知識ゼロからのスタート おすすめBTOゲーミングPC入門

目次

BTOゲーミングPCの選び方

BTOゲーミングPCの選び方

初心者向けの基本スペック解説

BTOゲーミングPCの魅力は、使用するゲームや要求仕様に合わせて自由にカスタマイズできる点にあります。

初心者の方にとって心強い基本スペックとして、まずはプロセッサ(CPU)が挙げられます。

ゲームをスムーズに動かすためには、高性能なCPUが必須ですが、現在はIntelのCoreシリーズやAMDのRyzenシリーズがおすすめで、特に多くのゲームで快適な体験を提供する中級以上のモデルを選ぶことが肝心です。

次に、映像を美しく表示するためのグラフィックカード(GPU)ですが、これはゲームのグラフィックレベルによって選択が変わります。

例えば、高解像度やリアルなグラフィックを楽しむためには、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの中から、自分の予算に合った高性能カードを選ぶことが重要です。

また、ゲーミングPCの反応速度を高めるためにはメモリの容量も重要です。

現在の標準としては最低でも16GBを推奨し、より複雑なゲームや、同時に複数のアプリケーションを使用する場合には32GB以上のメモリが理想的です。

さらに、快適なゲーミング体験のためには、ゲームのロード時間を短縮する高速なSSDの導入が欠かせません。

ゲームの起動速度やデータの読み込み速度はSSDのスペックに大きく依存するため、NVMeタイプのSSDを選ぶとより一層のスピードアップが期待できます。

これらの要素をバランス良く組み合わせることで、長時間のプレイでも快適なゲーミングライフを送ることができるでしょう。

自分のプレイするゲームの種類や、求めるパフォーマンスに合わせて、これらの基本スペックを参考に、最適なBTOゲーミングPCを選んでいただきたいと考えています。

価格帯別の性能と目安

BTOゲーミングPCの選び方では、価格が性能を大きく左右する要素となります。

予算に合わせたPC選びが重要です。

まず、低価格帯のBTOゲーミングPCは入門者におすすめです。

10万円未満で購入可能なモデルでは、基本的なゲームを快適に楽しむのに十分な性能を持っていますが、高解像度や高いグラフィック設定でのプレイは難しいでしょう。

次に、中価格帯のモデルです。

20万円前後の予算では、より高性能なプロセッサーやグラフィックカードを選択でき、快適にゲーミングを楽しむことが可能です。

人気タイトルも高設定でプレイできる性能を有しており、ストリーミングや動画編集などの作業もスムーズに行えます。

最高レベルのパフォーマンスを求めるなら、高価格帯のBTOゲーミングPCに目を向けましょう。

30万円以上の予算を想定していると、トップクラスのCPUとGPUを搭載し、4KやVRゲーミングにも対応するパワフルなマシンを選定できます。

無論、長時間の使用に耐える高品質な冷却システムも重要なポイントです。

ゲーミングPC選びは、ご自身のニーズと将来のアップグレード計画を考慮に入れることが肝心です。

何より、ゲームプレイの満足度を高めるためには、性能と価格のバランスを見極める眼力が必要です。

選択の際には、それぞれの価格帯で最適なスペックを見定めることで、長きにわたって愛用できるゲーミングPCを手に入れられるでしょう。

グラフィックボードの選定ポイント

ゲーミングPCを選ぶ際に、最も大きな影響を与えるのがグラフィックボードです。

最先端のゲームを快適に楽しむためには、パワフルなグラフィックス処理能力が必要不可欠となります。

まずは、自分がプレイしたいゲームの推奨スペックを確認しましょう。

この情報は、ゲームの公式サイトや販売ページに記載されていることが多いです。

それに基づいて、必要な処理能力を満たすグラフィックボードを選びます。

次に大事なのは、予算です。

グラフィックボードの性能は価格に比例する傾向にあるため、できるだけ予算内で最高性能のものを選ぶことが望ましいです。

しかし、ハイエンドモデルに投資するのは、将来的にもゲームを楽しむことが多いユーザーに適しています。

一方で、たまにしかゲームをしないユーザーは、ミドルレンジあるいはそれ以下のモデルで十分かもしれません。

また、グラフィックボードは、メーカーによっても性能や特徴が異なります。

NVIDIAやAMDといった大手メーカーから出ている製品は、信頼性が高く、ドライバのサポートも手厚いため、安心して使えます。

製品の性能を比較する際には、クロック速度やメモリ容量、コア数といったスペックのほかにレビューやベンチマークテストの結果を参考にするのが良いでしょう。

最後に、将来のアップグレードを見越して選ぶこともポイントです。

拡張性に富んだ製品を選べば、後に性能を落とさずに新しいグラフィックボードへの交換が可能です。

これにより、長い目で見たコストパフォーマンスを高めることができるでしょう。

ゲーミングPCの心臓部とも言えるグラフィックボード選びは、これらのポイントを押さえつつ、自分の遊び方に最適なものを選びましょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36256 73178 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30150 72481 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29194 67457 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26224 66647 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23780 54934 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19968 49834 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19278 50474 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18007 45295 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17026 41904 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13489 34167 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13488 34611 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13372 33986 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12490 29992 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10849 31334 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10677 28218 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10668 27150 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7351 19370 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6285 15837 130W 公式 価格

CPU選びの必須知識

ゲーミングPCの心臓部であるCPUは、ゲームの快適さを左右する重要な要素です。

高性能なCPUは、ゲーム中の動作を滑らかにし、複数のプロセスを同時に実行しても効率的に処理する力があります。

したがって、BTOゲーミングPCを選ぶ際には、まずCPUの性能に注目することが肝要です。

今市場に出回っているCPUには、基本的にIntelとAMDの二大ブランドがあります。

IntelのCore i7やi9シリーズは、高い処理能力を誇り、ゲームだけでなく動画編集や3Dレンダリングといった作業にも適しています。

一方、AMDのRyzenシリーズは、多コア・多スレッドが特徴で、コストパフォーマンスに優れています。

ゲーミングPC選びでは、現在の人気ゲームや将来的にも遊びたいと思えるタイトルのシステム要件を参考に選んでいくと良いでしょう。

最新のAAAタイトルを快適にプレイするには、中?高性能クラスのCPUが望ましいですが、比較的軽量なゲームやeスポーツ向けタイトルでは、それほどハイスペックなCPUは必要ありません。

また、将来的なアップグレードの余地を残しておくことも一つの戦略と言えます。

現在のゲームには十分対応できる性能でありつつ、後にさらなる高性能なCPUに交換が可能なマザーボードを選んでおけば、より長期にわたってPCを活用することが可能です。

BTOゲーミングPCを購入する際は、最新の技術動向や市場の情勢を確認し、将来への拡張性も併せて考慮しながら、最適なCPUを見極めることが求められます。

この選択が、ゲームだけでなく日々のコンピュータ利用体験全般において、満足度の高い結果をもたらすでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41293 2387 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38703 2052 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38627 2024 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29341 2015 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28939 1945 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27116 2020 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22141 1925 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20423 1991 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19563 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17783 1794 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15333 1957 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーミングPCの性能チェックリスト

