高品質動画制作の秘訣 動画編集用パソコン スペックガイド

目次

動画編集用PC購入時の必須スペック

動画編集用PC購入時の必須スペック

CPU:処理能力の心臓部

CPUは、動画編集用パソコンの心臓部ともいえる最も重要な部分です。

なぜなら、CPUの性能によって、エンコードの速度や編集作業がどれだけスムーズに行えるかが決まるからです。

編集ソフトが効率よく動作し、作業のスピードが上がることで、時間を節約できるのは大きな利点ですよね。

動画編集において、特に注目すべきはCPUのコア数とスレッド数です。

たとえば、6コア12スレッドのCPUが主流となっていますが、8コア16スレッド、さらには16コア32スレッドといったハイエンドモデルが登場してきています。

これらのCPUを採用することで、編集作業が一気に軽快になります。

というのも、複数のコアが同時に処理を行うことで、マルチタスクがよりスムーズに行えるからです。

しかし、コア数が多ければ多いほど良い、というわけではありません。

なぜかというと、動画編集を行うプログラムやソフトウェアによっては、利用できるコア数に限度がある場合があるためです。

それでも、高性能なCPUを選ぶことで、将来的なソフトウェアのアップデートにも対応できるという安心感があります。

また、クロック速度も重要な要素です。

高いクロック速度を持つCPUは、単純に言えばより早くデータを処理することができます。

これにより、タイムライン上のプレビューが滑らかになり、エフェクトの適用や切り替えもストレスなく行えるのです。

とはいうものの、クロック速度だけに頼るのではなく、コア数とのバランスが肝心です。

ところが、CPUの選択肢が広がっている今の時代、高性能なものを選ぶのも一筋縄ではいきません。

実際に、自分の編集スタイルや作業内容に応じてCPUを選ぶことが重要です。

たとえば、4K動画の編集がメインであれば、それに見合った高性能CPUを選ぶべきなのです。

動画編集用パソコンを探しているのであれば、自分のニーズにぴったりのCPUを見つけることが大切です。

一騎当千の性能を持つCPUを手に入れれば、編集作業が楽しくなり、生産性も劇的に向上しますよ!

ぜひ、自分に合ったCPUを選んで、高品質な動画制作に取り組んでみてください。

結果的に、楽しく充実した編集ライフを送ることができるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41293 2387 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41242 2329 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38703 2052 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38627 2024 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35614 2207 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33860 2181 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32631 2076 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29341 2015 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28939 1945 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27116 2020 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24712 2077 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22141 1925 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20423 1991 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19563 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17783 1794 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16093 1756 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15333 1957 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9101 1725 公式 価格

RAM:快適編集のための最低限とおすすめ

動画編集用パソコンを選ぶ際に必ず確認すべきスペックの一つが、メモリ(RAM)です。

なぜなら、RAMの容量が作業の快適さに直結するからです。

例えば、RAMの容量が不十分だと高解像度の動画を編集する際にパソコンが重くなり、作業効率が大幅に低下することもあります。

また、複数の編集ソフトを同時に使用する場合にもRAMの影響は顕著です。

そこで、最低限必要な容量とおすすめの配置について分かりやすくご説明しましょう。

まず、フルHD動画を編集するのであれば、最低限8GBのRAMが必要です。

しかし、これだけだと他のソフトを同時に使ったり、4K動画を編集したりするのが難しくなるかもしれません。

多くの動画編集ソフトはRAMを大量に消費するため、実際の作業では一挙両得を狙って16GB以上のRAMを搭載することを強くおすすめします。

というのも、編集ソフトの動作をスムーズに保ち、複数のタスクを同時に行うことができるからです。

さらに、4K動画編集を考えている方には、32GB以上のRAMが理想です。

というのは、4K動画は一ファイルあたりの容量が大きく、編集作業にも多くのリソースを必要とするからです。

RAMが多ければ多いほど、ストレスフリーで作業を進めることができます。

また、大容量のRAMを搭載することで、未来の技術進歩やソフトウェアアップデートにも対応しやすくなります。

要するに、RAMは動画編集パソコンのスペック選びで重要な役割を果たします。

RAMの容量をしっかり確保することで、快適な編集環境が整うのです。

「少しでも早く高品質な動画を制作したい!」という方は、迷わずRAMを充実させるべきです。

これらを抑えて、スムーズに動画編集に取り組んでください。

以上を実践すれば、きっと快適な編集作業ができるようになりますよ!

