ゲーム実況のパフォーマンスを高めるおすすめPC選び

目次

ゲーム実況用のPC選び ハイエンド機種が必要な理由

ゲーム実況用のPC選び ハイエンド機種が必要な理由

ゲームの快適性と実況のクオリティ

ゲーム実況用のPC選びでは、ハイエンド機種が推奨される理由は、ゲームプレイの快適性と実況のクオリティに直結するからです。

高品質な映像を滑らかにストリーミングするためには、強力なグラフィックスカードが必要不可欠です。

これにより、視聴者に高解像度でクリアな映像を提供し、ゲームのイマーシブな体験を共有できます。

また、CPUの処理能力も重要で、特に同時にゲームをプレイしながら配信ソフトウェアを動かす際には、複数の処理を効率よくこなすことが求められます。

応答速度の遅延を最小限に抑えるためにも、ハイエンドなPCが必要です。

さらにメモリ容量も重要です。

適切なメモリ容量があれば、ゲームと実況のプロセスがスムーズに実行され、エラーやクラッシュのリスクを減らすことができます。

実況者が話す音声やゲームからのサウンドも、クリアで遅延なく配信するためには高性能なサウンドカードとマイクが必要です。

これらの要素が揃って初めて、視聴者が快適にゲーム実況を楽しむことができ、実況者のファンを増やすことに繋がるのです。

これらの理由から、ゲーム実況で使用するPCはただゲームを動かすだけではなく、配信のクオリティの維持向上においても大きな役割を果たすため、ハイエンド機種への投資は非常に重要と言えます。

高性能なPCがあれば、実況者は技術的な不安に悩まされることなく、コンテンツ制作に集中でき、結果的に視聴者にとっても価値のある体験を提供できるのです。

ストリーミング時のCPUとGPUの役割

ストリーミング時において、CPUとGPUが果たす役割はそれぞれ極めて重要です。

CPUは、ゲームの実行プロセスはもちろんのこと、エンコード処理にも影響を与えます。

これはストリーミングソフトウェアが、生のゲーム映像を圧縮して視聴者へ送信可能な形に変換する作業です。

一方、GPUはグラフィックスの質を高め、ゲーム体験を向上させることで実況に華を添える役割を持っています。

また、近年のGPUはNVIDIAのNVENCやAMDのVCEのような専用のハードウェアエンコーダーを内蔵しており、CPUに比べて効率的なストリームエンコード作業が可能です。

これにより、実況者は高解像度かつ高フレームレートのゲーム配信を滑らかに行うことができるわけです。

実のところ、両者は密接に連携しており、ゲーム実況用のPCにおいては単にスペックが高いだけでなく、この二つの部品が適切に機能し合うことで初めて実況のパフォーマンスが向上します。

特にライブストリーミングはリアルタイム処理が求められますから、余裕を持ったパフォーマンスが不可欠です。

高品質なストリームを提供し続けるためには、ハイエンドなCPUとGPUを搭載したPCの選択が理にかなっており、これは長期にわたり満足のいく実況を続ける上での確かな投資となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41293 2387 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38703 2052 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38627 2024 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29341 2015 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28939 1945 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27116 2020 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22141 1925 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20423 1991 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19563 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17783 1794 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15333 1957 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格

高負荷環境下での遅延を防ぐためのポイント

ゲーム実況用のPCを選ぶにあたって、ハイエンド機種の重要性は非常に高いです。

特に、高負荷環境下での遅延はゲーム実況者にとって致命的な問題となり得ます。

ゲームをプレイする際に求められるリアルタイムの応答速度と、画質や音質が高品質であることが視聴者の満足度を左右します。

そのためには、優れた処理能力と高速なグラフィックレンダリングを実現するCPUやGPUが求められます。

さらに、実況動画のエンコードや生配信のためには、十分なメモリと高速なストレージが必要です。

SSDへの投資は動画の読み込み速度やゲームのローディング時間を大幅に削減し、ストレスフリーな環境を実現します。

また、冷却システムにも目を向けるべきです。

ヘビーなゲームプレイと長時間の配信はPCを常にハイパフォーマンスで動かすため、適切な温度管理がシステムの安定性に直結します。

このような要素をしっかりと押さえたハイエンドPCであれば、負荷が高くなる状況でも余裕を持ってパフォーマンスを保つことができるため、安定したゲーム実況が可能です。

視聴者に対して高品質なコンテンツを提供するためにも、ハイエンド機種の選択はゲーム実況者にとって非常に価値ある投資と言えるでしょう。

ゲーム実況PCの最適なスペック解説

ゲーム実況PCの最適なスペック解説

RAMの容量と速度 実況ストリーマーへの影響

ゲーム実況PCの心臓部とも言えるRAMの容量と速度は、ストリーミングのクオリティに直接的な影響を与える重要な要素です。

RAMが豊富に搭載されていると、複数のアプリケーションを同時にスムーズに運用することが可能となり、ゲーム実況中にも視聴者とのコミュニケーションをとりながら、配信ソフトウェアや各種ツールを瞬時に操作できる柔軟性を得られます。

例えば、16GBあるいはそれ以上のRAMは、高解像度でのゲームプレイと同時録画、ストリーミングを快適にこなすための基準とされています。

さらに、RAMの速度についても見逃せません。

速度が速いほど、データへのアクセスとその処理が迅速に行われ、結果として画面に表示されるゲームの映像がより滑らかになります。

応答速度が求められる実況では、このような無駄のない高速アクセスが視聴者に良質な視聴体験を提供します。

この観点から、DDR4メモリで3000MHz以上の速度を選ぶことが好ましいでしょう。

実況者が無視できないのは、RAMのクオリティと構成のバランスです。

単に大容量のRAMを搭載するだけでなく、速度やタイミングの最適化を行うことで、PC全体のパフォーマンス向上に寄与します。

特にゲームのローディング時間の短縮やFPS(フレームレート)の安定化など、視聴者にとっても実況者にとっても快適性をもたらすポイントです。

結果として、ゲーム実況PCにおいて、RAMはただのサポート役ではなく、高いパフォーマンスを実現させる上での必須要素となります。

適切な容量と速度の選定を行い、スムーズで高品質なストリーミングを心がけることが、魅力ある実況へとつながっていくのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ストレージ選び SSD対HDDのメリットとデメリット