ゲーミングPCの性能チェックリスト

メモリーの重要性と最適容量

ゲーミングPCで快適なゲーム体験を得るには、メモリーの重要性を理解し、最適な容量を選ぶことが不可欠です。

メモリーは、プロセッサとストレージの橋渡し役として、現在使用中のデータを一時的に保存し、高速アクセスを可能にするための大きな役割を担っています。

ゲームが要求する情報量は膨大で、特に最新タイトルをプレイする際には、より多くのメモリー容量が求められます。

したがって、メモリー容量が不足しているとロード時間の遅延やゲームプレイ中のカクツキが発生し、没入感を損ねる原因にもなりかねません。

現在のゲーム環境では、最低限8GBのメモリは必要ですが、16GBを目安にすることで、より快適なゲーム体験が得られます。

更に、高解像度でのプレイや複数のアプリケーションを同時に動作させる場合、32GB以上のメモリが望ましい場合もあります。

メモリは、ただ多ければ良いというわけではなく、ゲームの要求スペックや使用環境に応じた最適な容量を選択することが重要です。

さらに、将来的なゲームタイトルやアップデートにも対応できるよう、できれば拡張性にも注視し、スロットを余分に確保しておくと安心です。

BTOゲーミングPC選びでは、メモリのスペックに加えて、クロック速度やレイテンシーもよく検討することで、最適なパフォーマンスを引き出すことが可能となります。

これらの要素が総合的にゲームのパフォーマンスに影響を与えるため、購入前にはしっかりと比較検討するべきです。

ゲーミングPCにおけるメモリの選び方とその重要性への理解が、遅延のない滑らかなゲーム体験への第一歩となるでしょう。

ストレージ選びのSSDとHDDの使い分け

ゲーミングPCにおけるストレージの選択は、速度と容量のバランスを見極めることが重要です。

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDD(ハードディスクドライブ)と比較して読み書き速度が非常に高速で、ゲームのローディング時間を劇的に短縮することができます。

これは、ゲームの起動やデータ読み込みを待つストレスを軽減することに寄与するため、快適なゲーミング体験を実現する上で欠かせない要素と言えるでしょう。

その一方で、SSDはHDDに比べて1GB当たりのコストが高いため、大容量のSSDを選択すると予算が高くつくこともあります。

そこでうまく使い分けるためには、ゲームのインストールや頻繁に読み書きするファイルをSSDに格納し、動画や写真などの大容量ファイルはHDDに保存するという方法が効果的です。

この戦略により、速度を求める用途にはSSDの利点を最大限に活かし、一方でストレージコストを抑えながら必要なデータ容量も確保できます。

また、ゲーマーにとっては、ゲームやアプリケーションの更新ファイルが増えることを見越して、将来的に必要となるストレージ容量も念頭に置いた選択が求められます。

ゲームの種類や使用するソフトウェアに応じてSSDとHDDの容量を計画的に分け、それぞれのストレージのメリットを活かすことが、ゲーミングPCでの快適なプレイを実現するための鍵となることは間違いありません。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

BTOパソコン おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R47RA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47RA

快適なゲーム体験を実現するスーペリアバジェットゲーミングPC!パワフルな体験をお手頃価格で
バランス感に優れ、最新のSSDで超スピードな読み込み!このスペックでこの価格、見逃せないマシン
スタイリッシュな筐体でインテリアにも映える!ミドルタワーケースの落ち着いた魅力に注目
Ryzen 7 7700 搭載、ハイスペックセグメントの力強さを体感せよ。スムーズなマルチタスクPC

【ZEFT R47RA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47RA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

洗線されたミドルレンジの実力派、これが新しいゲーミングPC
高速32GBメモリ、2TBの広大なSSDに均整の取れたパワーを凝縮
コンパクトだけどスタイリッシュ、省スペース設計でどんな場所もオフィスに
Ryzen5 7600搭載、驚異のマルチタスク性能を体験

【ZEFT R52L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

スピードとパフォーマンスを求める方必見!頂点を極めるハイスタンダードゲーミングPC
ピークを極めるパフォーマンス、30GBメモリ、RTXが揃い踏みのハイスペックモデル
エレガントな透明パネルから覗くRGB光彩が魅せる、スタイリッシュでユニークなケースデザイン
快速なカルキュレーション、Core i5 14600KFが未来へアクセス

【ZEFT Z45OA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

パソコンショップSEVEN SR-ar7-7760L/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar7-7760L/S9

エンスージアスト級のパフォーマンスを誇る、最先端プロフェッショナル用PCモデル
高速16GB DDR5と1TB NVMe Gen.4 SSDで、スピーディなデータ処理と起動を実現する理想のバランス
省スペースを追求したスリムケース、洗瑠されたフォルムでオフィスにもピッタリなデザインPC
Ryzen 7 7700搭載で、アドバンスドな作業もスムーズにこなす高性能CPUマシン

【SR-ar7-7760L/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN Chopin Max
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット200W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar7-7760L/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DH

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DH

高性能が日常を変える、ゲーマーに最適なミドルレンジゲーミングPC!
均整の取れたパフォーマンスで、あらゆるタイトルが滑らかに動作!
クリアパネルが魅せる美しさ、Corsairの流れるようなデザイン性に注目
Ryzen 7 7700搭載で、複雑なタスクもサクサク応答

【ZEFT R56DH スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DH

冷却性能の確認方法

ゲーミングPCの心臓部であるCPUやGPUは高性能ながら発熱量も相応に高いため、効率的な冷却システムが求められます。

そのため、BTOゲーミングPCを選ぶ際は冷却性能の確認が欠かせません。

では、この冷却性能をチェックする方法はどうすれば良いのでしょうか。

まず、ケース内の空気の流れを促進するための充分なファン装備が重要です。

PCハードウェアの構成や配置に適しているかどうかを見極めるためには、ファンの数や位置、そしてそれらの大きさに着目してください。

前面に複数のインテークファン、背面や上部にエキゾーストファンが備わっていると、効率よく熱気を外に排出でき、冷却性能が向上します。

次に、CPUやGPUに実装されているヒートシンクや冷却ファンの品質にも目を向けましょう。

特に、オーバークロックを行う予定がある場合、より高性能な冷却装置が必要です。

ヒートパイプの本数やヒートシンクの素材、表面積の広さも冷却性を左右する要素となります。

また、液冷式冷却システムが搭載されているモデルでは、ラジエーターのサイズやポンプの能力もチェックポイントです。

高い冷却効果を期待できる一方で、メンテナンスが必要になることもお忘れなく。

さらには、ケース自体のデザインも重要です。

よく見るメッシュタイプのフロントパネルや、サイドパネルの大きなエアフロー窓などは、冷却効率の向上に役立ちます。

通気性が良いと、内部の熱がこもらずスムーズに排出されるためです。

冷却性能を高めるための工夫はさまざまですが、効率良く熱を逃し、システムを安定した状態で動かすためには、これらの要素が適切に搭載、配備されているかを確認することが大切です。