ストレージの種類と容量:データ保管の重要性

動画編集用PCを選ぶ際にストレージについて考えることは非常に重要です。

特に、ストレージの種類とその容量はデータ保管の観点から大きな影響を与えます。

まず、ストレージの種類にはSSDとHDDの2つがあります。

SSDは高速な読み込み・書き込みが可能なため、動画編集において圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

なぜなら、編集作業中のタイムライン操作やエフェクトの適用がスムーズに行えるからです。

逆に、HDDはコストパフォーマンスに優れており、大容量データの保管に向いています。

しかし、読み書きの速度が遅いため、メインの編集作業用としては不向きです。

そして、動画編集においては圧倒的な容量も求められます。

高解像度の動画ファイルは非常に大きなデータ量となるため、ストレージ不足に悩む方も多いのではないでしょうか。

そのため、1TBや2TBのSSDでは足りないことが多く、最低でも4TBのSSDを確保することを推奨します。

それでも予算が許すのであれば、さらに大容量のものを選択するのがベストです。

ハイブリッドなストレージ設定を採用するのも効果的です。

つまり、編集作業には高速なSSDを使用し、大量の映像素材やバックアップ用にはHDDを利用する構成です。

この方法で、SSDの高速性とHDDの大容量が一挙両得となり、バランスの良いストレージ環境を実現できるわけです。

そして、多くの人が見落としがちなのがストレージの配分です。

OSやアプリケーション、プロジェクトファイルをどのストレージに配置するかもしっかり考える必要があります。

たとえば、OSやアプリケーションをSSDにインストールし、プロジェクトファイルも同様にSSDに配置することで、最大限のパフォーマンスを引き出すことができます。

最後に、バックアップ体制を整えることも重要です。

いくら高速なストレージ環境があっても、データが損失してしまっては元も子もありません。

定期的なバックアップを取ることで、予期せぬトラブルから大切なデータを守ることができます。

以上のポイントを押さえて、自分に最適なストレージ選びを行うことで、快適な動画編集ライフを手に入れることができるでしょう。

グラフィックカード:レンダリングと再生の滑らかさ

動画編集用のパソコンを選ぶ際の最重要ポイントの一つに、グラフィックカード(GPU)の選定があります。

なぜなら、レンダリングや再生の滑らかさを左右する非常に重要な役割を持っているからです。

動画編集をスムーズに行うためには、適切なグラフィックカードがキーポイントになります。

まず、GPUが持つ力量によって、重いエフェクトを多用したり、高解像度の動画を編集する際の処理速度が大きく変わります。

低スペックのGPUを選んでしまうと、編集作業中にラグが発生したり、エフェクトのプレビューがカクカクになってしまいますよね。

これでは、スムーズな編集作業ができるとは言えません。

また、GPUはレンダリング時間の短縮にも大きな影響を及ぼします。

たとえば、4K映像や8K映像のレンダリングともなると、GPUの性能が低いと何時間もかかってしまうことがあります。

しかし、高性能GPUを搭載すればその時間を大幅に短縮できるのです。

これはまさに事半功倍の効果であり、効率良く編集作業を行えることが分かります。

さらに、編集ソフトによっては、特定のGPUに最適化されたものもあります。

たとえば、Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveといった人気の高いソフトウェアは、NVIDIAのCUDAコアを活用することで、より高速な処理を実現しています。

そのため、こういったソフトを使っている方であれば、NVIDIAの高性能GPUを選ぶのが一択になりますが、いわば編集作業のパフォーマンスを最大限引き出すためです。

つまり、動画編集用のパソコンを選ぶ際には、GPUの性能をしっかりと確認することが大切です。

高品質な動画制作を目指すのであれば、選択肢がいくつもありますが、適切なGPUを選ぶことで、レンダリングも再生も滑らかになります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36256 73178 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30150 72481 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29194 67457 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26224 66647 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23780 54934 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19968 49834 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19278 50474 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18007 45295 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17026 41904 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13489 34167 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13488 34611 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13372 33986 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12490 29992 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10849 31334 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10677 28218 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10668 27150 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7351 19370 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6285 15837 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

動画編集ソフト別 パソコンスペック基準

動画編集ソフト別 パソコンスペック基準

Adobe Premiere Pro のスペック要件

Adobe Premiere Pro のスペック要件についてご説明します。

動画編集において、Adobe Premiere Proは多くのクリエイターに選ばれるソフトウェアですが、その機能を最大限に活用するためには、適切なパソコンスペックが必要です。

