ゲーミングPCから配信まで! おすすめハードウェアの全知識

目次

ゲーミングPCの必須スペック

ゲーミングPCの必須スペック

CPUの選び方で性能が変わる

ゲーミングPCでの配信におけるCPUの選び方は、ストリーミング品質に直接影響を与えます。

高性能なCPUは、高解像度でのゲームプレイを同時に処理し、配信する能力が求められます。

特に、マルチコア・マルチスレッド対応のCPUは、複数の作業を同時に効率良く処理することができるため、配信中にゲームのパフォーマンスが低下することなく、スムーズなストリーミングが可能です。

例えば、AMD Ryzen シリーズやIntel Core i7、i9シリーズのような高性能CPUは、複雑なゲームのグラフィックスとエフェクトをリアルタイムで処理するために最適です。

これらのプロセッサは、高いクロック速度と複数のコアを持っており、ゲームプレイの際に必要とされる複数のタスクを同時にこなすことができます。

また、CPUの選択においては、将来的なアップグレードや互換性も考慮する必要があります。

ソケットタイプが異なるCPUを選ぶと、マザーボードも変更する必要が出てくることがあります。

そのため、将来的にもサポートされるプラットフォームを選ぶことが重要です。

CPUの選び方一つで配信の質が大きく変わるため、ゲーミング及び配信用のPCを構築する際には、その性能と互換性をよく検討し、最適な選択をすることが求められます。

これにより、長時間の配信でも快適に、そして高品質で視聴者にコンテンツを提供することが可能になります。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41293 2387 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38703 2052 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38627 2024 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29341 2015 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28939 1945 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27116 2020 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22141 1925 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20423 1991 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19563 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17783 1794 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15333 1957 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格

グラフィックボードの選択基準

ゲーミングPCでの配信活動において、グラフィックボードは画質のクオリティを高め、スムーズな映像出力を実現します。

選び方の基準として、最も重要なのは処理能力です。

現在、多くのゲームが要求する高いグラフィック設定も快適に楽しむためには、RTX4060以上のモデルが推奨されます。

特に、4K解像度での配信を考えている場合は、RTX4080やRTX4090といったより上位のグラフィックボードが適しています。

また、配信中にゲームと同時に複数のプロセスを効率良く処理するためには、ビデオメモリも重要です。

ビデオメモリが大きいほど多くのデータを一時的に保存できるため、8GB以上をお勧めします。

さらに、配信ソフトウェアとの互換性も考慮する必要があります。

例えば、NVIDIAの場合、専用のエンコーダー「NVENC」を搭載しているモデルがあり、これによりCPUの負荷を軽減しながら高品質なストリーミングが可能です。

適切なグラフィックボードを選ぶことで、視聴者に与える映像体験を向上させることができます。

その選択は、配信の内容、解像度、および視聴者の期待する品質によって異なりますので、それぞれのニーズに合ったものを見極めることがカギとなります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36256 73178 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30150 72481 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29194 67457 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26224 66647 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23780 54934 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19968 49834 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19278 50474 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18007 45295 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17026 41904 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13489 34167 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13488 34611 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13372 33986 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12490 29992 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10849 31334 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10677 28218 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10668 27150 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7351 19370 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6285 15837 130W 公式 価格

最適なメモリ容量はどのくらい?

ゲーミングPCで配信活動を行う場合、メモリの容量は非常に重要です。

最適なメモリ容量について説明すると、基本的には16GBが推奨されますが、より安定したパフォーマンスを求める場合には32GBを選ぶのが望ましいです。

これは、ゲーム自体が高いグラフィックスを要求するうえ、同時に配信ソフトウェアも多大なリソースを使用するためです。

特に最新のゲームや、複数のアプリケーションを同時に動かす場合には、より多くのメモリが必要とされます。

また、将来的にPCのスペック要求がさらに高まることを考慮すると、メモリは後からでも増設可能な部分であるため、初期投資としては多めに確保しておくことが無難です。

実際に配信を始めると、データの一時保存、エンコード処理、ストリーミング配信など、様々なプロセスが同時に行われるため、メモリ容量が多いほどスムーズに活動を行うことができます。

ですので、配信を考慮に入れるなら最低でも16GB、可能であれば32GBを目安に設定すると良いでしょう。

SSD vs HDD ゲーム配信に最適なストレージ

ゲーム配信では、高速なデータアクセスが求められるため、ストレージ選択がキーパフォーマンス要素の一つとなります。

SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)は、それぞれ特性が異なりますが、配信において最適な選択は何でしょうか。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が非常に速く、ゲームがスムーズにロードされ、ラグの少ないゲーム体験を提供します。

特に、大容量のデータを頻繁に扱うゲーム配信では、SSDの速度が配信の品質を左右します。

一方、HDDはデータの読み書き速度はSSDより遅いですが、より多くのデータを低コストで保存できるという利点があります。

このため、アーカイブ用途や長時間の録画データの保管には適しています。

しかし、配信時のパフォーマンスを考慮すると、SSDの方が優れています。

ゲーム配信を行う上で、SSDをシステムドライブとして用い、ゲームやオペレーティングシステムをインストールし、迅速なデータアクセスを実現することが望ましいです。

HDDは、必要に応じて録画したデータの保存用として追加するという方法が効果的です。

この組み合わせにより、高速アクセスと大容量ストレージのバランスを取りながら、効率的なゲーム配信環境を構築することができます。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーム配信に特化したゲーミングPCの構成

ゲーム配信に特化したゲーミングPCの構成

高負荷な配信に耐えるCPU性能

ゲーム配信においては、高解像度でのストリーミングや複数のアプリケーションを同時に動かす必要がありますから、CPUは非常に重要な役割を果たします。

配信用のゲーミングPCには、複数のコアを持つ高性能CPUが適しています。

これにより、ゲームプレイの計算処理と同時に、エンコード処理がスムーズに行われ、配信のクオリティが保たれます。

特に、IntelのCore i7やAMDのRyzen 7以上が推奨されますが、より多くの配信者がCore i9やRyzen 9を使用する理由は、これらがさらに多くのコアとスレッドを提供し、最も要求の厳しいゲームと配信タスクにも耐えうるからです。

また、高いクロック速度も重要で、これが高いほど単位時間あたりの処理能力が上がり、ゲームのフレームレート低下を最小限に抑えつつ、高品質な配信が可能となります。

加えて、CPUのキャッシュサイズも配信のパフォーマンスに影響を与え、大きければ大きいほど良いです。

これにより、データアクセスの遅延が減少し、より高速なデータ処理が実現されます。

さらに配信中には、ウェブブラウザやチャットソフトといった複数のアプリケーションを同時に動かすことが多いため、マルチタスク処理能力が高いCPUを選ぶことが求められます。