選択するBTOゲーミングPCが、長期にわたってストレスなく性能を発揮するための一助となるでしょう。

電源ユニット選びのポイント

ゲーミングPCにおける電源ユニットの選び方は、システムの安定性と寿命に直結します。

必要な電力に見合った容量の電源を選ぶことが肝心ですが、実際に必要なワット数よりも余裕を持って選ぶことをお勧めします。

これは、ピーク時の負荷や将来的なアップグレードを見越してのことです。

また、電源効率も見逃せません。

80 PLUS認証が付いている製品は、少なくとも80%の効率で電力を供給することが保証されており、電気代の節約にもつながります。

さらに、ノイズや発熱を抑えるために、高品質のコンデンサや冷却ファンが使用されている電源ユニットが理想です。

電源ユニットの信頼性は、長期間にわたってPCを安全に稼働させるうえで重要な要素となります。

そのためには、有名ブランドからの購入や、保証期間の長い製品を選ぶことが賢明です。

信頼性が高く、評判の良い電源ブランドの製品は初期不良のリスクを減らし、長く安定したパフォーマンスを保証します。

最後に、ケーブルの管理性も考慮しましょう。

モジュラー式の電源ユニットは、使用しないケーブルを取り外すことができるため、内部の空気の流れを改善し、冷却効果を高めることができます。

以上のポイントを押さえ、ゲーミングPCのための電源ユニットを選ぶ際には、システムの総合的なニーズに応える製品を見極めることが重要です。

パフォーマンス、効率、信頼性、そして管理性、これらをバランス良く兼ね備えた電源ユニットは、ゲーム体験を最適な状態で楽しむための大切な基盤となるでしょう。


ゲーム以外でのゲーミングPC活用法

ゲーム以外でのゲーミングPC活用法

クリエイターにおすすめのスペック

ゲーミングPCはその名の通り、ゲームプレイに最適化されているというイメージが強いですが、実はクリエイターたちにとっても強力なツールとなります。

動画編集、3Dモデリング、グラフィックデザインなど多種多様なクリエイティブワークを行う際、高性能なプロセッサーやグラフィックカード、十分なメモリ容量は作業効率を大幅に向上させる要素となります。

特に、高解像度の動画編集をスムーズに行うためには、複数のコアを持つCPUが重要で、最新の多核心CPUが推奨されます。

また、Adobe Premiere ProのようなソフトウェアはグラフィックカードのCUDAコアを利用してリアルタイムプレビューを行ったり、高速なレンダリングを可能にしますので、NVIDIAの高性能なグラフィックカードが適しています。

3DアニメーションやCGI制作においては、リアルタイムでのレンダリングが求められることもあり、ここでも高性能なグラフィックカードが大きなアドバンテージをもたらします。

さらに、RAMについても、大量のデータを一時的に保持する必要があるので、最低でも16GB以上、できれば32GB以上のメモリを搭載することで、作業中のストレスを軽減できます。

そして、これらのデータを速やかに読み書きするためのSSDは、高速アクセスが可能なNVMeタイプが理想とされています。

大容量のファイルを扱うクリエイティブ作業においては、作業スペースとしても十分なストレージ容量が重要です。

以上のスペックが、クリエイターたちがゲーミングPCを活用する際に求められるパフォーマンスを提供し、創造性を最大限に引き出す手助けをします。

ゲーミングPCという枠を超えて、様々なクリエイティブワークに対応できるパワフルなマシンとして、それぞれの作品をより一層輝かせることでしょう。

テレワークで活躍するゲーミングPC

ゲーミングPCはその名の通り、ハイパフォーマンスなゲーム体験のために作られていますが、その高いスペックがテレワーク環境での効率を飛躍的に向上させる秘訣にもなっていることは案外知られていないかもしれません。

厳選されたパワフルなプロセッサや豊富なメモリ、高速なグラフィックカードは、複数のアプリケーションを同時にスムーズに稼働させる能力に富んでいます。

動画編集や3Dモデリングなどの重たい作業も、ゲーミングPCならば余裕でこなします。

加えて、高品質なディスプレイとの相性も抜群です。

クリアで鮮やかな画像は、プレゼンテーション資料の作成や画像編集時にその真価を発揮し、細かいディテールまで確認できるため、作業の精密さが増します。

また、長時間のテレワークでも目の疲れを抑えるための資質を備えているため、快適な作業環境が維持できます。

通信面においても、ゲームプレイの際に必要とされる安定したインターネット接続は、ビデオ会議が途切れることなく、スムーズなコミュニケーションを保証します。

さらに、充実した冷却システムによって長時間の作業にも耐える耐久性を持っているため、多忙なビジネスシーンにおいても熱暴走の心配がありません。

最適化されたオーディオ機能により、クリアな音声は遠隔地とのコミュニケーションに必須です。

会議やプレゼンに清澄なオーディオを提供し、まるで相手が隣にいるかのようなリアルな体験ができます。

こうして考えてみると、ゲーミングPCは単なるゲーム機ではなく、現代のテレワークを支える多才なデジタルツールであることがわかります。

絶えず進化するデジタル社会において、柔軟な対応が求められる現代の働き方にはまさに打ってつけの選択肢なのです。

高性能なゲーミングPCを選ぶことで、仕事の質もスピードも一段と向上させることができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

AI開発や動画編集に適したモデル

ゲーミングPCはその名の通り、高性能なゲームプレイのために設計されていますが、その強力なスペックはAI開発や動画編集など、ゲーム以外の分野でもその力を発揮します。

そういった用途では、複雑な計算処理やグラフィックスに関わる作業が多く、高速なプロセッサーや豊富なメモリー、高性能なグラフィックスカードが不可欠です。

AI開発を行う際には、特に機械学習モデルのトレーニングに多くの計算リソースが求められます。

そのため、多コアなCPUを搭載したBTOゲーミングPCは適しています。

例えば、画像認識や自然言語処理といったタスクは膨大なデータ処理が必要となるため、これらをスムーズに扱うことができる強力なPCが必要です。

一方で、動画編集においても、非圧縮の4K映像を扱う場合など、高いグラフィックス性能が要求されます。

動画編集ソフトウェアでは、リアルタイムでのプレビューやエフェクト追加が行われることが多く、これには強力なGPUの力が不可欠です。

さらに、長時間のレンダリング作業を高速化するためにも、ゲーミングPCのパワフルなCPUと数多くのコアが役立ちます。

最適なBTOゲーミングPCを選ぶ際には、これらの用途に応じたスペック選びが重要となります。

例えば、AI開発を専門に行う場合は、多くの並列処理をこなせる多コアのCPUや大容量メモリ、高速なストレージ、そして必要に応じて高性能なGPUを備えたモデルを選ぶことが求められます。

動画編集をメインに考える場合は、特にGPU性能を重視し、同時に大量のデータ読み書きがスムーズに行えるストレージの速度もチェックする必要があります。

要するに、ゲーム以外にも優れた能力を発揮するBTOゲーミングPCは、AI開発や動画編集など専門的な作業においても強力なパートナーとなり得るのです。

それぞれの目的に合わせた構成を選ぶことで、一流のパフォーマンスを発揮するワークステーションとしても活躍するでしょう。

理想のゲーミング環境を構築する

理想のゲーミング環境を構築する

ゲーミング向けモニタの選定

理想のゲーミング環境を構築するためには、適切なモニタの選定が必要不可欠です。

ゲーミング向けモニタは、迫力のあるゲームプレイを実現するために、特定の性能が求められます。

まず、応答速度の速さが鍵となります。

通常、5ms以下の応答時間をもつモニタが理想的で、これにより動きの速いゲームでも残像が少なく、スムーズな映像を楽しむことができます。

次に重要なのは、リフレッシュレートの高さです。

高いリフレッシュレートをもつモニタは、より多くのフレームを毎秒表示し、より滑らかでリアルタイムに近い画像を映し出します。

144Hz以上のモニタが好ましいとされています。

また、解像度も重要な要素で、フルHD(1920×1080)以上が一般的ですが、緻密な映像を楽しみたい場合には、4K(3840×2160)解像度のモニタがお勧めされます。