そうでなければ、編集作業中にストレスがたまってしまいますよね。

まず、プロセッサ(CPU)についてですが、Premiere Proでは高性能なマルチコアCPUが推奨されます。

たとえば、Intel Core i7またはそれ以上、AMD Ryzen 7以上が理想です。

なぜかというと、動画編集では複数のタスクが並行して行われるため、マルチスレッドのパフォーマンスが重要だからです。

メモリ(RAM)に関しては、最低でも16GBが必要とされています。

とはいうものの、4K動画や複数レイヤーの編集を行う場合、32GB以上あった方が格段に快適です。

これにより、一時的なデータの読み書き速度が向上し、作業の効率も格段に上がります。

次に、ストレージについてですが、SSDは必須です。

具体的には、編集用のソフトウェアやプロジェクトファイルを保管するために、少なくとも512GBのNVMe SSDが推奨されます。

しかしながら、大容量の動画ファイルを取り扱う場合は、1TB以上の容量があった方が安心です。

また、グラフィックスカード(GPU)も非常に重要です。

Premiere ProはGPUを活用してレンダリングやエフェクトの処理を行うため、NVIDIA GeForce RTX4060以上やAMD Radeon RX 7800以上が適しています。

これにより、リアルタイムプレビューやレンダリング作業が高速化されるため、まさに編集作業の効率が飛躍的に向上することが分かっています。

モニターについては解像度と色精度がキーポイントです。

4K解像度のモニターは、細部まで確認できるため、高品質な編集が可能になります。

加えて、色補正やカラーマッチングには、広色域表示ができるモニターが必要です。

たとえば、Adobe RGB対応のモニターが一例です。

もちろん高価な投資にはなりますが、一挙両得の価値はあります。

要するに、Adobe Premiere Proでの動画編集を快適に行うためには、CPU、RAM、SSD、GPU、そしてモニターと、各要素に十分注意することが肝心です。

このような構成をすることで、ストレスフリーかつ効率的に制作を進めることができるでしょう。

「どのスペックが最適?」と疑問に思った方も多いかもしれませんが、これらの要素をバランスよく整えることが成功の秘訣となります。

Final Cut Pro X が快適に動作する構成

Final Cut Pro X が快適に動作する構成について、ご紹介していきます。

まず、MacユーザーにはおなじみのFinal Cut Pro Xですが、このソフトは高いパフォーマンスを要求します。

しかし、そのおかげで動画編集がスムーズに進むため、人気が高いのです。

Final Cut Pro Xを快適に動作させるには、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

まず、もっとも重要なのはプロセッサです。

Final Cut Pro Xは高度なエフェクトやマルチカム編集に対応しており、その作業には高性能なCPUが欠かせません。

具体的には、Intel Core i7以上またはApple M1チップ搭載のモデルが推奨されます。

これにより、動画のレンダリングやエフェクトの適用が迅速に行われ、ストレスのない編集環境が実現できるわけです。

次に注目したいのは、メモリ(RAM)です。

Final Cut Pro Xは大量のメモリを使用します。

最低でも16GB、できれば32GB以上のRAMを搭載しておくと良いでしょう。

なぜかというと、メモリが多いほど、ソフトウェアがスムーズに動作し、クラッシュするリスクが減少するためです。

特に4K映像や高フレームレートの編集を行う場合は、メモリ容量が増えるほど作業が効率化します。

ストレージも忘れてはならないポイントです。

動画ファイルは非常に大きいため、SSDを搭載することが強く推奨されます。

HDDよりもデータの読込速度が速いため、SSDを使用することでプロジェクトの読み込みや書き出しが迅速になります。

さらに、プロジェクトファイルと素材を別々のドライブに保存すると、パフォーマンスが向上することが分かっています。

そして、グラフィックスカード(GPU)も重要な要素です。

Final Cut Pro Xでは、エフェクトの適用やプレビューの再生に大量のグラフィックス処理能力が求められます。

Macの場合、Radeon Proシリーズの高性能GPUを搭載したモデルが推奨されます。

これにより、効率的なエフェクト適用やリアルタイムプレビューが可能になり、作業のスピードが劇的に向上します。

最後に、最適なモニター環境も整えておくと良いでしょう。

4KやHDR映像の編集を考える方は、色再現性が高く解像度の良いモニターを使用することが推奨されます。

視覚的に正確な編集ができて初めて「プロフェッショナルな動画制作」といえるのです。

以上がFinal Cut Pro Xを快適に動作させるための重要なスペックポイントです。

これらを実践すれば、動画編集作業が一層快適になり、クリエイティブな作業に集中できるようになりますよ!