このため、高性能CPUを選ぶことは、ストリーミングの品質を保つだけでなく、全体の操作性の向上にも寄与します。

このような観点からも、ゲーム配信に特化したゲーミングPCの構成では、適切なCPU選びが極めて重要です。

配信でも滑らかに! 高性能グラフィックボード

ゲーミングPCでのゲーム配信においては、高性能グラフィックボードの選択が非常に重要です。

特に、配信中に多くのリソースを要求する高解像度や高フレームレートのゲームをスムーズに実行し、それを同時に配信するためには、強力なグラフィック性能が必要とされます。

例えば、NVIDIAのGeForce RTX4080やAMDのRadeon RX 7800 XTといったモデルは、その強力な処理能力により、ゲームプレイのディテールを高めながら配信に必要なエンコード作業も効率良くこなすことができます。

これらのグラフィックボードは、複数の画面出力にも対応しており、配信者がゲーム画面以外にチャットやストリーミングソフトウェアを同時に管理する場合にも役立ちます。

さらに、リアルタイムでの画質調整やフレームレートの最適化も可能で、視聴者にとって魅力的な配信を実現するための強い味方となっています。

これにより、配信者はテクニカルな問題に気を取られることなく、ゲームプレイや視聴者との交流に集中することができ、より充実した配信活動を行うことができます。

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

プロ級のクリエイティブ作業もゲームも滑らかにこなす、アドバンストスタンダードのゲーミングPC
快適なパフォーマンスバランスが魅力!16GBメモリと最新NVMe 1TB SSDで高速動作
シンプルで洗練された静音性ケースに注目、Silencio S600で作業の集中度アップ
最新とパワフルが手を組んだCore i7 14700KF搭載、複雑な作業もスムーズに

【ZEFT Z45GE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GH

パフォーマンスに妥協なし!均整のとれたハイスペックなゲーミングPC
快適なゲームプレイと作業効率を実現する、32GBメモリと速攻起動1TB SSD搭載機
シックなミドルタワーケースに隠れた、圧倒的な力強さとスタイリッシュなRGB美
Core i7 14700F搭載、プロの求めるパワーをカジュアルな空間にも

【ZEFT Z47GH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

エンスージアスト級の性能、ゲームも作業も快適にこなすハイスタンダードゲーミングPC
バランスに長けたパフォーマンス、快速32GBメモリと速攻1TB SSDで最前線を走れ
清潔感あふれる白いNZXT筺体、スタイリッシュに部屋を格上げ
最新Core i7で、複雑な計算もサクサク、クリエイティブ作業が加速

【ZEFT G42DCH スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

ゲーム好きにぴったりのパフォーマンス、ハイバリュースタンダードのゲーミングPC
イデアルマッチでアドバンストスタンダードを実現。頼れる性能を16GBメモリと共に
洗練されたFractalデザイン、小さな筐体でも大きな可能性を秘めたモデル
力強い処理能力、最新のRyzen7で高速タスクを軽々とこなす

【ZEFT R53JB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

マルチタスクに対応するメモリの選び方

ゲーム配信に特化したゲーミングPCでは、メモリの選び方が重要です。

ゲームのプレイと同時に配信も行うため、メモリ容量は最低16GBは必要とされていますが、快適な配信を目指すなら32GBを推奨します。

ゲーム自体が高いグラフィックス設定でのプレイを要求する場合や、配信ソフトウェアがリソースを大量に消費する場合もあるため、メモリ容量が多いほど多くのデータを一時的に保存して素早くアクセスすることが可能になります。

また、メモリの種類においても速度が重要です。

DDR4 RAMでは、2666MHz以上のものを選ぶことで、データの読み書き速度が向上し、ゲームと配信の両方でスムーズなパフォーマンスが期待できます。

特にゲーム配信時は、画面の遷移やエフェクトが多いため、速度が遅れると視聴者の視聴体験に悪影響を与えることになるかもしれません。

それぞれのゲームや使用する配信ソフトウェアの要求スペックを確認し、それに応じたメモリの容量や速度を選ぶことが、最適な配信環境を整える第一歩です。

配信者にとっては、このメモリの選び方が視聴者に高品質なコンテンツを提供するための決定的な要因となるため、十分な検討を行うことが非常に重要です。

ゲーム配信に最適なストレージ容量

ゲーム配信に最適なストレージ容量を選ぶ際は、その重要性を理解することが第一です。

ゲーム配信では高解像度のゲームをスムーズにプレイしながら、それをリアルタイムでエンコードし、配信する必要があります。

これがデータの大量消費をもたらし、したがって大容量かつ高速なストレージが必要不可欠となります。

特にお勧めしたいのは、SSD(ソリッドステートドライブ)をメインストレージとして使用することです。

SSDは従来のHDD(ハードディスクドライブ)に比べてアクセス速度が格段に速いため、ゲームのローディング時間を大幅に短縮し、配信中の画面遷移もスムーズになります。

また、500GB以上の容量を持つSSDを選ぶことを推奨します。

なぜなら、最新のゲームはインストールやキャッシュに多くの容量を必要とするため、十分な余裕を持ったストレージ選びがストレスなく配信を行うためには重要です。

さらに、アーカイブや録画したコンテンツの保存を考慮した場合、追加のHDDを設置するのも一つの解決策です。

これにより、SSDはシステムとゲーム専用に、HDDは大量の録画データの保管場所として役立てることができ、データ管理が効率よく行えるようになります。

結局のところ、ゲーム配信においては、より高速かつ大容量のストレージ選択が成功への道を開く鍵となります。

この選択が配信の質を向上させるだけでなく、視聴者にとって快適な視聴体験を提供するためにも決定的な役割を担っています。


ゲーミングPCで実現する高品質配信

ゲーミングPCで実現する高品質配信

3Dゲームの高画質配信テクニック

ゲーミングPCで3Dゲームを高画質で配信するには、まずグラフィックカードの選定が重要です。

高解像度でのゲームプレイを滑らかに表示するためには、最新のNVIDIA RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズのような高性能グラフィックカードが必要になります。

これらのカードはRay TracingやAIによる画像処理技術を搭載しており、リアルタイムでの美しい画像生成が可能です。

次に、CPUの性能も配信の質を左右します。

複数のコアを持つCPUを選ぶことでゲームプレイと同時にエンコーディングの処理負荷を分散させることができます。

例えば、AMD Ryzen 9やIntel Core i9のような多核・多スレッド対応のCPUは、これらの要求を効率的に処理します。

さらに、高速なストレージシステムも必要です。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が格段に速く、ゲームのロード時間の短縮やデータの素早い読み出しが可能です。

配信中にゲームが停止してしまう事態を避けるためにも、十分な容量のSSDの導入をお勧めします。

加えて、ストリーミングソフトウェアの設定も最適化が求められます。

OBS StudioやXSplitなどのソフトウェアで、ビットレートや解像度、フレームレートの調整を行います。

高画質で滑らかな配信を実現するためには、これらの設定に適切に注意して調整する必要があります。

これらのハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、3Dゲームの魅力を最大限に引き出し、視聴者に最高の視聴体験を提供することが可能です。