ストレージ選びはゲーム実況PCの性能にとって重要な要素であり、SSDとHDDでは将来的なパフォーマンスに大きな違いがあります。

SSDは、その高速な読み書き速度でOSやアプリケーションの起動時間を短縮することができますし、ゲームのロード時間も劇的に速めることができるため、スムーズな実況体験に繋がります。

一方で、HDDは比較的安価で大容量を提供するため、大量のゲームデータや録画ファイルを保存する場合に便利です。

しかし、HDDは移動部品を使用しているため、振動や衝撃に弱く、また動作音がSSDよりも大きいというデメリットがあります。

反対に、SSDは静かかつ耐久性に優れ、高速なデータアクセスが可能であるため、ゲーム実況時のパフォーマンスを向上させることができますが、1GBあたりのコストはHDDと比較して高めです。

このように、SSDとHDDはそれぞれメリットとデメリットがありますが、ゲーム実況PCにおいては、実況中の快適さを高めるためにもSSDの導入を優先することを推奨します。

そして、購入する際には読み書きの速度だけでなく、耐久性や信頼性も考慮して、長期間にわたる使用に耐える品質の高いモデルを選択することが重要です。

もちろん、大容量のストレージが必要な場合は、SSDとHDDを組み合わせて用いることで、速度と容量のバランスを取ることも一つの賢い選択肢となるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45YA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45YA

ゲームも仕事も、これ一台! 高性能なアドバンスドミドルクラスゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載、強力なグラフィックと迅速な32GBメモリで快適バランス
魅せるパフォーマンス! COSMOS C700Mケースで洗練されたデザイン性
マルチタスクを駆け抜ける、強力Core i7のパワーで限界を超えろ

【ZEFT Z45YA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster COSMOS C700M
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45YA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

熱いバトルを支配する、プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
力強い性能の調和―32GBメモリと1TB NVMe SSDの極上の組み合わせ
視覚を刺激する、Corsair 5000X RGB―美しさが光るケースに息をのむ
Core i7の力で未来を切り拓く―応答速度と効率性を兼ね備える

【ZEFT Z45ACR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT R57J

パソコンショップSEVEN ZEFT R57J

高性能ゲーミング、エフォートレスな快適プレイを支える信頼のモデル
均整の取れた32GBメモリと速攻ストレージ、快速ゲーム環境を提供
透明な美しさ、CM694 TGが光るRGBの輝きを映し出すPCケース
アルティメットパワー、Ryzen 9 7950Xがもたらす余裕の処理性能

【ZEFT R57J スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

ゲーマーの心を掴む、高性能で均整の取れたこのゲーミングPC
群を抜く64GBメモリと先進のRTX 4060Ti、新たなゲーム体験をコミット
白く輝くNZXTケース、熱い戦いもクールダウンさせるH7 Flow RGBマシン
多くを要求されるタスクにも余裕のCore i7-14700KFを搭載したこのPC

【ZEFT Z45AGD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

必要十分なグラフィックスカードの選び方

ゲーム実況PCの心臓部とも言えるグラフィックスカードは、滑らかなゲームプレイと鮮明な映像出力のために欠かせない要素となります。

特に、高解像度でのゲーム配信を行う場合や、複数のモニターを使用する環境では、適切なグラフィックスカードの選択がパフォーマンスに直結します。

選び方の重要なポイントとしては、まず対応する最新のゲームたちが快適に動作するレベルの性能を確保することが挙げられます。

現行のゲームタイトルを基準に、中~高設定で安定して60FPS以上を出力可能なモデルを選ぶと良いでしょう。

さらに、ゲーム実況においては、ゲームプレイと同時に高品質な映像を配信するためのコーディング負荷が非常に高くなりますから、エンコードに影響を与えないよう、最適なグラフィックスカードを選ぶことが重要です。

こういった場合、NVIDIAのNVENCやAMDのVCEといった専用エンコード機能を搭載したモデルが推奨されます。

また、将来のゲームやアップデートにも対応できるよう、余裕を持ったスペックを選んでおくことで、買い替えの頻度を減らし、長期的に見てコストパフォーマンスも向上させることができます。

グラフィックスカードはゲーム実況における映像品質を左右するだけでなく、実況者の体験そのものに影響を与えるため、選び方一つで実況のクオリティが大きく変わってくるのです。

適切な選択によって、エキサイティングなゲーム実況と視聴者に印象深い視聴体験を提供しましょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36256 73178 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30150 72481 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29194 67457 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26224 66647 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23780 54934 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19968 49834 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19278 50474 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18007 45295 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17026 41904 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13489 34167 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13488 34611 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13372 33986 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12490 29992 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10849 31334 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10677 28218 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10668 27150 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7351 19370 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6285 15837 130W 公式 価格

予算別おすすめゲーム実況PC

予算別おすすめゲーム実況PC

エントリーレベルで探す価格とパフォーマンスのバランス

ゲーム実況のエントリーレベルPCを選ぶにあたり、価格とパフォーマンスのバランスは非常に重要です。

コストパフォーマンスを重視したい場合、十分な処理能力を持つ中古やリファービッシュモデルを選択するのも一つの手ですが、安定した動作には新品を選ぶことをおすすめします。

予算は10万円前後が妥当なラインと言えるでしょう。

グラフィックの処理能力も考慮すべきポイントです。

最新のゲームを滑らかにプレイしつつ、同時に配信するためには、NVIDIAのRTX3050やAMDのRadeon RX 7700といったミドルレンジのグラフィックカードを搭載したPCであれば、快適なゲーム実況が可能です。

また、CPUはゲームプレイと配信のどちらも同時に行うことが多いため、多くのコアを持つAMD Ryzen 5シリーズやIntel Core i5シリーズが理想的です。