さらに、色再現性にも注目する必要があります。

IPSやVAパネルを搭載したモニタは、幅広い視野角と高い色精度が期待でき、ゲームの世界観を豊かに表現します。

最後に、ゲーミングモニタの選択では、NVIDIAのG-SYNCやAMDのFreeSyncといった、画面のテアリングやスタッターを低減する技術のサポートが含まれているかどうかも重要な判断基準となります。

これらの要素を十分に考慮し、自身のゲーミング環境や好みに合ったモニタを選ぶことで、ゲームプレイの満足度は飛躍的に向上します。

ゲーミングPCを最大限に活かすためにも、慎重に選び抜かれたモニタは、熱中するゲーム体験の幕を開けるための大切な鍵となるのです。

BTOパソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

ミドルレンジの威力を兼ね備えた効率的なゲーミングPC、パワーとスタイルで選ぶならこのモデル
RTX 4070搭載で描画力が群を抜く、16GBメモリ搭載でマルチタスクも思うがままのバランス
エレガントなホワイトキューブケース、コンパクトでもゲームにマッチした洗練された美学
最新作もサクサク、Core i7 14700KFの高速処理能力で非凡なパフォーマンスを体感

【ZEFT Z45XC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

エンスージアスト級の性能、ゲームも作業も快適にこなすハイスタンダードゲーミングPC
バランスに長けたパフォーマンス、快速32GBメモリと速攻1TB SSDで最前線を走れ
清潔感あふれる白いNZXT筺体、スタイリッシュに部屋を格上げ
最新Core i7で、複雑な計算もサクサク、クリエイティブ作業が加速

【ZEFT G42DCH スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAI

ゲームも仕事も快適にこなす、ハイクオリティなパフォーマンスを誇るゲーミングPC
頼れるCore i5とRTX 4060の黄金バランス。スペックで差をつける選択
クリアサイドパネルのCorsair 4000D、美しさと機能性を兼ね備えたデザインケース
新世代Core i5-14600KF搭載、タスクを効率的に処理

【ZEFT Z45DAI スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABB

マルチタスクな日常からハイエンドゲームまで、このモデルが快適なPCライフをコミット
理想的なパフォーマンスのバランスで、あらゆるシーンをスムーズにこなすハイバリューPC
エレガントなミドルタワーケース、透明パネルから刺激的な光を放つRGBでデザインもパフォーマンスも目立つPC
最新世代のCore i7で、極限まで引き出される計算力と速度が特徴のPC

【ZEFT Z45ABB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABB

快適操作を叶えるキーボード&マウス

最高のゲーミング体験には、快適操作を叶えるキーボードとマウスの選定が欠かせません。

それぞれのデバイスは、ゲームのジャンルやプレイヤーの個人的な嗜好に合わせて、ピックアップすることが推奨されます。

まずキーボードに関しては、反応速度や打鍵感が熟考されるべきポイントです。

メカニカルキーボードはそのクリック感と高速応答でゲーマーに愛されており、特にFPSやアクションゲームではその優位性が光ります。

一方、マウス選びではDPI(dots per inch)の設定範囲やエルゴノミクスデザインが重要です。

高いDPIを誇るマウスは細かい動きを捉え、戦況を左右する正確なエイムに貢献します。

そして、長時間のプレイに耐えるためには、手の形にフィットし疲労を軽減する形状を選ぶことも肝要です。

これらのデバイス選びは、ゲームに没入するためのセットアップであり、最終的なパフォーマンスに直結します。

優れたキーボードとマウスを搭載したBTOゲーミングPCは、プレイヤーにとって間違いなく戦場での優位性を保証する武器となるでしょう。

快適な操作性はプレイヤーのスキルと直結し、ゲームを生き生きと楽しむための基盤となるのです。

適切な選択を行うことで、ゲーミングの可能性は格段に拡がり、さらなる勝利への道を切り拓くことができます。

長時間プレイに耐えるゲーミングチェア

ゲームを長時間楽しむためには、単にハイスペックなPCを揃えるだけでなく、快適なプレイ環境を整えることが重要です。

特に、長時間のプレイにおいて中心的な役割を担うのが、ゲーミングチェアです。

体を適切にサポートし、疲労を軽減することが可能なチェアは、あなたのゲーム体験を根本から変えるかもしれません。

理想のゲーミングチェアは、背もたれや座面のクッションが厚く、長時間座っても体に圧迫感を与えないものです。

また、調整機能が充実したモデルを選ぶことで、身体のラインにフィットし、自然な姿勢でゲームに集中できます。

肘掛けの位置や強度も重要で、適切なサポートにより手首への負担を軽減し、快適な操作が可能になります。

さらに、耐久性に優れた素材を使用したゲーミングチェアは、激しい動作にも対応し、長く愛用できるのが特徴です。

通気性の良い素材を採用しているモデルもあり、長時間のゲームでも快適さをキープできるでしょう。

究極のゲーミング体験を求めるなら、チェアの選択にもこだわりを持つことが、成功への第一歩と言えるでしょう。

プレイヤーの体型や好み、プレイスタイルに合わせたピッタリのゲーミングチェア探しは、ただのゲームセットアップではなく、自分だけの特別な空間を創造する旅となるはずです。

BTOパソコン おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

プロ級のクリエイティブ作業もゲームも滑らかにこなす、アドバンストスタンダードのゲーミングPC
快適なパフォーマンスバランスが魅力!16GBメモリと最新NVMe 1TB SSDで高速動作
シンプルで洗練された静音性ケースに注目、Silencio S600で作業の集中度アップ
最新とパワフルが手を組んだCore i7 14700KF搭載、複雑な作業もスムーズに

【ZEFT Z45GE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45I

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45I

多様なゲームを高速に楽しむ、アドバンストスタンダードなゲーミングPC
RTX 4070搭載、迫力のグラフィックと素早い処理が一体になったパフォーマンス
透明感あるサイドパネルが魅せる、スタイリッシュでコンパクトなマイクロタワーマシン
新世代Core i5 14600KFで、スムーズでパワフルな操作が可能なモデル

【ZEFT Z45I スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45I

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7670H/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7670H/S9

プレミアムパフォーマンス、クリエイティブな作業に理想的なスーペリアPC、高速処理も余裕の32GB搭載モデル
パワフルi7コアと迅速な1TB SSD、快適操作を叶える最適バランスPC、快速メモリでマルチタスクも楽々
洗練されたデザインのミドルタワーケース、透明サイドパネルでテクノ美を魅せるスタイリッシュマシン
高度な処理能力、i7-14700Kで重負荷作業もスイスイ、クリエイター志向のアドバンスドCPUマシン

【SR-ii7-7670H/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7670H/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AI

熱いバトルを支える信頼のゲーミングマシン?スムーズなプレイ体験を提供します
優れたVGAと高性能CPUのバランスが、サクサク動作を実現?快適性能の魅力を堪能せよ
クリアサイドパネルが魅せるスタイリッシュデザイン?ミドルタワーがデスクを彩る
力強く、速い!最新Core i7でマルチタスクも楽々?プロフェッショナルなパフォーマンスを実感

【ZEFT Z47AI スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AI

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CM

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CM

プロゲーマー志望も夢じゃない、32GBメモリ搭載超高速ゲーミングPC!
新たなゲーム体験を!RTX 4060Tiが織り成すグラフィックの冒険に飛び込め
Fractalの魅力はただの見た目じゃない、Pop XL Air RGB TGが光るパフォーマンス!
Ryzen 7 7700の脅威の速度で、次世代ゲームをリードするマシン