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

Davinci Resolve での最適なPC環境

Davinci Resolveでの最適なPC環境について、具体的な推奨スペックをお伝えします。

まず、Davinci Resolveをスムーズに動かすためには、高性能なハードウェアが不可欠です。

というのは、このソフトウェアは非常に重い処理を行うため、パソコンのパワーが必要不可欠だからです。

まず、CPUに注目しましょう。

Davinci Resolveでは、マルチコアのCPUが有効です。

具体的には、Intel Core i7以上、もしくはAMD Ryzen 7以上がおすすめです。

これにより、レンダリング速度が向上し、作業の効率が上がります。

また、フルHDや4K動画の編集をスムーズに行うためには、このくらいのスペックが必要です。

次に、メモリです。

一般的には16GB以上が推奨されていますが、より快適に作業を行いたい場合は32GB以上がおすすめです。

なぜかというと、動画編集では大量のデータを一時的にメモリに保存するため、十分な容量が必要になるからです。

特に高解像度の映像を扱う場合、この点は非常に重要です。

さらに、GPU(グラフィックボード)も見逃せません。

Davinci ResolveはGPUアクセラレーションによる処理が非常に効率的です。

NVIDIA GeForce RTX4060以上、またはAMD Radeon RX 7800以上のスペックを目指すと良いでしょう。

GPUのスペックが高ければ高いほど、リアルタイムのプレビューやエフェクトの適用がスムーズになります。

ストレージに関しても注意が必要です。

SSD(Solid State Drive)を搭載するのは必須といっても過言ではありません。

特に、NVMe SSDが推奨されます。

なぜなら、転送速度が高速で、大量のデータを短時間で読み書きできるからです。

最低でも500GBは確保し、作業用ドライブとして使用することをおすすめします。

これでDavinci Resolveを快適に使うための基本的なパソコンスペックが分かりましたね。

もちろん、これらのスペックを完全に満たすパソコンは高価になるかもしれませんが、一石二鳥の効果を実感できるはずです。

というのも、快適な作業環境が整えば、編集プロセスが劇的に速まり、クオリティの高い動画を効率よく作成することができるからです。

Davinci Resolveでの動画編集を真剣に取り組むのであれば、これらのスペックを目指すべきです。

4K、8K動画編集を見据えたハイスペックPCの選び方

4K、8K動画編集を見据えたハイスペックPCの選び方

解像度別のCPUとRAM要求スペック

4Kや8Kの動画編集を行う場合、どのようなPCスペックが必要なのかを詳しく見ていきましょう。

皆さんの中には、「スペックが高ければ問題ないでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、そう単純ではありません。