さらに、快適なゲーミング体験を実現するためには、RAMは最低でも8GBを目安に、できれば16GBを搭載することをおすすめします。

ストレージに関しては、システムの応答速度を高めるSSDを起動ドライブとして選び、大容量データの保存にはHDDを併用するのが賢明です。

このように、価格とパフォーマンスのバランスを取りながら、ゲーム実況に適したスペックを見極めることが、エントリーレベルのPC選びにおいて重要な鍵となります。

適切な機種選びは、視聴者にとっても、実況を行う本人にとっても、より一層の楽しさをもたらすことでしょう。

ミドルレンジPCでのベストバリュー選択

ゲーム実況パフォーマンスを最大限に引き出すには、その中核をなすPC選びが欠かせません。

今回ご紹介するのは、ミドルレンジのPCですが、ここではベストバリューというコンセプトに焦点を当てます。

ベストバリューとは、コストパフォーマンスのバランスを最適化し、リーズナブルな予算の中でも、ゲーム実況に必要な要素をしっかりと備えているPCを選ぶこと。

特に、充実したマルチタスク処理能力と高いグラフィックス性能が求められる実況PCでは、適切なCPUとGPUの選定が成功の鍵を握ります。

具体的なモデルとしては、第10世代または11世代のIntel Core i5またはAMD Ryzen 5シリーズが好バランスなCPUとして推奨されます。

これらは価格の割に優れた複数コアのパフォーマンスを有し、一般的なゲームプレイからストリーミングまでスムーズにこなせます。

GPUに関しては、NVIDIAのGeForce RTX4060やAMDのRadeon RX 7600 XTが、中価格帯ながら優秀なグラフィックス出力を実現してくれるでしょう。

さらに、ゲーム実況中の速やかなデータアクセスのため、SSDは最低1TB、できれば2TBを推奨し、RAMは16GBが理想的です。

これにより、多くのゲームや同時進行するストリーミングソフトウェアでも、円滑なパフォーマンスを維持できます。

加えて、高速なインターネット接続と適切なクーリングシステムは、長時間の実況においてもPCを安定稼働させるためには不可欠です。

このように、ミドルレンジのPCを選ぶにあたっては、高過ぎず低過ぎない、バランス良くパフォーマンスを担保できる構成が要されます。

仮想の舞台を鮮明に伝え、視聴者を楽しませるゲーム実況者には、これらのスペックがまさにベストバリューと称される理由があるのです。


ハイエンドPCの圧倒的パフォーマンスと未来性

ハイエンドPCは、ゲーム実況においてその名の通り、圧倒的なパフォーマンスを提供すると同時に未来に向けた投資となります。

高品質のゲームプレイをスムーズに配信し、視聴者に最高の体験を与えたい実況者にとっては、このクラスのPCが最適です。

最先端のプロセッサと高速なグラフィックカードを搭載することで、最新のゲームでも快適に実行することが可能であり、カクつきやラグの心配をすることなく、リアルタイムでの配信が実現します。

さらに、ハイエンドPCは複数のタスクを同時に処理する能力が高く、ゲームプレイの録画、編集、ストリーミングといった多様な作業を一台でこなすことができます。

高解像度での配信や、複数のカメラアングルを使用した高度な演出も可能となり、視聴者の満足度を一層高めることができます。

未来性という面に目を向けると、ハイエンドPCは発売されたばかりのゲームはもちろん、数年内にリリースされるであろう技術的要求が厳しいタイトルにも対応できる余裕を持っています。

このため、頻繁なアップグレードや交換の必要性が低く、長期的な視点でコストパフォーマンスも優れています。

ゲーム実況者がビュワーに忘れがたいインパクトを与えるためには、PC選びが成功の鍵です。

ハイエンドPCを選ぶことは、プロフェッショナルな実況生活を考えたときに、確かな一歩を踏み出すことに他ならないでしょう。

ゲーム実況のための周辺機器とセットアップ

ゲーム実況のための周辺機器とセットアップ

快適な実況環境を作るモニター選び

ゲーム実況のパフォーマンスを最大限に引き出すためには、適切なモニター選びが不可欠です。

ゲームの細部までクリアに映し出せる高解像度のモニターは、実況動画の視聴体験を格段に向上させます。

特に、高解像度である1440p以上を選ぶことで、視聴者にとっても美しい映像を提供できるだけでなく、ゲーム内の小さな動きも逃さず捉えることができるようになります。

また、実況時の快適性を保つためには、リフレッシュレートの高いモニターが理想的です。

144Hz以上のリフレッシュレートを持つモニターは、動きの速いゲームシーンも滑らかに表現し、視聴者にストレスのない映像を提供します。

応答速度も重要な指標であり、1ms程度のものを選べば、画面の遅延が少なく、よりリアルタイムに近い実況が可能となります。

さらに重要なポイントとして、色再現性に優れたIPSパネルのモニターを選ぶことをお勧めします。

IPSパネルは広い視野角を持ち、どの角度から見ても色の変化が少ないため、実況者がゲームに集中している横顔でも、視聴者への色彩の正確な伝達が可能です。

実況にはアイキャッチとしての価値もあるので、デザイン性に優れたモニターを選ぶことも視聴者へのプラスになります。

スタイリッシュでベゼルレスのモニターなどは、視聴者の目を引くと同時に、実況者自身も快適な環境でプレイを楽しめることでしょう。

ゲーム実況の品質を向上させるためには、こうしたモニター選びの細かな配慮が重要です。

おすすめのPCと合わせて、最適なモニターも選んでいただき、視聴者に最高の実況体験を提供してください。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

スタンダードミドルクラスのゲーミングPC、バランスとパフォーマンスを兼ね備えたマシン
RTX 4070搭載、Core i7の力で非凡な体験を提供するスペックに注目
シンプルで洗練されたスチールパネルのミドルタワーケースが、どんな部屋にもフィット
パワフルなCore i7 14700F、タスクの切り替えもスムーズに行うプロ級CPU