【ZEFT R52CM スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52CM

ゲーミングPCの納期と購入のタイミング

ゲーミングPCの納期と購入のタイミング

納期が長い?メーカー直販の実態

ゲーミングPCをBTO(Build to Order)で購入しようとした場合、納期は製品を手に入れるまでの重要なポイントです。

特にメーカー直販では、製品のカスタマイズ性が高いため、納期が一定ではなく、数週間から時に数ヶ月かかることもあります。

これは、注文確定後にパーツの手配、組み立て、テストなどの一連の流れが始まるためで、特に新しいコンポーネントが市場に登場した直後や、特定のパーツに供給網の問題が発生している場合に、納期が長くなりがちです。

この実態を理解しておくことは、急ぐ必要がある購入者にとって特に重要です。

たとえば、新しいゲームタイトルの発売に合わせてPCをアップグレードしたい場合や、大学や学校の新学期が始まる前にセットアップを完了させたいと考えている学生にとっては、メーカーの平均納期を確認し、余裕をもった発注スケジュールを立てる必要があります。

その一方で、納期が長くなる理由は、最終製品の品質を確保するための細やかな作業にもほかなりません。

オーダーメイドの世界では妥協のない製品が求められるため、このプロセスはきわめて重要であると言えるでしょう。

したがって、ゲーミングPCに求めるパフォーマンスと、納期のバランスを考えることが、BTOを選ぶ上での賢明な判断につながります。

慎重なパーツ選びと製造工程を経て、ユーザーの期待に応えるパワフルなゲーム環境を提供するために、メーカーは時間を要するのです。


BTOのリードタイムについて

BTOのリードタイムについて、ゲーミングPCを心待ちにするファンならば、この用語を見過ごしてはなりません。

BTO、すなわちビルド・トゥ・オーダーは、オーダーメイドの世界で、顧客が注文したスペックに合わせたPCを1つずつ組み立てる方式を指します。

この独特なプロセスにより、あなたの理想のゲーミングマシンが生み出されるわけですが、注意が必要となるのが納期です。

納期は注文から製品が手元に届くまでの期間を指し、BTOゲーミングPCの場合には多くの要因に影響されます。

具体的には部品の在庫状況、組立工程、品質検査、出荷準備などが挙げられます。

それぞれのメーカーやモデル、そして時期によって差がありますが、見通しとしては数日から数週間と幅広く、場合によっては数ヶ月を要することも少なくありません。

特に新しい部品が市場に投入された直後や年末年始、大型連休前後は注文が集中し、リードタイムが延びる傾向がです。

ゲーミングPCを購入する際には、メーカーの平均リードタイムを事前に確認し、お急ぎでない場合は混雑するタイミングを避けて注文すると良いでしょう。

また、発売直後の新しいコンポーネントを組み込んだモデルを選ぶ際は、早めの注文が重要です。

そのためにも、最新のパーツ発売情報に敏感になり、それらが手に入りやすくなるタイミングを見計らう事が肝心です。

最適なゲーミング体験には、忍耐が求められることもあるのです。

しかし、その待ち時間が、より自分だけの遊びを追求するための時間へと変わるのもまた、BTOゲーミングPCならではの楽しみ方と言えるでしょう。

納期の理解は、理想のPCを手に入れるための重要なステップですので、この点を心に留めておくと購入の際に役立ちます。

コスパ最強! おすすめBTOゲーミングPC

コスパ最強! おすすめBTOゲーミングPC

予算別のおすすめモデル紹介

コスパ最強と称されるBTOゲーミングPCには、バランスよく選ばれたコンポーネントが欠かせません。

初心者でも楽しめるエントリーレベルのモデルは、2Dゲームや軽めの3Dゲームを快適に動かすだけの性能を持っている必要があります。

そのため、Ryzen 5 シリーズやIntel Core i5シリーズのCPU、中位グレードのNVIDIA GeForce GTX もしくはAMD Radeon RX シリーズのグラフィックカードが採用されているモデルが適しています。

中級者向けのPCでは、より高度なゲームやマルチタスクにも対応するパワーが求められるため、Ryzen 7やIntel Core i7に加え、RTX4060超えのGPUが望まれます。

これにより高解像度でのゲームプレイやVR体験もスムーズになります。

高級モデルに目を向けると、最新のライズン 9やインテルコア i9、そしてRTX4080やその上のグラフィックスカードが見積もられることがよくあります。

エンスージアスト向けには、これら高性能なコンポーネントが組み合わされ、4Kゲーミングやプロフェッショナルなコンテンツクリエーション作業にも耐えられる設計となっています。

しかし、BTOの魅力はそれだけではありません。

自分の予算や用途にピッタリ合わせてカスタマイズできる点にあります。

例えば、ストレージはSSDを選ぶことで速度を確保し、HDDを追加することで大容量のデータ保存スペースを確保することも可能です。

また、冷却システムやケースのデザイン、さらにはライティング効果に至るまで、自分の好みでパーソナライズできるのが特徴です。

このように予算に合わせて最適なパーツをセレクトし、自分だけの最適なゲーミング体験を実現できるのが、BTOゲーミングPCの醍醐味なのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

注目の新製品レビュー

ゲーミングPCの市場において、BTO(Build to Order)の選択肢は自由度の高さが魅力です。

特に、最近注目されている新製品についてのレビューをお届けします。

先進の技術が詰め込まれたハイエンドモデルから、バランスの取れたミドルレンジモデルまで、各メーカーが競い合うようにリリースし続けていますが、その中でも特に目を引くのは、最新グラフィックスカードを搭載しながらもコストパフォーマンスに優れたあるモデルです。