ストリーミングで求められるリフレッシュレート

ゲーミングPCでの配信においては、滑らかな動画品質が求められますが、その中核となるのがリフレッシュレートです。

リフレッシュレートが高ければ高いほど、画面の更新が早くなり、動きの多いゲームでも映像の乱れが少なくなります。

これは視聴者にとっても快適な視聴体験を提供することができ、配信者の評価に直結します。

例えば、一般的なリフレッシュレートは60Hzですが、最近では120Hzや144Hzといった高リフレッシュレートを支持するゲーミングモニターが普及しています。

これにより、画面の滑らかさが格段に向上し、特にアクションが激しいシューティングゲームやレーシングゲームでその差は顕著です。

配信する際には、これらの高リフレッシュレートを活かし、視聴者に最高の映像を提供することが可能です。

さらに、リフレッシュレートが高いと、ゲームをプレイしている際の入力ラグも減少します。

これは配信中のパフォーマンス向上に直結し、よりリアルタイムで緻密な操作が求められるゲームをプレーしている場面でも、視聴者にとって分かりやすく、かつ迫力のある内容を提供することができます。

そのため、ゲーミングPCを選ぶ際には、リフレッシュレートの高いモニター選びも重要なポイントとなります。

結論として、ストリーミングでの高品質な配信を目指す場合、リフレッシュレートは無視できない要素です。

視聴者に最高の視覚体験を提供できるよう、機材選びには細心の注意を払う必要があります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

視聴者を惹きつける配信映像の作り方

視聴者を引きつける配信映像を作るためには、高品質なゲーミングPCが必須です。

まず、配信で重要となるのは、滑らかで遅延の少ない映像を提供することです。

これを実現するためには、強力なグラフィックカードと十分なメモリ、高速なプロセッサが求められます。

特にグラフィックカードは、画質設定を高くしても快適に動作させるためには、最新かつ高性能なものを選ぶことが推奨されます。

次に、配信ソフトの設定も重要です。

例えば、OBS StudioやXSplitなどの配信ソフトでは、ビットレートやフレームレートの調整が可能です。

これらの設定を最適化することで、インターネット速度の制限内で最高の画質を保ちつつ、視聴者にとって快適な視聴経験を提供することができます。

さらに、配信中の映像をより魅力的にするためには、適切なライティングとカメラ設定が不可欠です。

配信用のカメラにはクリアで鮮明な映像を提供するHD以上の解像度を持つもデルを選び、自然光とLEDライトを適切に使用して、顔が明るく見えるようにすることが大切です。

さて、これらの技術的な準備と同様に、配信内容もまた重要です。

配信者のパーソナリティや話題選びが視聴者の興味を引き、長時間視聴を促す要素となります。

そこで、内容が多様で、かつ予測不能な展開を取り入れることが、視聴者を飽きさせずに留める方法と言えるでしょう。

結局のところ、高品質な配信を実現するためには、技術的な準備だけでなく、クリエイティブなアプローチも必要となります。

それにより、配信映像は視聴者を惹きつけ、記憶に残るものとなるでしょう。

ゲーミングPCのグレード別おすすめ構成

ゲーミングPCのグレード別おすすめ構成

エンスージアスト向け 改善の限界に挑戦

エンスージアスト向けのゲーミングPCは、その性能の極限に挑戦するユーザーにとって、まさに理想的な選択肢です。

ここでは、最新かつ最高のコンポーネントを用いた構成案をご紹介します。

まず重要となるのが、プロセッサーです。

インテルのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズがおすすめで、これらは複数のコアを持ち高いクロック速度で動作するため、複雑なゲームもスムーズにこなします。

グラフィックカードに関しては、NVIDIAのGeForce RTX4080以上やAMDのRadeon RX 7800 XT以上を選ぶことで、高解像度でも高設定でのゲームプレイが可能です。

また、快適なストリーミング配信を実現するためには、十分なRAMと高速のストレージが必要です。

最低限32GBのRAMを備え、NVMe SSDを主要なストレージとして使用することが推奨されます。

このSSDは従来のHDDやSATA SSDと比較して読み書き速度が圧倒的に速いため、ゲームのロード時間の短縮やOSの快適な動作が期待できます。

冷却システムにも注目してください。

高性能なコンポーネントは発熱量も大きいため、効果的な冷却が必要です。

水冷システムや複数の高性能ファンを配置することで、熱によるパフォーマンスの低下を防ぎます。

これにより、長時間にわたるゲームセッションや配信も安定して楽しむことができます。

これらの高性能構成を組み合わせることで、エンスージアスト向けのゲーミングPCは、最先端のゲームや重たいグラフィック作業にも対応しつつ、高品質なライブ配信を可能にします。

このような構成では、コストがかかることも念頭に置く必要がありますが、その投資に見合うパフォーマンスを得ることができます。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52K-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52K-Cube

高性能とスタイルを兼ね備えた、リファインドミドルクラスのゲーミングPC
64GBの大容量DDR5メモリとRTX 4070の強烈なグラフィックスでバランス抜群のスペック
省スペースながら目を引くデザイン、コンパクトケースに大容量機能を凝縮
Ryzen 7 7700搭載で、最先端イノベーションを体験するPC

【ZEFT R52K-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52K-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パワーゲーマー必見、高性能Core i7で現実を超える体験を!華麗なゲーミングPC
RTX 4070搭載、速攻で勝利を掴む!バランス重視で選ぶならこのモデル
クリアサイドパネルが輝くミドルタワーケース、洗練されたデザインのゲームマシン
インテル最新の力、Core i7-14700F!スムーズなマルチタスクで快適PCライフを

【ZEFT Z47VJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

ソリッド・ゲーミングマシン:処理能力とグラフィックの優れた次世代体験を、余裕の32GB DDR5とともに
高速バランスの極地:1TB NVMe SSDと850W Gold電源が、パワーと応答速度の極上の同等性を実現
静寂の城、Antec P10 FLUX:洗練されたミドルタワーが、美と機能性を一体化させたデザイン
芯から速さを生む:Core i5-14600KFが、最新のタスクもスムーズにさばく

【ZEFT Z45NA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C-Cube

効率的なミドルクラスの性能を備えたゲーミングマシン、圧倒的なゲーム体験を提供
均整の取れた32GBの高速DDR5メモリ、快速2TB SSDでスムーズなパフォーマンス
省スペースでスタイリッシュ、クリアパネルが映えるコンパクトケースで魅せるデザイン
最新のRyzen 7 7700、躍動する処理能力が各種タスクを高速化

【ZEFT R52C-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52C-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CR

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CR

アドバンスドレベルのパフォーマンスが体験できる、ゲーマーのためのハイパワーなゲーミングPC
最新のVGAと高性能CPUの極上のシナジーが生み出す驚愕のスピードと快適な操作性を堪能あれ
洗練されたホワイトキューブケースがデスクトップをスタイリッシュに彩る
Ryzen 9 7900で次世代の処理速度を実現、パワーユーザーも満足の表現力をぜひ