【ZEFT Z47AN スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47R

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47R

ミドルクラスを凌駕するパフォーマンス、究極のゲーム体験をコミットするゲーミングPC
重厚な64GBメモリ、最新グラフィクスで、パワフルかつ均衡の取れた性能を実現したモデル
コンパクトながら目を惹くキューブ形状、清潔感溢れるホワイトケースが空間を彩るマシン
最先端を行くCore i5 14400F搭載、快適な操作性をサポートするCPU搭載PC

【ZEFT Z47R スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47R

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

ゲームもクリエイティビティもこのミドルハイレベルのマシンが切り拓く、次世代エンターテイメントの世界
絶妙なバランスで構築された32GB DDR5メモリと2TB SSD、ムダのないパワーハウス
クリアパネルから覗く内部の美しさと、ホワイトケースが織りなすスタイリッシュなサイズ感
AMD Ryzen? 7 7800X3D - 革新が生んだイノベーティブクオリティ、タスクを軽々とこなすCPU

【ZEFT R47AB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7900XT (VRAM:20GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R55AE

パソコンショップSEVEN ZEFT R55AE

研ぎ澄まされたパフォーマンスが際立つ、アドバンストスタンダードのゲーミングPC
コスパ抜群!64GBのメモリと最新RTXが織り成す驚異のスペックバランス
Pop XLのケースに、RGBの輝きが宿る。大迫力のデザインながら、洗練されたサイズ感
新時代を切り拓くRyzen 5 7600、スムーズなマルチタスクをコミット

【ZEFT R55AE スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R55AE

実況者必見! 役立つオーディオ機器

あなたが心を込めて配信するゲーム実況の世界では、クリアで臨場感あふれる音声は視聴者を魅了するために欠かせません。

優れたオーディオ機器には、高品質なマイクロフォンとノイズキャンセリング機能を備えたヘッドセットが必須です。

ゲームプレイに集中しながらも視聴者とのリアルタイムのインタラクションを楽しむためには、快適に長時間装着できるヘッドセット選びが重要です。

また、多機能なオーディオインターフェイスを利用することで、マイクレベルの調整はもちろん、複数の音源を効果的にミックスすることができ、より専門的な音声制御を実現します。

高品質のストリームには、サウンドカードの搭載もポイントです。

内蔵または外部のサウンドカードを利用することで、ゲームのサウンドトラックや効果音がリッチになり、視聴者はまるで自分がゲームの中にいるかのような体験を味わえます。

さらに、生放送時の音声トラブルに迅速に対応するためには、事前に音量調整機能やエコーキャンセル機能を備えた機器を選ぶことが肝要です。

実況配信のプロフェッショナルな道を歩む上では、音声の明瞭さと魅力を向上させる機器に投資することが、成功のカギとなります。

視聴者が快適に聴ける高品質な音を提供できるかは、ゲーム実況者としての差別化を図り、ファンを獲得する大きなチャンスです。

ストリーミングを快適にする入力デバイス

ゲーム実況のパフォーマンスを向上させるための周辺機器では、特に入力デバイスが重要な役割を果たします。

なぜなら、ストリーミングの際、ゲームはもちろんのこと、視聴者とのコミュニケーションもスムーズに行う必要があり、そのための快適な操作が求められるからです。

具体的には、レスポンスの良いキーボードは、プレイヤーが素早い入力を必要とするゲームのために欠かせません。

また、複数のプログラムを同時に扱う実況では、ショートカットキーを自由に設定できるカスタマイズ性の高いモデルが望ましいです。

快適なマウスもまたゲーム実況では中心的なデバイスです。

精密な操作を求められるゲームにおいて、追尾性能の高いマウスは、プレイヤーが感じるストレスを軽減します。

さらに、ストリーミング中において重要なのが、デバイスの耐久性です。

長時間使用する実況では、耐久性の確保は不可欠で、壊れにくい信頼のおけるブランドを選択することが重要です。

音声入力であるマイクも重視すべきで、クリアな音質で視聴者に声が届くよう、ノイズキャンセリング機能付きのモデルを選ぶべきです。

これにより、実況に集中している際も、背景のノイズを気にすることなく、視聴者との対話を楽しむことができます。

これらのデバイスの選定は、ゲーム実況のパフォーマンスを大きく左右します。

実況者のスキルを最大限に引き出しつつ、視聴者に快適な視聴体験を提供するためにも、慎重に選び、セットアップすることが肝心です。

ストリーミングの質を高め、魅力的なゲーム実況を目指している方々にとって、これらの入力デバイスの選び方が、成功への近道となるでしょう。

PCの冷却システムとゲーム実況への影響

PCの冷却システムとゲーム実況への影響

エアクーリングとリキッドクーリングの違い

エアクーリングとリキッドクーリングは、ゲーム実況を行うPCにおいて、冷却システムを選ぶ上で欠かせない要素となっています。

エアクーリングは、ファンを使用して熱を放散する一方で、リキッドクーリングは液体冷却剤を用いて熱を移動させます。

特にゲーム実況では高いパフォーマンスを長時間維持する必要があり、その熱管理がクリティカルなのです。

エアクーリングシステムは、そのシンプルな構造とメンテナンスのしやすさから、多くのユーザーに愛用されています。

また、コストパフォーマンスに優れているため初心者にも推奨されがちです。

しかし、高負荷が続くゲーム実況の場面では限界があることも理解しておく必要があります。

それに対しリキッドクーリングは、その優れた冷却能力で高温下でも硬直することなく、安定したパフォーマンスを提供します。

このシステムは放熱を効率良く行い、低温を維持することが可能ですので、ハイエンドなPCで長時間にわたるゲーム実況を計画している方には特に適しています。

ただし、リキッドクーリングはエアクーリングに比べてコストも高く、構成も複雑です。

設置やメンテナンスにはある程度の知識と技術が求められます。

そのため、熱に敏感な高スペックな構成のPCを使用し、安定した冷却環境を確保したいユーザーにとって、リキッドクーリングシステムは理想的な選択となるでしょう。

ゲーム実況という高い負荷がかかるシーンでは、しっかりとした冷却システムへの投資が、長期にわたって安定したパフォーマンスを保つための鍵です。

そのために、エアクーリングとリキッドクーリングの特徴を理解し、自身の用途に合ったシステムを選ぶことが肝心です。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パワーゲーマー必見、高性能Core i7で現実を超える体験を!華麗なゲーミングPC
RTX 4070搭載、速攻で勝利を掴む!バランス重視で選ぶならこのモデル
クリアサイドパネルが輝くミドルタワーケース、洗練されたデザインのゲームマシン
インテル最新の力、Core i7-14700F!スムーズなマルチタスクで快適PCライフを