このモデルの最大の特長は、高性能を保ちながらも価格を抑えるバランス感覚にあります。

強力な処理能力を持つ最新世代のCPUと、高解像度のゲームを快適に楽しむことができるGPUが、根強い人気を集める理由でしょう。

また、拡張性にも優れており、将来的なアップグレードも簡単に行える設計になっています。

SSDの搭載により、ゲームのロード時間の短縮も実感できるでしょう。

冷却システムにおいても、この新製品は静音性と効率を兼ね備えており、長時間のプレイにおいてもPCのパフォーマンスを安定させます。

エレガントなデザインとLEDライティングは、ユーザーのデスク周りを華やかに彩りますが、機能美を追求した設計も見過ごせません。

ゲームをプレイする上で重要な、快適な操作感を実現するため、このモデルは低遅延が特長のゲーミングキーボードやマウスといった周辺機器との相性も抜群です。

市場に溢れる豊富な選択肢の中でも、このBTOゲーミングPCはゲーマーにとっての「コスパ最強」との呼び声高い一台であることは間違いないでしょう。

これからゲーミングPCの世界に足を踏み入れる方、または次のアップグレードを考えている方にとって、この新製品は見逃せない存在です。

高性能とコストパフォーマンスを兼ね揃えたBTOの選択は、ゲーミングライフをさらに楽しみ深いものにしてくれることでしょう。

ゲーミングPCのグレード解説

ゲーミングPCのグレード解説

エントリーレベルからエンサスタイルまで

ゲーミングPCのグレードには、エントリーレベルから始まり、中級、ハイエンド、そしてエンサスという最上位クラスまで幅広い範囲があります。

エントリーレベルのモデルは、初心者がゲームの世界に足を踏み入れる際のベストな選択肢であり、リーズナブルな価格で基本的なゲーム体験を提供します。

主に軽量級のゲームを快適に楽しむためのスペックが配置され、コストパフォーマンスを重視しつつもゲーミングの一端を垣間見れるよう設計されています。

中級のグレードでは、より高品質なゲームへの参入が可能となり、グラフィックスや処理能力が向上します。

エントリーレベルを超え、多くの人気ゲームを高い解像度で体験できるのがこのクラスの最大の魅力です。

カスタムによっては、ストリーミングや軽度のコンテンツ制作もこなせる能力を持っています。

ハイエンドモデルに目を向けると、圧倒的なパフォーマンスと最先端の技術を体験することができます。

最新のAAAタイトルを最高設定でプレイするためのスペックや、VRゲームをスムーズに楽しむための機能が満載です。

強力なCPUとGPUの組み合わせにより、どんなゲームも驚くほどの迫力で描画でき、快適なゲーム環境を追求するユーザーの心を掴みます。

最後にエンサスタイルのグレードは、限界を極めたゲーミング体験を追求する愛好家たちに最適です。

限られた専門家やコアなユーザーたちが選ぶこのグレードには、極めて高性能なパーツのみが搭載され、カスタマイズの自由度も格段に高いです。

ゲーミングだけでなく、プロレベルのコンテンツ制作やデータ解析などの業務にも対応できるほどのスペックを誇ります。

ゲーミングPCを選ぶ際には、これらのグレードに注目し、自身のプレイスタイルや利用目的に合わせた選択が非常に重要です。

高いグレードほど長期間の投資となり、快適なゲームライフへの扉を開く鍵となるでしょう。

どのグレードが自分に合っている?

ゲーミングPCのグレードを選ぶ際には、プレイしたいゲームの種類や求める画質によって、最適なスペックが変わってきます。

エントリーレベルのモデルでは、一般的なオンラインゲームやインディーゲームを楽しむのに十分で、コストパフォーマンスに優れています。

しかしながら、緻密なグラフィックや高速な操作が求められる最新のAAAタイトルを存分に楽しむためには、より高いグレードのPCが必要です。

ミドルレンジのPCなら、多くのゲームを高設定でプレイすることが可能であり、快適性と価格のバランスを重視するユーザーにおすすめです。

上位のハイエンドモデルになると、4K解像度やVRゲームを含むあらゆるタイトルを最高設定で楽しむことが可能です。

これらのモデルは将来的な拡張性も考慮されており、新しいゲームのリリースに合わせてパーツのアップグレードが容易です。

なお、ゲーム以外にも動画編集や3Dレンダリングのような作業を行う場合は、高いスペックを搭載したPCが望ましいでしょう。

決して安価ではないゲーミングPCの選択は、それぞれのゲーマーのプレイスタイルや将来への期待に応じて行うべきです。

適切なグレードのPCを選ぶことで、快適なゲーミング体験と満足のいく投資が実現します。

プレイするゲームの要求スペックをしっかりと把握し、自分の予算に見合ったPCを賢く選ぶことが大切です。

自分に合ったゲーミングPCを見つけることで、充実したゲームライフが待っています。

ハイスペック要らず?特定用途向けPCの選び方

ハイスペック要らず?特定用途向けPCの選び方

オンラインゲーム専用PCのスペック

オンラインゲームを快適に楽しむためには、ゲームの要求するスペックに見合ったPCの選択が不可欠です。

特にゲーム専用と考えた場合、必ずしもハイエンドなスペックを追求する必要はありませんが、快適なプレイ環境を実現するためには、いくつかの重要な部分に注目することが欠かせません。

まず、グラフィックスはゲーム体験に直結する要素ですから、安定したフレームレートを保ちつつ、ゲームが要求する解像度でスムーズに動作するグラフィックカードを選ぶことが大切です。

例えば、フルHDであればRTX3050やRX 7700といった中級クラスでも十分です。

一方で、4K解像度を目指すならばRTX4060やそれ以上の性能が求められるでしょう。

次に、プロセッサはマルチタスクやゲーム内での高速な処理が必要ですから、コア数とクロックスピードが重要になります。

四コア以上のプロセッサを選べば、ほとんどのゲームは快適にプレイできるはずです。

例を挙げるなら、Ryzen 5やIntelのi5シリーズが適切な選択肢になるでしょう。

また、メモリは多ければ多いほど良いとされがちですが、最低限16GBあれば十分で、32GBあれば余裕を持ってゲームが楽しめます。

追加のスロットを残しておくことで、将来的に必要に応じて拡張するのも一つの賢い選択です。

ストレージに関しては、SSDを推奨します。

ゲームの読み込み速度やシステムの反応速度が大幅に向上し、ゲームのプレイ体験を格段に高めてくれます。

容量はゲームのインストール数に依存しますが、最低1TBはほしいところです。

容量が不安な場合は、追加のHDDを併用することで解決できるでしょう。

これらのポイントを抑えたPC選びを行えば、快適なオンラインゲームライフを送ることができます。

BTOゲーミングPCはカスタマイズの自由度が高く、プレイヤーそれぞれのニーズに合わせた選択が可能なので、自分のプレイスタイルに応じた最適なスペックのPCを選びましょう。

ゲーム実況や配信に最適なモデル

ゲームの実況や配信は、プレイヤー自身のゲーム技術だけでなく、視聴者を惹きつけるコンテンツを生み出すためには高いパフォーマンスを要するPCという道具が不可欠です。

そこで選びたいのが、動画エンコードやストリーミングに最適化されたBTOゲーミングPCで、滑らかな配信を実現するための処理能力が求められます。

CPUには複数のコアを搭載したモデルを選び、例えば、現在のゲーム配信に最適とされるのは、六コア以上のプロセッサです。

強力なマルチタスク性能は、ゲームプレイ中でもエンコード作業が影響を受けることなく行えるため大きなアドバンテージになります。

映像出力にも注目し、高解像度での配信を行うには、NVIDIAやAMDといった信頼のブランドが提供するグラフィックスカードが重要です。

これらは豊富なビデオ出力が可能であり、迫力あるゲーム映像を視聴者に届けることができます。

また、配信時の滑らかさを保つためには十分なメモリ容量を確保する事も大切です。

最低でも16GB以上を目安に選ぶことで、複数のアプリケーションを同時に使用しても快適な操作感を提供します。

配信においては高速なインターネット接続が欠かせませんから、有線LANポートや高速無線LANに対応したマザーボードの選択もポイントとなります。

これらの要素を総合して選んだBTOゲーミングPCなら、ゲームのプレイだけでなく、配信者としての魅力を高める要素となり得るため、ゲーム実況や配信を考えている方にとっては、最適なモデル選びが成功の鍵と言えるでしょう。


ゲーミングPC購入時のよくある疑問

ゲーミングPC購入時のよくある疑問

PCゲーム初心者のよくある誤解

PCゲーム初心者にはしばしば、ゲーミングPCに関するいくつかの誤解が見受けられます。

例えば、高価なPCを購入すればすべてのゲームが完璧に動作すると考えがちですが、実際には各ゲームの要求スペックに合わせて適切な構成を選ぶことが大切です。

また、ゲーミングPCと一言で言っても、ゲームの種類やプレイスタイルによって最適なスペックは異なります。

たとえば、オンラインでの対戦型ゲームを主に楽しむ方には、通信速度を妨げない高性能なネットワークカードが要となります。

さらに、「最新のパーツでなければゲームは楽しめない」という誤解もありますが、実際にはゲーム体験は最新のパーツだけに依存するわけではありません。

もちろん新しいテクノロジーを取り入れることによる利点は大きいですが、安定したパフォーマンスを発揮する定評のあるパーツで組まれたBTOゲーミングPCで充分に満足できる場合も少なくありません。