【ZEFT R44CR スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CR

エキスパート向け コスパと性能のバランス

エキスパート向けのゲーミングPCを組み立てる際は、コストパフォーマンスと性能のバランスが非常に重要です。

高性能なCPUとGPUは必須で、特に最新のゲームを高解像度でストリーミングする場合、多くのリソースを必要とします。

例えば、Intelのi9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズが好まれます。

これらのプロセッサは複数のコアを有しており、タスクを同時に処理する能力が高いため、ゲームプレイと同時の配信においても滑らかなパフォーマンスを提供します。

また、グラフィックスカードに関しては、NVIDIAのRTX4080などが推薦されることが多いです。

これにより、リアルタイムでのレイトレーシングやAIによる画像の鮮明化など、先進的なグラフィックテクノロジーや配信中の視覚効果を最大限に活用できます。

メモリも重要な要素で、少なくとも32GBのRAMを推奨します。

これにより、複数のアプリケーションや背景タスクが同時に動作してもPCのパフォーマンスが低下することがありません。

さらに、ストレージにはSSDを使用することで、ゲームのロード時間が短縮され、配信中の遅延も少なくなります。

これらのハードウェアを選定することで、エキスパート向けのゲーミングPCでは高レベルのゲームプレイと配信を同時に行うことが可能です。

配信者が求めるレスポンスの速さと、視聴者が求める画質の高さを両立させることができるでしょう。

エッセンシャル向け 配信入門者に最適な選択

ゲーミングPCと配信活動を始める方にとって、エッセンシャルグレードの構成は、高いコストパフォーマンスと手軽さを兼ね備えています。

配信入門者が最初に抑えるべきは、安定した処理能力を持つCPUです。

例えば、Intel Core i5やAMD Ryzen 5 は複数のタスクを同時にこなすのに十分な力を有しており、ライブストリーミング中でもスムーズな操作が可能です。

次に重要なのは、十分なメモリ容量です。

最低限8GBは必要ですが、可能であれば16GBを搭載することで、ゲームプレイの同時進行と配信がより快適に行えます。

映像出力に関しては、入門レベルではRTX3050 またはそれに相当するグラフィックカードが適しています。

これにより、1080pの解像度でのゲーム配信が可能となり、視聴者にとって魅力的な視覚体験を提供できるでしょう。

ストレージについては、SSDを一つ選ぶことを推奨します。

データの読み書き速度が速いため、ゲームのローディング時間が短縮され、配信中のタイムラグを最小限に抑えられます。

例えば、1TBのSSDでは、オペレーティングシステムや主要なアプリケーション、そして数つの高負荷ゲームをインストールすることができます。

エッセンシャル向けのPC構成では、予算と効率を最大限に活かすことが重要です。

上記のスペックであれば、配信入門者がスムーズに活動を開始し、徐々にフォロワーを増やす土台を築くことができるでしょう。

これにより、ゲームプレイの楽しみと同時に、配信者としての新たな一歩を踏み出す手助けとなることは間違いありません。

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R50D

パソコンショップSEVEN ZEFT R50D

快適ゲーミングとクリエイティブ作業を実現する、コンペテントミドルセグメントのマシン
RTX 4070Ti搭載、パワフルなグラフィックとスムーズな16GBメモリのハーモナイズ
クリアな視界を提供するNZXT H7 Flow RGB Whiteケースで、デザインも冷却効率も抜群
最新世代のRyzen 5 7600プロセッサがタスクを軽快にこなす

【ZEFT R50D スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50D

パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

バランス型スペック、極速SSDと強力な16GBメモリの極上の融合
ファッショナブルで透明感溢れるデザインのFractalケース、目を引くRGB照明
Ryzen 7 7700搭載、スムーズな処理能力でマルチタスクを快適に
RTX 4070、圧倒的なグラフィックパワーで臨場感あふれるゲーム体験

【ZEFT R50GA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BK

プロフェッショナルのための究極性能、32GBメモリ搭載ゲーミングPC
バランスとパワーが融合、最新ゲームも快適に動かすスペックの極み
真っ白な清潔感、透明感あふれるNZXTケースがスタイリッシュデザインを際立たせるモデル
Core i9の驚異的速度で、あらゆるタスクを効率よく処理するPC

【ZEFT Z45BK スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

スピードとパフォーマンスを求める方必見!頂点を極めるハイスタンダードゲーミングPC
ピークを極めるパフォーマンス、30GBメモリ、RTXが揃い踏みのハイスペックモデル
エレガントな透明パネルから覗くRGB光彩が魅せる、スタイリッシュでユニークなケースデザイン
快速なカルキュレーション、Core i5 14600KFが未来へアクセス

【ZEFT Z45OA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

ゲーム配信をさらに快適に! 周辺機器ガイド

ゲーム配信をさらに快適に! 周辺機器ガイド

配信時の視聴体験を高めるモニター選び

配信時の視聴体験を高める上でモニターの選び方は非常に重要です。

ゲーム配信に最適なモニターは、応答速度が速く、高リフレッシュレートを持っていることが求められます。

特に応答速度は、画像の残像が少なくクリアな視覚効果を提供するために、1ms以下を選ぶことが理想的です。

また、リフレッシュレートは少なくとも144Hz以上が望ましいです。

これにより、動きの速いゲームでも滑らかな映像を保ち、視聴者にとって快適な視聴体験を提供することができます。

次に、解像度も配信の質を左右します。

一般的にはフルHD(1920×1080)が標準ですが、より高い解像度を求める場合は、2560×1440(QHD)または3840×2160(4K)を選択することで、より細かいディテールを視聴者に提供することが可能です。