【ZEFT Z47VJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

力強いパフォーマンスをエンジョイする、激戦を制すファンクショナルミドルクラスゲーミングPC!
64GBメモリ搭載、 RTX 4060Tiで、グラフィックもメモリもバランスよく快適プレイ!
クリアサイドパネルで内部が輝く、ミドルタワーケースでスタイリッシュなデスクトップ!
圧倒的な処理スピードを実現する、最新Core i9が可能性を拡大

【ZEFT Z45BH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYW

ゲーミングの域を超えた快適性能、エフォートレスクラスのスムースマシン
ピークパフォーマンスと高速ストレージ、16GBのメモリでバランス良く駆動
見た目もクール、Fractalの大きな窓から漏れるRGBがアクセントのデザインPC
頂点を目指すあなたに、i9-14900Fの圧巻の処理能力

【ZEFT Z47BYW スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

高性能Core i7とRTX 4060が織りなす、上質なバランスのゲーミングPC
快適プレイを支えるトリプルスペック!16GBメモリと1TB SSDの黄金配合
Silencio S600は静寂そのもの。デザインとサイズ感が生み出す上品PCケース
最新Core i7が躍動!負荷の大きなタスクも余裕で駆け抜ける

【ZEFT Z47AC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

冷却性能とPCのパフォーマンスの関係性

高性能なPCを運用する際には、適切な冷却システムの構築は欠かせません。

ゲーム実況者が見落としがちですが、長時間の放送で熱を帯びやすい機器内部の環境を保つためには、冷却性能が直接PCのパフォーマンスに影響を及ぼします。

画像が精細でフレームレートが高いゲームは、特に多くのリソースを消費し、CPUやGPUは顕著に熱を発します。

これらが過熱すると、熱暴走を引き起こし、フレーム落ちや予期せぬクラッシュを生じさせる危険があります。

また、PCのコア部品は熱に弱いため、冷却システムが不十分だとその耐久性も著しく低下します。

これにより、頻繁なメンテナンスや部品の交換が必要となり、費用が増えるだけでなく、実況のスケジュールにも支障を来すことになります。

つまり、安定したパフォーマンス維持のためには、エアフローやリキッドクーリングといった適切な冷却システムを選択し、常に最適な温度状態でPCが稼働するように心がけることが求められます。

冷却システムがきちんと機能しているかどうかは、実況中に最高のパフォーマンスを発揮する上で、避けては通れない道です。

ならなと、長時間の配信でも安定して高品質な映像を提供し続けることができ、視聴者に最高の視聴体験を提供することにもつながります。

冷却性能とPCのパフォーマンスの関係性は密接であり、それを理解し、適切にアクションを起こすことがゲーム実況者にとっての成功の秘訣の一つとも言えるでしょう。

静音性が実況配信で重視される理由

ゲーム実況では、画面の裏で繰り広げられる熱いバトルに加え、視聴者に対する配信者の快適なコミュニケーションが求められます。

そのため、静音性を確保する冷却システムは実況配信の品質を保つ上で見過ごせない要素です。

ゲーム中の重要なシーンや緊迫した瞬間に、ファンの騒音がマイクに拾われ視聴者の耳に届くことは、集中力の削ぎ落とし、視聴体験の低下に直結します。

さらに、静かな環境は配信者自身の集中力を保つためにも必須です。

高負荷時においても静かに機能する冷却システムは、PCを安定した状態で長時間運用する上で欠かせない点ですね。

ゲームが激化するにつれ、PC内部の熱が増すとパフォーマンスの低下を招くことがありますが、優れた冷却システムはそれを未然に防いでくれます。

これにより、滑らかで途切れることのない実況配信が可能になり、視聴者への没入感を深めることができるのです。

合わせて、静音性の高い冷却システムは配信環境における快適さを提供し、長時間の配信が実況者にも視聴者にもやさしい体験となります。

そのために、ゲーム実況でのPC選びでは、冷却性能だけでなくその静音性にも注目することが、配信の質を大きく左右するため最も重要なポイントとなればなりません。

適切な冷却能力と静音性を兼ね備えたPCは、ゲーム実況者にとって信頼のおけるパートナーと言えるでしょう。


ゲーム実況におけるカスタムビルドPCのメリット

ゲーム実況におけるカスタムビルドPCのメリット

自分だけの最適な構成をカスタマイズ

ゲーム実況におけるカスタムビルドPCのメリットとして、特に注目すべきは、プレイするゲームのジャンルや放送のスタイルに応じて、最適なパソコン構成をカスタマイズできる点です。

例えば、高いグラフィック性能を要求する最新のアクションゲームを滑らかに実況するには、強力なグラフィックカードと高速なCPUが必要不可欠です。

それに対し、インディーズゲームやレトロゲームなど、比較的軽い処理で済むタイトルを楽しむ場合には、コストパフォーマンスを重視した中級程度のスペックで十分となります。

また、ゲーム実況では、単にゲームをプレイするだけではなく、同時にコミュニケーションをとりながら配信を行うため、マルチタスク処理能力に優れたPCが求められます。

このように、自身がどのような内容を主軸にしたいのかを基準に、ストレージの大容量化やメモリの増設、さらには静音性や冷却性など、細部に至るまで自由に選択し、構築することが可能です。

