミングPCには高品質なオーディオシステムが装備されていますが、テレワークではクリアな通話品質とノイズキャンセリング機能も重要です。

これらを搭載することで、ビジネスコールもゲームプレイも一層快適になります。

また、効率的なエアフローを促進する筐体デザインや高効率クーリングシステムの選択は、長時間の使用におけるオーバーヒートを予防し、パフォーマンスの持続に貢献します。

光学ドライブの有無を考慮する必要もありますが、クラウドストレージサービスの利用が広がる現在では、必ずしも必要ではありません。

最適なゲーミングPCとは、ただ単に最高のスペックを追求するのではなく、それぞれのシチュエーションで最高のパフォーマンスを発揮できる緻密な設計の成果です。

臨機応変に対応できるこのようなPCは、どんな挑戦にも対応できるオールラウンドな仕事と遊びのパートナーと言えるでしょう。

あわせて読みたい

RTX4070Ti SUPERの可能性 究極のゲーミングPC構築ガイド

BTOゲーミングPCランキング

スムーズなゲーム体験のための ゲーム用パソコン選びのコツ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

美麗グラフィックのためのおすすめBTOゲーミングPCパーツ選び

静音PC探求道

ゲーミングPCカスタム戦略 オーバークロックで勝利を掴め

ちょっとええゲーミングPC

静音PCの新基準! おすすめモデルの性能と使いやすさ比較

ゲーミングPC探訪

美しいAIイラストを創造するためのおすすめPCカタログ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

パソコン選び方革命! 2024年おすすめモデルで快適PCライフ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

おすすめ静音PCが変える作業環境! 重要スペック徹底解説

BTOゲーミングPCランキング

必見! 映像制作用パソコンの最新性能比較とおすすめモデル

ちょっとええゲーミングPC

長時間作業もラクラク! Core i7搭載おすすめ耐久性PC

静音PC探求道

BTOパソコン選び! フルカスタマイズで理想を現実に

BTOパソコンはBuild To Orderの略

最高の視聴体験を提供する! おすすめライブ配信PCの裏技

ゲーミングPC探訪

静音PCマスターガイド 最新おすすめ仕様と購入ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

RTX4080 SUPERの力を信じて! 次世代VR ゲーミングPC構築の秘訣

BTOゲーミングPCランキング

創造力爆発! Stable Diffusion稼働のおすすめ高速PC

ちょっとええゲーミングPC

スペックで比較する! パソコンの性能確認完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

プロの技を支えるPC AIイラスト自動生成で求められるスペック完全解説

BTOゲーミングPCランキング

AI画像生成PC必要スペック 用途に応じた最良の選択

ちょっとええゲーミングPC

ゲームが変わる速度と品質 おすすめRTX4080 SUPERゲーミングPC分析

静音PC探求道

静音PCおすすめランキング 2024年最新エディション

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

AIイラストクリエイター向けの最強おすすめPC

ゲーミングPC探訪

音楽制作PCの知識アップデート 今DAWの作曲家が選ぶべきスペックとは?

BTOパソコンはBuild To Orderの略

2024年最新版!パソコンBTOおすすめ構成パターン

BTOゲーミングPCランキング

快適作業の新基準! WEBデザイナー向けパソコンのおすすめ仕様

静音PC探求道

ベストパフォーマンス! 動画制作者向け最強パソコン決定版

ちょっとええゲーミングPC

カスタマイズ力抜群! 注文前に知るべきパソコン構成の黄金比

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ガチゲーマーのためのRTX4080 SUPER ゲーミングPC ⁠究極のパフォーマンス

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCビルダーが明かす 究極のおすすめカスタマイズ術

BTOゲーミングPCランキング

ライブ配信向けおすすめPC選定 効率的に選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作に最適なパソコン選び 性能別おすすめモデル紹介

静音PC探求道

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次