ただし、高解像度のモニターを使用する際は、それに見合った性能のグラフィックカードも必要になりますので、全体のシステムバランスを考慮することが重要です。

色再現性に優れたモニターを選ぶことも大切です。

IPSパネルやVAパネルのモニターは広い視野角と優れた色彩表現を実現しますので、視聴者がどの角度から見ても鮮明な画質を楽しめるようになります。

これによって、配信内容がさらに引き立てられ、視聴者の満足度を向上させることができるでしょう。

このように、モニター選びは単にスペックだけでなく、どのように視聴者に内容を伝えたいかという配信者の意図も考慮して行う必要があります。

適切な選択をすることで、配信のプロフェッショナルとしての価値を高めることができます。


キーボード&マウス 操作性が配信の質を左右する

ゲーム配信において、キーボードとマウスはただの入力装置ではありません。

操作性と応答速度が高い製品を選ぶことで、配信中のゲームプレイがスムーズに進行し、視聴者にとっても見やすい内容となります。

特に、FPS(ファーストパーソンシューター)やアクションゲームを配信する場合、瞬時の判断と行動が求められるため、高性能なキーボードとマウスは欠かせません。

キーボードにはメカニカルやメンブレンの種類がありますが、メカニカルキーボードはその耐久性や反応速度の速さから多くのゲーマーに推薦されています。

キーストロークごとにしっかりとしたフィードバックを感じることができ、タイピングとゲーム操作が格段に向上します。

また、マウスに関しては、DPI(ドット・パー・インチ)が高いものを選べば選ぶほど、細かいマウスの動きが直接画面に反映され、精密な操作が可能になります。

配信中にはこのような細かな操作が視聴者の印象を大きく左右するため、調整可能なDPI設定を持つマウスが望ましいです。

このほかにも、キーボードのキー配置やマウスの形状が手に自然にフィットするかどうかも、長時間の使用を考慮すると重要です。

快適な配信環境を整えるためには、これらのハードウェアの選択を慎重に行うことが成功への鍵と言えるでしょう。

聴き手を魅了するクリアな音質のヘッドセット

ゲーミング配信において、クリアな音質を提供するヘッドセットは、視聴者とのつながりを深め、配信内容をより魅力的にする重要な要素です。

主にゲームの細かな音や、対話のニュアンスが明確に伝わるため、ユーザー体験が向上し、ファンの獲得や維持に直結します。

適切なヘッドセットを選ぶ際には、音響性能はもちろん、長時間の使用においても快適さを保つことができるかどうかがポイントです。

高いノイズキャンセリング機能を備えたモデルを選ぶことで、周囲の騒音を抑え、自らの声だけをクリアに捉えることができます。

これにより、ゲーム内でのコミュニケーションだけでなく、配信時のオーディエンスとの対話もスムーズに行えるようになります。

また、柔らかく耐久性のあるイヤーパッドは長時間の配信でも耳が痛くなりにくいため、エンドユーザーからのストレスを軽減し、集中力を保ち続けることができます。

さらに、ヘッドセットにはマイクの性能も非常に重要です。

指向性が調整可能なマイクを搭載していると、口元の位置に関わらず一定の音質を保ちつつ、自由な動きが可能となります。

こうした機能を備えたヘッドセットは、配信者が自然体でパフォーマンスを発揮するために役立ちます。

適切なツール選びは、ゲーミング配信者が長期にわたって視聴者との良好な関係を築いていく上で、不可欠な投資です。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーミングPCの納期チェック! いつでも配信スタート

ゲーミングPCの納期チェック! いつでも配信スタート

直販メーカーのリードタイム確認法

直販メーカーからゲーミングPCを購入する際、納期を確認することは配信活動の開始時期を早める上で重要なポイントです。

リードタイム、すなわち製品が注文から出荷されるまでの期間は、メーカーによって異なりますが、通常は数日から数週間とされています。

注文前にリードタイムを確認する方法として、多くのメーカーは公式ウェブサイトに具体的な情報を提示しています。

リードタイムは製品ページやFAQセクション、あるいはカスタマーサービスページに明記されていることが多く、これをチェックすることが推奨されます。

また、年末年始や大型連休、新商品発売時期などは特にリードタイムが延びる傾向があるため、その時期の購入を考えている場合はさらに注意が必要です。

さらに、リアルタイムな情報が求められる場合、直接カスタマーサービスに問い合わせる方法も効果的です。

電話やメール、ライブチャットでの問い合わせが可能なメーカーも多いため、具体的な納期情報をえることができます。

しっかりと情報を集め、計画的に注文することで、効率よく配信活動を開始することが可能となります。

この一手間が、配信者としてのスムーズなスタートを実現します。

BTOメーカーごとの納期変動と対処法

BTOメーカーにおけるゲーミングPCの納期は、需要の高まりや部品の供給状況によって大きく変動することがあります。

特に新しいモデルの発売時期や大型セールの時期は、注文が殺到し、通常よりも納期が延びることが一般的です。

これに対処するためには、いくつかのポイントがあります。

まず、早めの注文が基本です。

新製品の発表があったらすぐに注文を入れることで、納期の延長を少なくとも回避できる可能性があります。

また、より迅速な納品を望む場合は、カスタマイズの選択肢を最小限にすると良いでしょう。

カスタマイズが多いほど組み立てに時間がかかり、結果として納期も長くなります。

それから、異なるBTOメーカーの納期を比較することも一つの手です。

メーカーによっては、より効率的な製造プロセスを持っているため、比較的短い納期で製品を提供できることがあります。

これらの対策を考慮すれば、ゲーミングPCの納期を少しでも短縮し、配信活動をスムーズに開始できるはずです。

配信者必見! ゲーミングPC選びで押さえるべきポイント

配信者必見! ゲーミングPC選びで押さえるべきポイント

冷却性能 長時間配信でも安定したパフォーマンスを

長時間の配信では、PCがフルパワーで動き続けるため、過熱は避けられない問題です。

ゲーミングPCを選ぶ際、冷却性能は重要なファクターとなります。

特にCPUとGPUは高温になりやすい部品で、これらが安定して機能するためには効率的な冷却システムが必要です。

エアクーリングとウォータークーリングが一般的な選択肢で、ウォータークーリングはより優れた冷却効果を提供しますが、メンテナンスや初期コストが高くなる点を考慮する必要があります。

良質なファンの選択も重要です。

ファンはPC内の空気を循環させることで部品を冷却し、高効率のファンは騒音を抑えつつ冷却効果を高めることができます。

たとえば、静音性が高いPWM制御のファンは、使用状況に応じて回転数を自動調整し、効率良く冷却することが可能です。

最終的には、PCケースの選択も冷却性に影響します。

ケースには通風良好なデザインのものを選び、十分なエアフローを確保することが肝心です。

大型ケースやメッシュタイプのフロントパネル、十分な入出気口を備えたモデルが、長時間の高負荷作業に最適です。

このように、ゲーミングPCの冷却システムを適切に設計することで、長時間配信でもパフォーマンスの低下を防ぎ、快適なストリーミング環境を維持できます。

選べるCPUグリスは配信者にとって必須

ゲーミングPCを選ぶ際に、CPUクーラーで使用されるグリスの種類が非常に重要です。

配信者にとっては、長時間の配信で発生する熱を効果的にコントロールする必要があります。

適切なグリスを選ぶことで、CPUの冷却効率が向上し、安定したパフォーマンスを維持できるのです。

特に、高性能を要求されるゲームの配信では、CPUグリスの選択が配信の品質を左右することもあります。

良質なグリスはCPUとクーラーの間の熱伝導を促進し、CPUの熱暴走を防ぎます。

市場には様々なタイプのグリスが存在しますが、特に高い熱伝導率を持つ金属ベースのグリスや、安定した性能を提供するセラミックベースのグリスがおすすめです。

これらのグリスは、長時間の使用にも耐えうる性能を持ち、ゲーミング配信中のPCを最適な状態に保つのに役立ちます。

配信をスムーズに行うためには、これらの点を考慮して、最適なCPUグリスを選ぶことが推奨されます。

価格と性能のジレンマ解消法

ゲーミングPCの選定で多くの人が直面する価格と性能のジレンマは、賢く取り組むことで解消されます。

初心者配信者でも熟練者でも、理想的な性能をお求めやすい価格で実現するためのポイントがいくつか存在します。

まず、用途に応じたスペック選びが重要です。

ゲーム配信では、高解像度のビデオをスムーズに扱うことができるグラフィックカードが必須とされていますが、その他のコンポーネントに関しては、予算に応じてバランス良く選ぶ方法もあります。