カスタムビルドすることで、長時間の使用に耐えうる堅牢なシステムを確立し、故障による放送中断のリスクを低減することもできます。

また、将来のアップグレードも見据えて、拡張性に富んだ構成を選定することは、長期間にわたる投資として賢明な選択と言えるでしょう。

こうした自由度の高さが、ゲーム実況をする際にカスタムビルドPCを選ぶ大きな魅力の一つです。

完璧なゲーム実況環境を追求する上で、こだわりのPC構成を実現することが、最高のパフォーマンスを支える重要な要素なのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

アップグレードの容易さと長期的な経済性

ゲーム実況を行う際、カスタムビルドPCの最大の利点の一つが、それがアップグレードの容易さにあるという点です。

市販の完成品PCとは異なり、カスタムビルドの場合、各コンポーネントは個別に選ばれており、将来的な拡張性を見越して構成されています。

例えば、最新のゲームを快適に実況するには高性能なグラフィックカードが不可欠ですが、市場の技術が進化するにつれて、新しいハードウェアへの交換が必要になることがあります。

カスタムビルドPCでは、グラフィックカードのアップグレードは比較的簡単な作業で済みます。

ユーザーは通常、スロットから旧カードを取り外して新しいカードを挿入するだけで済むため、時間やコストの面で有利です。

さらに、メモリやストレージの増設も手軽に行えますので、ソフトウェアやゲームの要求するスペックが上がって行く中で、長期的にシステムを最新の状態に保つことができるのです。

こうした柔軟性は、経済的な観点から見ても利点です。

必要に応じて必要なパーツだけを交換できるため、全体を一新する必要がなく、長期にわたってコストパフォーマンスを維持することが可能です。

ゲーム実況者にとって、視聴者に高クオリティなコンテンツを提供し続けることは極めて重要であり、カスタムビルドPCはそのニーズを満たすための最適な選択肢と言えるでしょう。

その結果、ひとつひとつのコンポーネントに対する細かなコントロールが、ゲーム実況のパフォーマンスを最大化する上で不可欠なのです。

カスタムPCビルダーの選び方と注意点

ゲーム実況に最適なカスタムビルドPCを選ぶ際、適切なビルダーを見極めることが肝心です。

信頼できる専門家が提供するサービスは、パフォーマンスと価格のバランスを最適化し、安定したストリーミング環境を実現するために不可欠です。

注意点として、ビルダーの評判や実績、そしてサポート体制をしっかりと確認することが求められます。

過去の顧客レビューはサービスの品質を伺い知るための貴重な資源であり、しばしばビルダーの対応能力やカスタマイズの質を反映しています。

また、パーツの選定についてもビルダーと綿密に相談し、ゲーミングだけでなくストリーミングにも適したコンポーネントを選んでいただくことが大切です。

特に、高性能なCPUやグラフィックスカード、そして十分なメモリーやストレージは、長時間にわたるゲーム実況中において、Smoothな映像出力と迅速なデータ処理を保証します。

このようなハードウェアの選択は、視聴者に快適な視聴体験を提供し、実況者としての人気を担保するために重要な要素です。

カスタムPCビルダーと連携した結果、ゲーム実況者はハードウェアの不具合やトラブルに直面する比率を減少させることができるため、実況活動に専念することが可能となります。

最終的には、長期にわたる信頼と快適性を保ちつつ、ストリームの品質を向上させるためにも、選び方一つでそのキャリアが左右されることを認識し、賢明な選択を心がけていただくことが望まれます。