重要なのは、自分のプレイしたいゲームの要求スペックと、それを満たすパーツを選ぶ知識を持つことです。

また、自作することが最良だという意見もありますが、BTOゲーミングPCは自作に近いカスタマイズが可能で、安心のサポートもあわせて提供されます。

これはゲームをスムーズに楽しむ上で非常に大きな価値を持ちます。

経験豊かな専門業者が提供するBTOサービスを利用することで、初心者でも手軽に、かつ最適なゲーミング環境を手に入れることができるのです。

ゲーミングPC選びにおいては、こうした選択肢があることを理解することがスタートラインに立つための第一歩と言えるでしょう。

コンシューマゲーム機との比較

コンシューマゲーム機と比較した際に、BTOゲーミングPCが持つ特長は圧倒的なカスタマイズ性にあります。

選べる豊富なパーツの中から、ゲームの種類や自身のプレイスタイルに最適なスペックを組み合わせることができます。

グラフィックスカードやCPU、メモリといった重要なコンポーネントを予算や目的に応じて厳選し、高画質、高フレームレートでの快適なゲームプレイを実現することが魅力です。

一方で、コンシューマゲーム機は手軽に最適化された環境でゲームを楽しむことができますが、パフォーマンスや拡張性には限界があります。

対してBTOゲーミングPCは将来的なアップグレードが可能であり、最新のゲームにも対応し続けることができるメリットがあります。

また、ゲームだけでなくクリエイティブな作業やプログラミングなど、多岐にわたる用途での活用が見込めるため、幅広いデジタルライフを支える一台として考えることもできます。

加えて、BTOゲーミングPCはオーバークロッキングなどのカスタマイズが可能であり、エンスージアスト層からの支持も厚いのです。

多くのBTOショップでは、期待する性能を実際のパーツでどう組み合わせるかのサポートも充実しており、知識が浅いユーザーでも安心してチャレンジすることができます。

ゲーミングPCを購入する際、自分に適したパフォーマンスは何か、またそのためのコストパフォーマンスも含めて考慮する必要があるわけですから、自らの目的に合致した選択をすることが重要となるでしょう。

ゲーミングPCの美学を知る

ゲーミングPCの美学を知る

RGBライティングの世界

ゲーミングPCの鮮やかな世界に身を置くと、RGBライティングは単なる明かりではなく、自己表現のアートとなります。

RGBはRed、Green、Blueの頭文字を取り、これらの基本色を混合して百万色以上のカラーパレットを作り出し、ゲーマーそれぞれの個性や気分、スタイルに合わせてカスタムできるからです。

動きやリズムに合わせて変わるライトは、ただゲームをプレイするだけでなく、プレイスペースそのものを生き生きとしたエンターテイメントの場へと変貌させます。

実用面でも、RGBライティングは重要な役割を担います。

キーボードのバックライトとして、暗がりでのタイピングの精度を高めるのはもちろん、各種コンポーネントの状態を色で示すことで、直感的なモニタリングや診断を可能にします。

温度が高くなると色が変わる機能を持つ製品もあり、PCの健康を視覚的に把握できるのです。

さらに、ゲーミングPCのRGBライティングは、ゲームの世界観と融合することで没入感を高めます。

たとえば、オンスクリーンのアクションに合わせて色が変わったり、特定のゲームイベントに連動してライトが点滅するなど、視覚効果によりゲーム体験はより一層深まります。

これはライティング機能をサポートするソフトウェアやSDKを利用することで実現しており、ユーザーがこれらの設定をカスタマイズすることも可能です。

BTOゲーミングPCでは、このようにRGBライティングは見た目の美しさだけでなく、機能性や体験の拡張という側面も持ち合わせています。

演出から機能まで多岐にわたり、まさにゲーミングPCの美学を映し出す要素と言えるでしょう。

カスタマイズできるPCケース

ゲーミングPCの美学を知る第一歩は、機能性と個性を兼ね備えたPCケースから始まります。

ゲーミングPCのハートであるBTOシステムでは、カスタマイズできるPCケースがそのパーソナリティを形作る重要な要素となっています。

ユーザーの独自性を映し出すこのアプローチは、内部の優れたパーツが最高のパフォーマンスを発揮するための土台でもあります。

カスタマイズ可能なPCケースは、冷却効率の高い空力デザインや、LEDライティング、透明パネルなど、見た目にも力を入れている点が魅力です。

ゲームプレイ中のシステム状態を示すインジケーターや、頻繁に交換が予想される部品へのアクセスを簡単にする開閉式のサイドパネルなど、使い勝手を意識した設計が施されています。

また、高性能パーツを使用する際の放熱対策として、効率的なエアフロー設計が必須です。

大型のファンを装備できる余裕のあるケースや、水冷システムに対応しているものも存在します。

これらの選択肢を検討することで、ゲーミングPCは静音性と冷却効果のバランスを見つけることができます。

最後に、移動を考慮してハンドルがついたケースや、拡張スロットの多さが自慢のモデルも見逃せません。

将来的なグレードアップを見据え、拡張性の高いPCケースを選ぶことは、ゲーミングPCの可能性を広げる賢明な一歩と言えるでしょう。

ゲーミングPCのカスタマイズは、内面のスペックだけではなく、ケース一つを選ぶことにもその真髄が詰まっています。

ユーザーが望むゲーム体験を追求するうえで、外観だけでなく機能性も充実したPCケースは、まさにBTOゲーミングPC選びの楽しさを象徴する存在です。

パフォーマンス向上の小ネタ

パフォーマンス向上の小ネタ

CPUグリス、その微妙な差とは?

ゲーミングPCの心臓部であるCPUの性能は、冷却システムの質に大きく左右されます。

その中核をなすのがCPUグリスですが、一見取るに足らない小さなアクセサリーにもかかわらず、このグリスの質と塗布方法には深い秘密が隠されています。

良質なCPUグリスは、熱伝導率が高く、不要な熱を効果的にヒートシンクへと逃がす役割を果たします。

微妙な違いではありますが、この熱伝導率の差によって、プロセッサの温度は数度変動することがあり、その結果、パフォーマンスにも影響を及ぼすのです。

塗布量もまた重要なファクターで、過剰にグリスを塗布することは熱の逃げ道を塞ぎ、逆に性能低下を招くことにもなりかねません。

適量を見極め、均一に薄く伸ばすことが理想的なCPUとクーラーの接合を実現し、高い冷却性能を生むカギとなります。

また、グリスの種類によっては乾燥しにくいものや、長期間安定した性能を維持する製品もありますので、用途や環境に応じた選択が求められます。

結局のところ、ゲーミングPCにおいてCPUグリスは、システム全体のパフォーマンスを裏から支える無形のヒーローと言えるのです。

適切なグリスを選び、かつ正しく塗布すること。

これが、BTOゲーミングPCの潜在能力を最大限に引き出す秘訣となるわけです。

そういった微妙な差が、長時間の激しいゲーミングセッションを支え、最高のパフォーマンスへと導くのです。

高リフレッシュレートを活かす設定

高リフレッシュレートのモニターは、ゲームプレイの滑らかさを大幅に向上させることができる魅力的な機能です。

特にBTOゲーミングPCを使用している際には、この高リフレッシュレートを最大限に活かすことが重要になります。

そのためには、モニターのリフレッシュレートと同期して、ゲームのフレームレートがなるべく高い値を維持することが不可欠です。

この設定を達成するために、まずはグラフィック設定を見直してみましょう。

画質を少し落とすことでフレームレートを稼ぐことが可能です。

一見、画質を下げるのはもったいないように感じるかもしれませんが、プレイの快適性を考えれば、大幅なパフォーマンス向上に繋がります。

具体的には、シャドウの品質やテクスチャの解像度を下げることが挙げられます。

これらは視覚的な違いは少ない一方で、フレームレートには大きく貢献するためです。

また、ゲーミングPCの設定では、グラフィックスカードのコントロールパネルからもフレームレートに影響を与える項目を調整することができます。

垂直同期(V-Sync)は画面の tearing(画面が切れる現象)を抑制しますが、フレームレートの低下を招くこともあるため、高リフレッシュレートを活かすためには無効に設定することも考えられます。