特にCPUやRAMは、ゲームの種類によって必要最低限のスペックが異なるため、配信を主眼に置いた場合でも過剰な投資は避けられます。

性能が中程度のCPUでも配信ソフトが適切に設定されていれば、十分なパフォーマンスを発揮します。

また、グラフィックカードに多大な投資をしなければならない場合は、他の部品を少し抑え目にすることで全体のコストをバランス良く抑えることも可能です。

加えて、時期を見計らうことも大切です。

新しいモデルのリリース時期に合わせて、旧モデルが割引されることがよくあります。

このタイミングを利用することで、本来なら手が届かないような高性能なPCをお求めやすい価格で手に入れるチャンスが生まれます。

PCの性能とコスト、二つの要素を上手にコントロールすることで、最適なゲーミングPCを選出するお手伝いができればと思います。


ゲーミングPCの疑問に答えます

ゲーミングPCの疑問に答えます

コンシューマーゲーム機とゲーミングPCの優劣比較

コンシューマーゲーム機とゲーミングPCの比較は、多角的な視点から考察することが重要です。

まず、コンシューマーゲーム機の主な魅力は、手軽さと専用設計にあります。

定価が比較的安価であること、さらには設定やインストールの手間がほとんどない点が、多くのゲームファンにとって魅力的です。

しかし、パフォーマンスの面ではゲーミングPCが一歩リードしています。

ゲーミングPCは高性能なグラフィックカードやプロセッサを搭載しており、非常に高い解像度でゲームを楽しむことが可能です。

また、カスタマイズの自由度が高く、ユーザーの好みに合わせてハードウェアのアップグレードが行える点も大きなメリットと言えるでしょう。

配信活動においては、ゲーミングPCの強みがより明確になります。

高性能なPCは、ゲームプレイの同時録画やストリーミングに必要な処理能力を余裕で確保できます。

また、複数のモニターや高度なオーディオ設定のサポートも充実しているため、配信で求められる多様な機能をスムーズにこなすことができます。

それに対し、コンシューマーゲーム機はこれらの点で限界があるため、本格的な配信を考える場合には少々不向きと言えるかもしれません。

このように、一般のゲームプレイを楽しむ場合にはコンシューマーゲーム機が手軽でコストパフォーマンスに優れていますが、高解像度のゲーム体験や配信活動においてはゲーミングPCがその真価を発揮します。

どちらを選択するかは、ユーザーの用途や予算、さらには求める体験の質によって左右されるでしょう。

IntelとAMD CPUブランドの選択肢

ゲーミングPCの心臓部とも言えるCPUの選択において、IntelとAMDは最もポピュラーな選択肢です。

それぞれのブランドには独自の強みがあり、ゲーム配信においても最適な選択は異なる場合があります。

IntelのCPUは長年にわたる信頼性と高いシングルコアのパフォーマンスで知られ、複雑なゲームや高解像度でのゲームプレイではその力を発揮します。

特に、最新のIntel Core i9シリーズは、高負荷時でも安定したパフォーマンスを提供し、スムーズなストリーミングが可能です。

一方、AMDのRyzenシリーズは、マルチコアの性能に優れており、特に同時に複数の作業を行う必要があるゲーム配信ではその真価を発揮します。

例えば、ゲームプレイをしながら高品質でのライブストリームを行う場合、AMD Ryzenのプロセッサは複数のコアが活躍し、エンコード作業を効率的に処理します。

加えて、価格面での魅力も大きく、同等の性能を持つIntelプロセッサよりもコストパフォーマンスが高いとされています。

ゲーミングPCでのCPU選びは、使用するソフトウェアやゲームの種類、そして予算に大きく依存しますが、IntelとAMDのどちらを選択するかは、最終的には個人のニーズに合わせて決定することが重要です。

それぞれの特徴を理解し、自身の配信スタイルや目的に最適な選択を行うことが、最高のゲーミング体験を実現する鍵となります。

空冷か水冷か 冷却方法の最適解を探る

ゲーミングPCでは高性能なプロセッサやグラフィックカードを使用するため、発熱が大きくなりやすいです。

そのため、効果的な冷却方法を選ぶことが長時間の使用において非常に重要です。

一般的な冷却方法には、空冷と水冷の二種類がありますが、どちらを選ぶべきかは使用環境や好みによって異なります。

空冷はファンを使って熱を逃がすシステムで、そのシンプルさから導入が容易で、コストパフォーマンスに優れています。

また、メンテナンスも比較的簡単で、ファンの掃除や交換くらいで済むことが多いです。

しかし、限界の冷却能力が水冷よりも低いため、非常に高い性能を求める場合には向いていません。

一方、水冷は水を使ったクーリングシステムで、その冷却能力の高さが特徴です。

より安定した温度を保ちながら、静音性にも優れています。

これにより、高負荷な作業が頻繁に行われる配信用のゲーミングPCに最適です。

ただし、空冷に比べて設置が複雑であり、漏水のリスクもゼロではありません。

定期的なメンテナンスも欠かせません。

最終的に、どちらの冷却方法を選択するかは、費用、メンテナンス、性能のバランスを考慮して決定することが望ましいです。

特に配信で長時間稼働させることを考えると、水冷の選択が理想的かもしれませんが、予算や取り組みやすさを重視する場合は空冷でも十分な性能を発揮できるでしょう。

初心者でも分かる! ゲーミングPCの魅力と機能

初心者でも分かる! ゲーミングPCの魅力と機能

ゲーミングPCの基本的な役割と特徴

ゲーミングPCはその名の通り、主にゲームを快適に楽しむために特化したパソコンです。

一般的なPCと比較して、高性能なグラフィックカードや高速なプロセッサー、大容量のメモリなどを搭載しているため、重たいゲームや高解像度のグラフィックスもスムーズに表示できます。