ゲーム実況用PCのセキュリティ対策

ゲーム実況用PCのセキュリティ対策

ストリーミング中の個人情報保護

ゲーム実況用PCのセキュリティ対策は、配信者の体験だけでなく視聴者の快適さにも影響を与えますので、特にストリーミング中の個人情報保護には細心の注意が必要です。

実況中にうっかりと個人情報を漏えいしてしまう事態は、ただの不注意では済まされない重大な問題に発展しかねません。

そのため、専用のストリーミングソフトウェアの設定には最大限の配慮を払い、例えば視聴者には見せたくない通知やポップアップが映り込まないようにする事が求められます。

また、オンライン上の脅威からPCを守るために、信頼性の高いセキュリティソフトを導入し、定期的なアップデートやスキャンを実施することが重要です。

さらに、多要素認証を設定してアカウントのセキュリティを強化したり、違うパスワードを複数活用するなど、ハッキングに対する備えも忘れてはいけません。

ゲーム実況用PCの選択において、これらのセキュリティ対策を事前に計画し、美しい映像やクリアな音声だけでなく、安全性にも優れた配信を目指すことが不可欠です。

安心して楽しめる環境を提供することで、実況者としての信頼を築き上げることにも繋がるでしょう。

マルウェアから守るセキュリティソフトの選び方

ゲーム実況用PCのセキュリティ対策として、信頼できるセキュリティソフトを選ぶことは極めて重要です。

その際、注目すべきは幾つかの要素が挙げられます。

まず、リアルタイムでのスキャン機能を持つソフトを選ぶべきです。

これは、ゲーム実況中にもマルウェアからPCを守り続けるためです。

続いて、システムへの影響が少ないこともポイントです。

ソフトの動作が軽快であれば、ゲームのパフォーマンスに負荷をかけることなく安全な状態を保つことができます。

定期的な更新が提供されるセキュリティソフトを選択することも、新たな脅威に対応する上で不可欠です。

加えて、利用者のサポート体制が充実していることも見逃せません。

万が一のトラブルや疑問の解消がスムーズに行えるからです。

ゲーム実況用PCという特殊な環境を考え合わせれば、カスタマイズ性が高いソフトも良い選択と言えます。

これにより、ゲーム実況に最適化された環境を築くことが可能になります。

上記の要点を踏まえた上で、市場には多様なセキュリティソフトが存在するため、ユーザーのニーズに適したソフトを慎重に選定することが求められます。

また、専門家のレビューや比較サイトを参考にしながら、セキュリティとパフォーマンスのバランスを取りながら最適な製品を見つけると良いでしょう。

ゲーム実況を安心して楽しむためにも、賢明なセキュリティソフト選びが欠かせません。

ネットワークセキュリティと安定した配信への貢献

ネットワークセキュリティがゲーム実況の世界で占める役割は、実況配信の品質と直結しています。

スムーズで安定した配信を実現するために、適切なセキュリティソフトウェアは必須です。

セキュリティソフトウェアは、外部からの不正アクセスやマルウェア感染を防ぎ、個人情報を守ると共に、配信の途中でトラブルが発生するリスクを低減します。

安心して公開できる環境であれば、視聴者への信頼も深まり、より多くのファンが集まることにも繋がります。

さらに、安定したネットワーク環境を維持するためには、ルーターのファームウェアの定期的な更新が重要です。

これにより、新たに発見された脆弱性から守り、強固なネットワークを保つことができます。

また、サイバー攻撃が常に進化していることを考えると、セキュリティソフトウェアも最新の状態に保つことが求められます。

専門家が推奨する高評価のセキュリティソフトウェアを選び、定期的なスキャンを行うことで、万全の状態を維持しましょう。

配信中にも万が一の状況に陥った場合、迅速な対応が可能なセキュリティ体制を整えることも大切です。

そのためには、セキュリティの専門知識を持つことが望ましいですが、すべてのゲーム実況者が専門家であるわけではありません。

その場合は、信頼できるセキュリティエキスパートにサポートを求めることで、リスクを最小限に抑えることが可能です。

日々の楽しいゲーム実況を守り抜き、視聴者にとっても安心の配信環境を提供するために、しっかりとしたセキュリティ対策を講じておきましょう。

実況に最適なゲームPCのアップグレード戦略

実況に最適なゲームPCのアップグレード戦略

適時アップグレードしてパフォーマンスを維持するコツ

ゲーム実況を行う上で高性能のPCは不可欠ですが、それに留まらず適時のアップグレードも重要となります。

パフォーマンスを維持するためには、まず現在のシステムが最新ゲームの要求スペックを満たしているかを把握することが肝心です。

その情報を基に、グラフィックカードやCPU、メモリなどの主要コンポーネントが必要に応じて適宜強化されるべきです。

特にグラフィックカードはゲーム実況の画質に直結する部分であり、定期的に市場のトレンドをチェックし、投資のタイミングを見極めることが望まれます。

また、SSDへの投資はゲームのローディング時間を短縮し、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供します。

ストリーミング配信時のエンコーディングを効率的に行うためにも、強力なCPUを搭載することが推奨されます。

さらに、アップグレードの際には、既存のパーツとの互換性を忘れずにチェックすることがカギとなります。

これにより、安定したシステム構成を維持しながら、必要なパフォーマンス向上を図ることができます。

最後に、アップグレード計画は長期的な視点で考えるべきです。

短期間に頻繁なアップグレードはコストがかさむだけでなく、システム全体のバランスを損ねる原因にもなり得るからです。

適切な時期に計画的なアップグレードを行うことで、最適なゲーム実況環境を維持することができます。


最新のゲームに対応するハードウェアの選び方

ゲーム実況を行う上で必須となるのが、最新のゲームをスムーズに動かすことができるハードウェアです。

特に、目を見張るほどの高画質と迫力満点のプレイシーンを実現するためには、ビデオカードの性能がカギとなります。

高性能なNVIDIAのRTXシリーズや、AMDのRadeon RXシリーズなどがおすすめで、これらはリアルタイムのレイトレーシングや4K解像度への対応を実現し、視聴者への没入感を高めます。