それぞれの解像度に応じて求められるCPUやRAMのスペックが異なるため、自分の用途に合ったPCを選ぶことが大切です。

分かりやすくご説明しましょう。

まず、4K動画編集をする際には、やや高めのスペックが求められます。

具体的には、最低でも8コアのプロセッサーが搭載されたIntel Core i7やAMD Ryzen 7がおすすめです。

なぜなら、動画編集ソフトはマルチコアプロセッサの恩恵を受けるため、コア数が多いほど編集作業がスムーズに進むからです。

それに加えて、16GB以上のRAMが必要です。

なぜかというと、高解像度の動画編集は大量のメモリを消費するため、少なくとも16GBはないと快適な作業は難しいでしょう。

一方、8K動画編集を見据えると、一挙両得のようにより高いスペックが必要です。

CPUには最低でも8コア、推奨では12コア以上のIntel Core i9やAMD Ryzen 9を選ぶべきです。

例えば、Intel Core i9-14900KやAMD Ryzen 9 7950Xなどが理想的です。

とはいうものの、これらのプロセッサーは非常に高価なので、最大限の性能が本当に必要かどうかを考えた上での選択が重要です。

さらに、RAMも32GB以上を推奨します。

8Kは4Kの4倍の解像度を持つため、それに応じたメモリも必要となります。

多岐亡羊の如く、多くのタスクを同時にこなすためのリソースが必要なのです。

最適なPCを選ぶためには、自分の編集スタイルや予算も考慮しなければなりません。

たとえば、4K編集がメインで、将来的に8K編集も視野に入れている場合は、中間的なスペックを選ぶのも一つの方法です。

とはいえ、冗長なスペックを持つことが必ずしも必要なわけではありません。

むしろ、自分の編集作業に最適なバランスを見つけることが重要です。

一期一会のように、自分に合ったPCを選べば、編集作業がより楽しく、効率的になることでしょう。

これらのポイントを押さえれば、4Kや8K動画編集に適したPCを選ぶことができます。


大容量データ対応のストレージ戦略

高品質な動画制作には、適切なストレージ戦略が欠かせません。

なぜかというと、4Kや8K動画編集では巨大なデータを扱うため、ストレージ性能が直接作業効率に影響を与えるからです。

容量の大きなストレージがあるだけでは不十分で、速度や運用のしやすさを考慮することが重要です。

まず、動画編集用PCにはSSDの採用を強くお勧めします。

SSDは従来のHDDに比べて数倍の速度でデータを読み書きできるため、大容量データの処理がスムーズです。

実は、SSDを使うことで編集作業の効率が飛躍的に向上することが分かっています。

なぜなら、読み書き速度が速いため、大量のデータを扱う際の待ち時間が大幅に短縮されるのです。

ただし、SSDだけを使用するのではなく、容量とコストのバランスを考えた運用が必要です。

そして、データのバックアップ体制もしっかり整えることが不可欠です。

大切なプロジェクトデータが消失するリスクを避けるためには、外部ストレージやクラウドストレージを活用しましょう。

例えば、NAS(Network Attached Storage)を導入することも一つの選択肢です。

これにより、ネットワーク経由でデータを安全に保存・共有することができるため、複数人での作業もスムーズです。

しかしながら、ストレージ容量を無尽蔵に増やすことは現実的ではありません。

そこで、効率的なデータ管理が求められます。

不要なデータや古いプロジェクトファイルを定期的に整理・削除することを習慣化すると良いでしょう。

こうすることで、必要なデータだけがストレージに保存され、検索やアクセスも楽になります。

動画編集において、ストレージの選択や運用は一石二鳥の効果をもたらすことが多いです。

なぜなら、適切なストレージ戦略を採用することで、作業効率が上がり、データの安全性も確保できるからです。

ストレージ戦略をしっかりと見直すことで、より高品質な動画制作が可能になります。

高解像度を支えるグラフィックスカードの選定

4Kや8Kの高解像度動画編集には、優れたパフォーマンスを発揮するグラフィックスカードが欠かせません。

特に、映像のレンダリングやリアルタイムプレビューのスムーズさを求める方にとって、適切なグラフィックスカードの選定はまさに「一石二鳥」です。

まず、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)の性能が重要です。

なぜかというと、GPUの性能が高ければ高いほど、プレビューやレンダリングの速度が速くなり、編集作業が効率化されるからです。

たとえば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズといった最新のグラフィックスカードは、その優れた性能により、4Kや8Kの編集作業にも十分対応できます。

また、メモリ容量の多さも重要です。

VRAM(ビデオラム)の容量が多ければ多いほど、高解像度の動画編集時における処理がスムーズに行えるのです。

8GB以上のVRAMを搭載したモデルを選ぶのが賢明でしょう。

実は、VRAMが少ないと、素材の多いプロジェクトでメモリ不足に陥り、プレビューがカクついたりフリーズしたりすることがあるのです。

次に、CUDAコアやRTコアの数も確認するべきポイントです。

というのも、これらのコアが多いと、エンコードや特殊効果の処理が高速で行えるため、作業時間の短縮につながります。

特にCUDAコアを多く持つNVIDIAのモデルは、Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveなど、多くの動画編集ソフトウェアがそのパフォーマンスを最大限に活かす設計となっています。

繰り返しになりますが、グラフィックスカードを選ぶ際には、単にスペックだけを見ればいいというわけではありません。

メーカーやシリーズ、さらにはモデルごとの実際の使用レビューや、動画編集ソフトウェアとの相性も考慮することが大切です。

これらを総合的に判断して選ぶことで、高解像度動画編集が快適に行えるパソコンが手に入るわけです。

「高解像度の編集にどのグラフィックスカードが適しているの?」と疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、このガイドを参考にして、自分に最適なモデルを見つけることができれば、編集作業が飛躍的にパワーアップするのは間違いありません。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

予算別 動画編集PCおすすめ構成

予算別 動画編集PCおすすめ構成

エントリーレベル:低予算でも始める編集セットアップ

動画編集の旅立ちの方々は、無理に高価な機材を準備することなく、賢くコストを抑えたPC構成でスタートを切れます。

数多の動画編集ソフトウェアは、基本的な機能を低いスペックでも十分に活用する設計です。

しかしながら、エントリーレベルの機材選びでは、将来的なアップグレードの余地を考慮した選択が肝要です。

まず心に留めておきたいのは、快適な動画編集のためには最低限のスペックが必要という点です。

動画編集用に選ぶべきPCのプロセッサは、Intel i5またはAMD Ryzen 5クラスが適しています。

これらは多くの編集タスクにおいて適度なパフォーマンスを提供し、コストパフォーマンスにも優れています。

また、RAMは8GB以上を推奨しますが、16GBを目指してコストが許せばその選択をお勧めします。

動画編集はメモリを大量に消費する作業なので、多いに越したことはありません。

ストレージに関しては、最低限1TBのSSDが欠かせません。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が桁違いに速く、動画のロードや保存にかかる時間を大幅に短縮します。

データの安定性とアクセス速度の向上を考慮すると、この選択はエントリーレベルであっても妥協せずに行うべきでしょう。

さらに、グラフィックスは内蔵グラフィックスであっても動画編集を始めるには十分ですが、可能であればNVIDIAやAMDのグラフィックカードを装備したPCを選ぶと、より複雑なエフェクト処理やレンダリングがスムーズに行えます。