最適な体験には、ゲーム内外の様々な設定を適切に調整することが求められるものです。

これらの小ネタは、単純な操作のように思えますが、ゲーム体験を根本的に変える大きな力を持っています。

高いリフレッシュレートをフルに活かせるよう、さあ、設定を見直して高速で滑らかなゲームプレイを実現させましょう。

最新トレンドを抑えたゲーミングPC

最新トレンドを抑えたゲーミングPC

AMD vs. Intel 現在の市場動向

ゲーミングPCの世界では、AMDとIntelのプロセッサが重要な役割を担っています。

近年、AMDはその革新的なチップデザインで多くのゲーマーの注目を集めており、特にその「Ryzen」シリーズはコストパフォーマンスに優れ、マルチコアパフォーマンスの高さで賞賛を浴びています。

一方のIntelも負けてはおらず、「Core i」シリーズで確固たる地位を築いています。

特にゲーミングにおいてはシングルコアの性能が重要視され、その分野でIntelは強みを発揮しています。

現在の市場動向を見ると、AMDとIntelは異なる戦略を採っていることが分かります。

AMDは高コア数とコスト効率を武器に、コンテンツクリエーターやヘビーユーザーを含む幅広いユーザー層を獲得しています。

その一方で、Intelはゲームの最適化と高い周波数での動作にフォーカスを当て、特に競技ゲーミングや要求の高いタイトルでの快適なプレイ環境の提供を目指しています。

この両者の競争は、ゲーミングPC BTO市場においても同様で、選択肢が増えることは消費者にとって大いに利益と言えるでしょう。

また、新しい技術の導入により、どちらのプロセッサも一長一短を持ち合わせているため、ゲームタイトルや使用目的に応じた最適なPCを選ぶことができる環境が整っています。

結果として、パフォーマンス、価格帯、具体的なニーズを照らし合わせながら、AMDかIntelかを選択することになるわけですが、どちらを選んだとしても、現代のゲーミングPCは高い性能を提供することが約束されています。


NVIDIAとRADEONの熾烈な競争

NVIDIAとRADEONは、ゲーミングPCの世界において中心的な存在であり、その技術革新はゲーマーやクリエイター達をも魅了してやみません。

NVIDIAのGeForceシリーズは、リアルタイムレイトレーシング機能やAIを活用したディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)によって、鮮明なグラフィックスとスムーズなゲームプレイを実現しています。

一方、RADEONはAMDによる強力なラインナップを持ち、コストパフォーマンスに優れたGPUを提供し続けており、ハイエンドからエントリーレベルまで幅広い選択肢を提供しています。

これら二大巨頭の競争は技術進化の速度を加速させ、常に最前線で新たなチップセットを搭載したゲーミングPCが登場します。

例えば、NVIDIAのRTX4080は、前モデルに比べてゲームのロード時間を大幅に削減し、リアルタイムでの映像表現の境界を押し広げています。

さらに、RADEON RX 7000シリーズは、優れたパフォーマンスと一層リーズナブルな価格設定で市場の注目を集め、ゲーマーに新たな選択肢を与えています。

これらのGPUはBTOゲーミングPCに組み込まれる重要な部品であり、それぞれが持つ独自の魅力によって、消費者は自分のプレイスタイルや予算に最適なパーツを選択できるようになっています。

もちろん、最新のゲームを最高設定で楽しむためには、適切なCPU、高速メモリ、大容量ストレージなどとのバランスも重要です。

NVIDIAとRADEONの競争が生み出す革新によって、ゲーミングPCの性能は日々進化し続けており、これからも多くのゲーム愛好家が楽しむための最新技術が提供されることでしょう。

あわせて読みたい

RTX4070Ti SUPERの可能性 究極のゲーミングPC構築ガイド

BTOゲーミングPCランキング

スムーズなゲーム体験のための ゲーム用パソコン選びのコツ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

美麗グラフィックのためのおすすめBTOゲーミングPCパーツ選び

静音PC探求道

ゲーミングPCカスタム戦略 オーバークロックで勝利を掴め

ちょっとええゲーミングPC

静音PCの新基準! おすすめモデルの性能と使いやすさ比較

ゲーミングPC探訪

美しいAIイラストを創造するためのおすすめPCカタログ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

パソコン選び方革命! 2024年おすすめモデルで快適PCライフ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

おすすめ静音PCが変える作業環境! 重要スペック徹底解説

BTOゲーミングPCランキング

必見! 映像制作用パソコンの最新性能比較とおすすめモデル

ちょっとええゲーミングPC

長時間作業もラクラク! Core i7搭載おすすめ耐久性PC

静音PC探求道

BTOパソコン選び! フルカスタマイズで理想を現実に

BTOパソコンはBuild To Orderの略

最高の視聴体験を提供する! おすすめライブ配信PCの裏技

ゲーミングPC探訪

静音PCマスターガイド 最新おすすめ仕様と購入ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

RTX4080 SUPERの力を信じて! 次世代VR ゲーミングPC構築の秘訣

BTOゲーミングPCランキング

創造力爆発! Stable Diffusion稼働のおすすめ高速PC

ちょっとええゲーミングPC

スペックで比較する! パソコンの性能確認完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

プロの技を支えるPC AIイラスト自動生成で求められるスペック完全解説

BTOゲーミングPCランキング

AI画像生成PC必要スペック 用途に応じた最良の選択

ちょっとええゲーミングPC

ゲームが変わる速度と品質 おすすめRTX4080 SUPERゲーミングPC分析

静音PC探求道

静音PCおすすめランキング 2024年最新エディション

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

AIイラストクリエイター向けの最強おすすめPC

ゲーミングPC探訪

音楽制作PCの知識アップデート 今DAWの作曲家が選ぶべきスペックとは?

BTOパソコンはBuild To Orderの略

2024年最新版!パソコンBTOおすすめ構成パターン

BTOゲーミングPCランキング

快適作業の新基準! WEBデザイナー向けパソコンのおすすめ仕様

静音PC探求道

ベストパフォーマンス! 動画制作者向け最強パソコン決定版

ちょっとええゲーミングPC

カスタマイズ力抜群! 注文前に知るべきパソコン構成の黄金比

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ガチゲーマーのためのRTX4080 SUPER ゲーミングPC ⁠究極のパフォーマンス

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCビルダーが明かす 究極のおすすめカスタマイズ術

BTOゲーミングPCランキング

ライブ配信向けおすすめPC選定 効率的に選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作に最適なパソコン選び 性能別おすすめモデル紹介

静音PC探求道

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次