さらに、ゲーミングPCは冷却機能が強化されている点も大きな特徴です。

このため、長時間の使用においてもパフォーマンスの低下が少なく、快適なゲーム環境を保つことができます。

また、ゲーミングPCはカスタマイズ性が高く、ユーザーの好みに応じて部品の交換や追加が可能です。

これにより、さらに性能を向上させたり、自分だけのオリジナルPCを構築する楽しみもあります。

そして、これらの機能はゲーム配信にも最適で、高画質での配信が求められる中で、ゲーミングPCは強力なサポートを提供します。

ゲームだけでなく、動画編集や生放送など、多岐にわたる用途でその性能を発揮することができるため、幅広いユーザーに支持されています。

実は多機能 ゲーム以外にも強いゲーミングPC

ゲーミングPCと聞くと、多くの方は高性能なグラフィックカードや迅速な処理速度がゲームプレイに最適であると考えられがちですが、実はこれらの特性はゲーム以外の用途にも非常に役立ちます。

例えば、ビデオ編集や3Dモデリングなどのリソースを多く要する作業も、ゲーミングPCの強力なスペックによってスムーズに行うことができます。

これは、高品質のビデオカードと高速なプロセッサが、重たいファイルを扱う際に高い処理能力を発揮するためです。

また、ライブ配信やコンテンツの制作においてもゲーミングPCは大きな強みを発揮します。

多くの配信者が高解像度でのストリーミングや複数のアプリケーションを同時に動かすことが求められるため、通常のPCよりも遥かに優れたゲーミングPCの性能が重宝されるのです。

さらに、多くのゲーミングPCはカスタマイズが容易であり、使用者のニーズに応じてさらにメモリやストレージを増設することが可能です。

このように、ゲーミングPCはその名の通りゲームプレイに最適化されていますが、その他の多岐にわたるデジタル作業に対しても強力なサポートを提供する多目的なツールとしても非常に有効です。

それ故に、ゲームだけでなく様々なデジタル作業を快適にこなしたい方にとって、ゲーミングPCは非常に魅力的な選択肢となるはずです。

ゲーミングPCはなぜ光る? ユーザー体験の向上

ゲーミングPCの魅力的な特徴の一つに、その華やかな光り方があります。

これは単なる美観の向上だけではなく、ユーザー体験を大きく左右する要素となっています。

多くのゲーミングPCでは、LEDライトが利用されており、これがシステムのパフォーマンスを視覚的に反映することもあります。

たとえば、CPUやGPUの負荷が高まると、ライトの色が変わることで、使用状況が一目で分かるように設計されていることがあります。

また、カスタマイズ性もゲーミングPCの大きな魅力です。

ユーザーは自分の好みや気分に合わせて、内部のライティングを自由に変更することが可能です。

これにより、その日の気分やゲームのテーマに合わせた環境を作り出すことができ、より没入感を高めることができます。

さらに、光るPCはストリーミングや動画撮影でも視覚的に魅力的な要素となり、視聴者に与える印象を強化します。

このように、ゲーミングPCの光り方は、ただ単に「かっこいい」からだけでなく、実際の使用感においても重要な役割を果たしているのです。

これがゲーミングPCがプロから初心者まで広く支持される理由の一つとなっています。

グラフィックボードはNVIDIAとRADEONどちらがベスト?

グラフィックボードはNVIDIAとRADEONどちらがベスト?

NVIDIAシリーズのパフォーマンスと特徴

NVIDIAシリーズのグラフィックボードは、ゲーミングPCの配信において高い評価を受けています。

その理由の一つに、リアルタイムでの高解像度処理能力が挙げられます。

特に、RTXシリーズはレイトレーシングとテンソルコアを搭載しており、その結果、映像のリアリティが格段に向上しているのが特徴です。

これにより、配信中のゲームの映像がより鮮明で滑らかになり、視聴者に高品質な体験を提供できます。

また、NVIDIAはDLSS(Deep Learning Super Sampling)技術を利用していて、AIを活用した映像のアップスケーリングが可能です。

この技術によって、低解像度の映像を高解像度の映像に変換し、配信時のパフォーマンスを効果的に向上させています。

これが、配信者にとって大きなアドバンテージとなっています。

さらに、NVIDIAのENCODER(NVENC)は、高品質なストリーミングが可能であり、CPUの負担を減らすことができるため、ゲームプレイと同時の配信がスムーズに行えます。

以上のように、NVIDIAシリーズのグラフィックボードは配信用ハードウェアとして優れた選択肢です。

高性能な映像処理技術とAIによる支援が、配信者にとって必要不可欠な支援を提供してくれるため、多くのゲーム配信者に支持されています。


RADEONシリーズで体験するゲームの世界

ゲーミングPCにおける最適なグラフィックボードの選択は、ゲーム体験に直結する重要な要素です。

特にRADEONシリーズは、その高いコストパフォーマンスと優れたイメージクオリティで注目を集めています。

RADEONシリーズのグラフィックボードは、AMD社が提供する最新のテクノロジーを駆使しており、多くのゲーマーにとって魅力的な選択肢となっています。

例えば、RADEON RX 7000シリーズは、その強力なグラフィックス性能とリーズナブルな価格設定で、ゲーミングPCユーザーから高評価を受けています。

このシリーズは、リアルタイムレイトレーシングやAIによるイメージの向上といった先進的な機能をサポートしており、現代のゲームが要求する高度なグラフィック処理を見事にこなします。

加えて、RADEONのグラフィックボードは非常にエネルギー効率が良く、長時間の使用でもその性能を維持することができます。

このため、長時間にわたるストリーミング配信や、高負荷がかかるようなゲームセッションでも、システムの安定性を保ちやすくなっています。

RADEONシリーズは、優れたビジュアル体験を提供するだけでなく、それをサポートする豊富なソフトウェアとの互換性も魅力の一つです。

多くのゲーム開発者がRADEONのプラットフォームを最適化しており、これによりゲーマーはより滑らかでリアルなゲーミング体験を享受することができます。

このように、RADEONシリーズのグラフィックボードは、ゲーミングだけでなく配信にも最適な選択であり、多くのプロフェッショナルやハードコアなゲーマーに支持されている理由がよくわかります。

ゲーミングPCで達成するクリエイティブワーク

ゲーミングPCで達成するクリエイティブワーク

ゲーム配信以外にも! クリエイターへのメリット

ゲーミングPCは、その高性能なハードウェアにより、ゲーム配信だけでなく、さまざまなクリエイティブな作業にも最適です。

例えば、ビデオ編集や3Dモデリング、デジタルアートの制作など、要求される処理能力が非常に高い作業でも、ゲーミングPCはスムーズに対応することができます。

この高い処理能力は、複数のソフトウェアを同時に稼働させる際にもその力を発揮し、効率的なマルチタスク処理を可能にします。

さらに、ゲーミングPCの拡張性により、ユーザーは将来的なニーズに合わせて容易にアップグレードが可能です。

これにより、長期にわたって最新のソフトウェアやツールに対応し続けることができるため、クリエイターとしてのスキル向上とともに、ハードウェアのポテンシャルも最大限に活用することができます。