エントリーレベルだからと言って軽視することなく、必要なスペックに目を向けることで、限りある予算の中で最高の編集体験の第一歩を踏み出せるでしょう。

動画編集を始める方々にとって、これらのポイントは、コストを抑えつつ将来的なスキルアップにも繋がる大切な投資となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

ミッドレンジ:コストパフォーマンス重視の選択

ミッドレンジの動画編集用PCを選ぶ際、コストパフォーマンスを重視した構成にすることで、高品質な動画を効率よく制作できる環境が整います。

とはいうものの、「どのパーツを選べばいいのか?」と疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこで、具体的なポイントをご紹介していきます。

まず、CPU選びには特に気を使いたいところです。

というのも、動画編集の大部分を担うのはCPUだからです。

IntelならCore i5かi7、AMDならRyzen 5かRyzen 7が中間帯の価格帯でおすすめです。

これらのCPUは多くのコアとスレッドを持ち、多重タスクを快適にこなせます。

それに加えて、メモリも重要なポイントです。

「8GBで足りるのでは?」と思う方もいるでしょうが、実は16GB以上を搭載する方が断然効率的です。

なぜかというと、高解像度動画の編集や同時に他のアプリケーションを操作するシチュエーションでは、8GBだとメモリ不足に陥りやすいからです。

16GBならばほとんどの作業がスムーズに進むでしょうし、さらに余裕を持たせるなら32GBという選択肢もあります。

グラフィックスカード(GPU)も外せない要素です。

特に、Adobe Premiere ProやDaVinci ResolveのようなGPUを活用するソフトを使っている場合、NVIDIAのGeForce RTX4060やRTX4060があると非常に心強いです。

これらのGPUは、レンダリング速度を大幅に向上させ、効率的に作品を仕上げることができます。

ストレージとしてはSSDは不可欠です。

なぜなら、HDDと比べてデータの読み書き速度が格段に速いからです。

OSと主要なアプリケーションはM.2 NVMe SSDにインストールすると、システムの全体的なレスポンスが劇的に向上します。

さらに、大容量の動画ファイルを保存するために、1TB以上のデータ保存用のHDDも追加して、一挙両得の構成にしましょう。

さらに、冷却システムも忘れてはいけません。

動画編集はCPUやGPUにとって過酷な作業になることが多く、適切な冷却がないとパフォーマンスが低下してしまう可能性があるからです。

高性能な空冷クーラーや、予算に余裕があれば水冷クーラーを検討しましょう。

このような構成でミッドレンジの動画編集用PCを組むと、バランスが良く、コストパフォーマンスに優れた編集環境が整います。

これで、より一層クリエイティブな作業に集中できることでしょう。

ハイエンド:プロ級スペックの投資判断

動画編集において、ハイエンドなパソコンのスペックはプロの出来栄えを追求するための鍵です。

特に、高精細な4K動画や複雑なエフェクトを多用する映像制作では、その威力を存分に発揮します。

ハイエンド機を導入することで、作業効率が飛躍的に上がり、一挙両得ともいえる結果を得ることができます。

まず、CPUは動画編集PCにおいて最も重要な要素です。

なぜなら、編集ソフトのレンダリングやエンコードには高い計算能力が求められるからです。

特に、IntelのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズは、マルチスレッド性能に優れ、時間の大幅な短縮に寄与することでしょう。

次に、メモリの選定も重要です。

動画編集ソフトは高容量のメモリを必要とし、特に多くのプラグインやフィルターを使用する場合、32GB以上を推奨します。

64GBに拡張すれば、よりスムーズな作業環境を手に入れることができるでしょう。

ストレージについても見逃せません。

動画編集用のデータは非常に大きいため、高速なSSDが不可欠です。

NVMe SSDを使うことで、読み書きの速度が大幅に向上し、ファイルのインポートやエクスポートが迅速に行えるようになります。

最低でも1TB、できれば2TB以上の容量を確保することをおすすめします。

そして、グラフィックカードも重要な選択肢です。

特に、CUDAコアを多く搭載しているNVIDIAのGeForce RTX40シリーズは、レンダリング速度が格段に上がり、リアルタイムプレビューもスムーズに行なえます。