また、CPUの選び方は複数のコアとスレッドが豊富なモデルを選ぶことが肝心です。

例えば、ゲームプレイと同時に高負荷のストリーミングをこなすためには、Intel Core i7やAMD Ryzen 7以上のパワーは必須でしょう。

さらに、ゲームのロード時間を最小限に抑えるためには、NVMe M.2のような超高速SSDの導入が推奨されます。

メモリについては、16GBを最低ラインとし、可能なら32GBを目指すと、複雑なシーンでもリソースの不足に悩まされることなく、快適な実況が可能です。

これらのハードウェアをバランスよく組み合わせることが、ストリーマーとしての魅力を最大限に引き出す近道であり、視聴者にとっても圧倒的な体験をもたらすはずです。

常に最先端のゲームを次々と取り入れ、その鮮烈なプレイ動画でファンを魅了し続けるためには、これらのハードウェアの選択が実に重要となります。

コストパフォーマンスを考えたアップグレード計画

ゲーム実況のためのPC選びにおいては、コストパフォーマンスを考慮したアップグレード計画が欠かせません。

最適なパフォーマンスを抽出するには、まず既存のハードウェアの可能性を正確に見極めることが重要です。

例えば、現行のCPUが処理速度のボトルネックとなっている場合、最新の多コアプロセッサへの交換が優先事項となります。

しかしながら、グラフィックが重視されるゲームであれば、高性能なグラフィックカードへの投資が先決です。

メモリもまた、実況中のゲームプレイと同時に動作させる編集ソフトや配信ツールなど、複数のアプリケーションが快適に稼働するためには十分な容量が求められます。

ただし、メモリのアップグレードは比較的容易であり、最初から最高スペックを購入するよりも、需要に応じて段階的に増設することが賢い選択かもしれません。

ストレージの面では、高速なSSDはシステムの起動やゲームのローディング時間を劇的に改善します。

さらに、実況映像の保存には大容量が求められるため、コスパを考慮したハイブリッドな構成がおすすめです。

最終的には、適切なアップグレードを行うことで、長期にわたってコストを抑えつつ、ゲーム実況に必要な性能を得ることができるのです。

ゲーム実況を成功させるためのパソコンは、単なるハードウェアの仕様以上に、実際の使用状況に即した賢明なアップグレード戦略によって、その真価を発揮するのです。

ゲーム実況者に推薦するPCメーカーとモデル紹介

ゲーム実況者に推薦するPCメーカーとモデル紹介

信頼性とサポートの良さで選ぶブランド

ゲーム実況者の皆さまが最適なパフォーマンスを発揮するためには、信頼できるハードウェアと充実したサポートが不可欠です。

そこで注目したいのが、品質の高さとカスタマーサポートで定評のあるPCブランドです。

例として、ドスパラのGALLERIAシリーズが挙げられます。

ゲーミングPC界のパイオニアとも言えるこのブランドは、その強力なスペックと独自の冷却システムで知られ、長時間のゲーム実況にもストレスなく対応してくれます。

また、充実したアフターサービスも大きな強みで、万が一のトラブル時にも迅速な対応が期待できるため、実況活動を安定して続けることが可能となります。

次にオススメするのは、マウスコンピューターのG-Tuneシリーズです。

こちらもゲーミングPC市場ではよく知られた存在で、高性能ながらもユーザーフレンドリーな製品ラインナップを展開しています。

G-Tuneシリーズは最新の技術を積極的に取り入れ、安定した性能提供を心掛けており、カスタマーサポートも手厚いため、ユーザーからの評価が高いです。

また、ASUSのROGシリーズも見逃せません。

このシリーズはゲーム実況者への配慮を感じさせる多彩な機能と耐久性で高い人気を誇っています。

特にグラフィック性能へのこだわりは顕著で、素晴らしい映像を生み出し視聴者を魅了します。

そしてサポート体制も整っており、問題発生時には専門的な技術サポートが実況者を支えます。

信頼性が高く、サポート体制が整っているPCを選ぶことは、ゲーム実況者にとって非常に重要です。

そのため、迷ったらこれらのブランドを選択することを強く推薦します。

これらのPCを使いこなせば、ゲーム実況のクオリティは格段に向上し、視聴者に忘れがたい体験を提供することでしょう。

プロゲーマー愛用! 人気ゲーミングPCモデル

ゲーム実況の世界では、高いパフォーマンスを発揮するために、パワフルなPCが必須となります。

特にプロゲーマーやトップクラスの実況者たちが愛用するモデルは、高品質なゲーム体験と安定したストリーミングを提供するための特徴を備えています。

彼らが選ぶPCは常に最新のハードウェアを搭載し、ゲームを快適に動作させ、かつ長時間の使用にも耐えうる耐久性を持ち合わせています。

例えば、エイリアンウェアの最新モデルでは、強力なグラフィックカードと最新世代のプロセッサが、激しいアクションゲームでも滑らかな映像を保証します。

これにより、視聴者に快適な視聴体験を届けることができるのです。

また、カスタマイズ性に富んだ構成が可能なため、実況者の独自のニーズに合わせて最適化できる点も大きな魅力です。

一方、ASUSのROGシリーズは、冷却システムの優れた設計により、長時間のゲーム実況中もPCのパフォーマンスを最大限に保ちます。

高解像度のゲーム画面をストリーミングしながらでも、PCの過熱を気にすることなく、集中してゲームと対話に没頭できるのです。

ゲーム実況者が求めるのは、いかなる状況下でも安定したパフォーマンスを発揮する信頼性の高いPCです。

そのため、各メーカーはハイスペックな構成はもちろんのこと、実況中のストレスを軽減するための細やかな配慮を施したモデルを提供しています。

これらのPCを活用することで、視聴者に高品質なストリーミングコンテンツを届けることが可能になるのです。

カスタマイズが可能なPCブランドの魅力

ゲーム実況の世界では、その瞬間瞬間の高いパフォーマンスが求められます。

視聴者に最高の体験を提供するためには、硬派なスペックにカスタマイズの自由度を備えたPCを選ぶことが不可欠です。

そこで脚光を浴びているのが、オーダーメイドに対応したPCブランドです。

たとえば、多くのゲーマーから支持を受けているのは、高性能なグラフィックカードや最新のプロセッサ、必要なメモリ容量を自ら選び、自分の手でひとつひとつのパーツを吟味したマシンを組み立てることができるブランド達です。

カスタマイズが可能なPCブランドの魅力は、まさにその自由度の高さにあります。

ゲーム実況者が遭遇する多様なニーズに柔軟に応えることが可能で、まるでプロフェッショナルなテーラーに自分だけのスーツをオーダーするように、適切なスペックを細部にわたってチューニングできるのです。

例えば、迫力のあるゲーム映像を滑らかに配信するためには強力なGPUを搭載し、長時間のゲームプレイに耐えうる冷却システムを選択することが重要です。

また、同時に複数のアプリケーションを起動するマルチタスク環境では、大容量のRAMと高速なSSDがパフォーマンスアップに寄与します。

このように、カスタマイズが可能なPCブランドはゲーム実況者の個々の要求を満たす最適なマシンを生み出すことができるのです。

選ぶ際には、自分の実況スタイルやプレイするゲームの要件に合わせて、パーツを慎重に選定し、配信内容をさらに充実させるためのパワーを確保してください。

あわせて読みたい

効率アップ! 動画編集に適したパソコンスペックとは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

究極のカスタム体験! おすすめBTOゲーミングPCアセンブリーヒント

BTOゲーミングPCランキング

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

音楽制作PCとDAWの相性チェックリスト 完璧なセットアップを目指して

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCトップ10 最新モデルレビュー

静音PC探求道

ゲーム実況で快適プレイ! おすすめPC性能チェックリスト

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作者のためのスペックマッチ 最速パソコン選定術

ちょっとええゲーミングPC

グラフィック重視のゲーム用パソコン選び! 必見のポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCパーフェクト選択術 職種を極める最適仕様ガイド

BTOゲーミングPCランキング

学業から趣味まで! 大学生向けおすすめパソコンの完全リスト

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCランキング プロのための高性能機種比較

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ビジュアルプロフェッショナルのためのクリエイターPCおすすめリスト

静音PC探求道

RTX4070 SUPER搭載! おすすめゲーミングPCの選定ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

VRエクスペリエンス向上計画 最強ゲーミングPC集結

ちょっとええゲーミングPC

RTX4070Ti SUPER 次世代ゲームを支えるゲーミングPC選択指南

静音PC探求道

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次