これらの特性は、クリエイターにとって大きなメリットをもたらし、創造的な活動の幅を広げる手助けとなるでしょう。

動画編集からAIアプリケーションまで

ゲーミングPCはただゲームを楽しむためだけではなく、クリエイティブな作業にも非常に適したハードウェアです。

動画編集では、高解像度の映像をスムーズに扱う能力が求められますが、ゲーミングPCの強力なグラフィックカードと高速なプロセッサは、大容量の映像データの処理を効率良く行うことができます。

さらに、複数のソフトウェアを同時に動かすマルチタスク処理も、豊富なRAMと強力なCPUによって、快適に行なえます。

また、AIアプリケーションの使用においても、ゲーミングPCは大きな優位性を持っています。

AI技術を活用したコンテンツの生成や、ディープラーニングによるデータ解析など、計算処理が重い作業を行う際に、ゲーミングPCの高性能が大いに貢献します。

これらの技術は、特にクリエイティブな内容を制作する際にその性能が光り、作業効率の大幅な向上を実現することでしょう。

このように、ゲーミングPCは動画編集やAIアプリケーションといった高度なクリエイティブ作業を支える強力なツールとして、その力を存分に発揮します。

自分に最適なBTOメーカーを見つけよう

自分に最適なBTOメーカーを見つけよう

BTOメーカーの基準と選び方

適切なBTOメーカーを選ぶことは、ゲーミングPCからの配信設定において非常に重要です。

ここでは、BTOメーカーを選ぶ際の基準に注目し、どのように選び方を進めれば良いかを掘り下げます。

まず、品質と信頼性が求められます。

長時間の使用や高負荷が予想されるゲーム配信では、故障の少ない確かな品質が必須です。

PCが故障することなく、長期間にわたって最高のパフォーマンスを発揮するメーカーを選びましょう。

次に、カスタマイズの自由度の高さです。

使用するゲームや配信の内容によっては、特定の機能や性能が求められることがあります。

そのため、部品一つ一つを自由に選べるメーカーは、それぞれのニーズに合わせた最適なPCを組み上げることができます。

また、将来的なアップグレードのしやすさも重要です。

容易にパーツ交換ができることで、技術の進化に応じてPCを最新の状態に保つことが可能になります。

サポート体制も見逃せません。

万が一のトラブルや疑問点に迅速かつ的確に対応してくれるサポートは、ストレスなく配信活動を続けるためには欠かせません。

特に初心者の方がスムーズに活動を始められるよう、充実した顧客サポートを提供するメーカーを選ぶことが望ましいです。

以上の点を基準に、各メーカーの評価やレビューを参考にして、自分の配信活動に最適なパソコンを提供してくれるBTOメーカーを見極めることが大切です。

自身のニーズを満たす、信頼できるメーカー選びに是非時間をかけてください。

自作に近いカスタマイズが可能な入門者向けBTO

自作に近いカスタマイズが可能な入門者向けBTOとは、ゲーミングPCの配信用に特に推奨される選択肢の一つです。

この種のBTOメーカーを利用することで、自分のゲーミング環境や配信のニーズに合わせた高度なカスタマイズが可能となります。

例えば、CPUやGPUは配信時のエンコード作業に大きな影響を与えるため、これらの部品をカスタマイズして選ぶことができますね。

さらに、メモリーやストレージの拡張も簡単に行えるため、将来的にスペックアップが予想される場合でも柔軟に対応することができます。

また、入門者が最適なPCを構成する際に、親切かつ具体的なアドバイスを提供するカスタマーサポートもBTOの魅力です。

こうしたサポート体制は、自作PCに挑戦するのが初めての方にも安心感を与え、更には構築過程で技術的な知識が深まるきっかけともなります。

これにより、使用者は自身のPCに対する理解を深めつつ、自分だけの最適なゲーミングセットアップを実現することができるわけです。

配信を念頭に置いたゲーミングPCを選ぶ過程は、ただ高性能な部品を選ぶだけではなく、自分の配信スタイルに合ったカスタマイズを行うことが重要です。

そのために、入門者向けのBTOメーカーの利用は、最初の一歩を踏み出すのに非常に有効な手段と言えるでしょう。

あわせて読みたい

RTX4070Ti SUPERの可能性 究極のゲーミングPC構築ガイド

BTOゲーミングPCランキング

スムーズなゲーム体験のための ゲーム用パソコン選びのコツ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

美麗グラフィックのためのおすすめBTOゲーミングPCパーツ選び

静音PC探求道

ゲーミングPCカスタム戦略 オーバークロックで勝利を掴め

ちょっとええゲーミングPC

静音PCの新基準! おすすめモデルの性能と使いやすさ比較

ゲーミングPC探訪

美しいAIイラストを創造するためのおすすめPCカタログ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

パソコン選び方革命! 2024年おすすめモデルで快適PCライフ

BTOパソコンはBuild To Orderの略

おすすめ静音PCが変える作業環境! 重要スペック徹底解説

BTOゲーミングPCランキング

必見! 映像制作用パソコンの最新性能比較とおすすめモデル

ちょっとええゲーミングPC

長時間作業もラクラク! Core i7搭載おすすめ耐久性PC

静音PC探求道

BTOパソコン選び! フルカスタマイズで理想を現実に

BTOパソコンはBuild To Orderの略

最高の視聴体験を提供する! おすすめライブ配信PCの裏技

ゲーミングPC探訪

静音PCマスターガイド 最新おすすめ仕様と購入ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

RTX4080 SUPERの力を信じて! 次世代VR ゲーミングPC構築の秘訣

BTOゲーミングPCランキング

創造力爆発! Stable Diffusion稼働のおすすめ高速PC

ちょっとええゲーミングPC

スペックで比較する! パソコンの性能確認完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

プロの技を支えるPC AIイラスト自動生成で求められるスペック完全解説

BTOゲーミングPCランキング

AI画像生成PC必要スペック 用途に応じた最良の選択

ちょっとええゲーミングPC

ゲームが変わる速度と品質 おすすめRTX4080 SUPERゲーミングPC分析

静音PC探求道

静音PCおすすめランキング 2024年最新エディション

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

AIイラストクリエイター向けの最強おすすめPC

ゲーミングPC探訪

音楽制作PCの知識アップデート 今DAWの作曲家が選ぶべきスペックとは?

BTOパソコンはBuild To Orderの略

2024年最新版!パソコンBTOおすすめ構成パターン

BTOゲーミングPCランキング

快適作業の新基準! WEBデザイナー向けパソコンのおすすめ仕様

静音PC探求道

ベストパフォーマンス! 動画制作者向け最強パソコン決定版

ちょっとええゲーミングPC

カスタマイズ力抜群! 注文前に知るべきパソコン構成の黄金比

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ガチゲーマーのためのRTX4080 SUPER ゲーミングPC ⁠究極のパフォーマンス

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCビルダーが明かす 究極のおすすめカスタマイズ術

BTOゲーミングPCランキング

ライブ配信向けおすすめPC選定 効率的に選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作に最適なパソコン選び 性能別おすすめモデル紹介

静音PC探求道

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次