これにより、編集作業が快適になり、ストレスフリーな環境が整うこと間違いありません。

ディスプレイも重視すべきポイントです。

色彩を正確に表示することが求められるため、Adobe RGBやDCI-P3をカバーする高性能ディスプレイを使用することが重要です。

4K解像度のディスプレイを選ぶことで、最終的な映像のクオリティを確認しやすくなります。

音響面も忘れてはいけません。

高品質なスピーカーやヘッドホンを使用することで、音声の細部まで確認することができます。

これにより、音の調整やミキシングがより精密に行えるようになります。

これらのポイントを押さえたパソコンを選び、ハイエンドな環境を整えることで、あなたの動画編集スキルは一段とアップします。

結果、新進気鋭の映像クリエイターとして新たなステージへと進むことができるでしょう。

パソコンパーツの相性と最適化

パソコンパーツの相性と最適化

コンポーネント選びの基準:相性の良い組み合わせ

「コンポーネント選びの基準:相性の良い組み合わせ」についてご紹介していきます。

動画編集に最適なパソコンを構築するには、各パーツの相性が非常に重要です。

どれだけ高スペックのパーツを揃えても、それがうまく噛み合わなければパフォーマンスが発揮されないかもしれません。

そして、この組み合わせが非常に悩ましいところ。

とはいえ、正しい選択肢を見極めれば、動画編集の効率が劇的に向上することは間違いありません。

まず、CPUについて考えましょう。

動画編集において最も重要なコンポーネントの一つです。

なぜなら、CPUの処理能力が編集作業のスピードを大きく左右するからです。

多くの人がIntel Core i9やAMD Ryzen 9などのハイエンドプロセッサを選ぶ理由はここにあります。

しかし、すべての人がこれらの高価なパーツを必要とするわけではありません。

要するに、自分の作業内容に応じたCPU選びが重要です。

次に、GPUの選定です。

GPUはリアルタイムプレビューやレンダリングスピードに大きな影響を与えます。

特に4Kや6K動画編集を行う場合、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズがおすすめです。

しかしながら、予算を考慮する必要がある方もいるのではないでしょうか。

ミッドレンジのGPUでも十分なパフォーマンスを発揮する場合もあります。

メモリ(RAM)についても注意が必要です。

動画編集用パソコンでは、少なくとも16GB以上のメモリを搭載することが推奨されています。

というのも、動画編集ソフトは大量のデータを同時に処理するため、メモリ不足では動作が重くなる可能性が高いからです。

余裕があるなら32GB以上を検討すると良いでしょう。

一石二鳥の効果が期待できます。

ストレージ選びも見逃してはいけません。

動画ファイルは大容量であるため、高速で安定したSSDが不可欠です。

特に、NVMe SSDは読み書き速度が非常に速いため、作業効率を大きく向上させます。

しかし、長時間のプロジェクトには足りなくなる場合もあるため、HDDとの併用を考えると良いかもしれません。

最後に、マザーボードと電源ユニットについても触れておきましょう。

それぞれのコンポーネントの相性を引き出すためには、高品質なマザーボードと安定した電力供給が必要です。

マザーボードの選定には、拡張性やオーバークロックの対応性を考慮しましょう。

電源ユニットは、全てのパーツに十分な電力を供給できるかどうか確認するべきポイントです。

正しい相性の組み合わせを選ぶことが動画編集の効率を大きく左右するのですから、各パーツの相性と最適化をしっかりと考えることが大切です。

ボトルネックを避けるためのポイント

動画編集用パソコンを選ぶ際に、必ず避けたいのがボトルネックです。

というのは、ボトルネックがあると、せっかくの高性能パーツがうまく機能しないためです。

たとえば、高性能なグラフィックカードを搭載しているのに、CPUがそれに追いつかず全体的なパフォーマンスが低下する、なんて状況は避けたいですよね。

まず、CPUとGPUのバランスを確認するべきポイントです。

動画編集においては、どちらも重要な役割を果たしますが、どちらかが突出していても意味がありません。

たとえば、Intel Core i9やAMD Ryzen 9のようなCPUに対して、NVIDIAのRTX4080以上のGPUが組み合わせられているのが理想的です。

これによって、CPUとGPUが互いに足を引っ張り合うことなくスムーズに動作します。

次に、メモリの容量について考える方も多いと思います。

動画編集では、16GB以上、できれば32GBのメモリを搭載することがおすすめです。

なぜかというと、メモリ容量が足りないと、特に高解像度の4Kや8K動画の編集時にパフォーマンスが著しく低下してしまうからです。

とはいうものの、メモリの速度も重要で、3200MHz以上の速さを目指した方がいいでしょう。

また、メモリスロットが複数あるマザーボードを選ぶことも、後々のアップグレードを考えると一石二鳥です。

ストレージについても、HDDよりもSSD、できればNVMe SSDを搭載するのが断然おすすめです。

なぜかというと、SSDは読み書き速度が非常に速く、動画の読み込みや書き出しが短時間で済むためです。

しかも、動作音が静かで発熱も少ないため、仕事環境としても快適です。

そして、電源ユニット(PSU)も非常に重要です。

高性能なパーツすべてに安定して電力を供給できるためには、750W以上の80 PLUS認証を受けたPSUを選ぶといいでしょう。

というのも、電力供給が安定しないと、パフォーマンスが低下するばかりか、パーツが故障するリスクも高まるからです。

最後に、冷却性能を忘れてはいけません。

動画編集は長時間の高負荷作業が多いため、良い冷却システムを備えているかどうかが大きな差になります。

たとえば、液冷クーラーや高性能なエアクーラーを導入することで、パーツの寿命を延ばすだけでなく、快適な作業環境を維持することができます。

以上のポイントを押さえて、ボトルネックを避けるためのパソコンパーツの相性と最適化に取り組めば、あなたの動画編集作業が途切れることなくスムーズに進行するはずです。

要するに、互換性をしっかりと確認し、バランスの取れたパーツ選びが成功の鍵だと言えるでしょう。


アップグレードを見越した拡張性の重要性

動画編集用のパソコンを考える際に、拡張性を見越したパーツ選びは非常に重要です。

なぜかというと、技術は日進月歩で進化しており、最新のパーツにアップグレードすることで、一瞬にして作業効率が向上するからです。

「これから動画編集を始めるから、最小限のスペックで」と思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、数年後にはそのスペックでは不十分になる可能性も多いもの。

だからこそ、最初から拡張性を考慮した選び方が必要なのです。

まず、マザーボードの選択は非常に重要です。

なぜなら、マザーボードは他のパーツとの接続性を決定づけるからです。

最新のCPUや高速なメモリ、さらには複数のグラフィックカードを装着するためには、それに対応したマザーボードが必要になります。

「これって、本当に必要?」と疑問に思うこともあるかもしれませんが、拡張性を念頭に置くことで先々のアップグレードがずっと楽になりますよ。

次に、CPUとメモリの選び方にもこだわりましょう。

特に動画編集では大量のデータをスムーズに処理するため、高性能なCPUと豊富なメモリが不可欠です。

一度に大型のファイルを扱うことが多い編集作業では、そもそもメモリが足りないと作業が止まってしまうこともあります。

高性能なCPUとメモリを搭載することで、編集スピードが大幅に向上し、ストレスなく作業ができるようになりますね。

グラフィックカードも見逃せないパーツです。

特に4K動画の編集を考えている方には、最新の高性能グラフィックカードは必須といえるでしょう。

また、将来的にVRコンテンツの編集をしたい場合にも、拡張性を考慮したグラフィックカードの選択が必要です。

さらに、ストレージも大切です。

動画編集では大量のデータを保存するため、高速で容量が大きいSSDやHDDが必要になります。

特にSSDは読み書き速度が高速なので、編集作業の効率が格段に上がりますよ。

要するに、動画編集用のパソコンは最初から拡張性を考慮した設計が重要です。

短期的には過剰と思えるスペックでも、将来的な続性を見据えた選択が長期的に見て賢明です。

拡張性の高いパソコンを組むことで、今後の技術進化にも柔軟に対応できる準備が整います。

動画編集の環境を整えるためには、将来的なアップグレードも視野に入れておくことが重要です。

それにより、プロフェッショナルな仕上がりを実現するための環境作りが完璧になります。

これから始める方も、現在のスペックに満足している方も、一度見直してみてはいかがでしょうか。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

究極の体験をコミットするプロフェッショナルランクゲーミングPC。用途もグレードも一級品!
巨大な128GBメモリ搭載、緻密に計算されたパワーバランスでスムーズな動作を実現
シックなスチールパネルが印象的、MasterBoxの洗練されたミドルタワーデザイン
最先端Core i9 14900、プロの要求にも応える驚異のプロセッシング速度

【ZEFT Z47DI スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

編集効率を大幅にアップするパソコン周辺機器

編集効率を大幅にアップするパソコン周辺機器

高速データ転送を実現する外部ストレージ

動画編集を行う上で重要なポイントの一つに、高速データ転送を実現する外部ストレージの選定があります。

いくら高性能なパソコンを導入しても、データの転送速度が遅ければ、編集効率は著しく低下してしまうのです。

特に大容量の4Kや8K動画の場合、高速な外部ストレージは不可欠といえるでしょう。

まず外部ストレージとしては、SSD(ソリッドステートドライブ)を選ぶことが一般的です。

SSDはHDD(ハードディスクドライブ)に比べて読み書き速度が非常に速く、動画編集の作業をストレスなく行うことができます。

「でも、SSDって高価じゃない?」と心配される方もいるでしょう。

確かにHDDに比べるとコストは高いものの、その分の効率性や作業時間の短縮は計り知れません。

一石二鳥の効果が期待できるのです。

USB 3.2やThunderbolt 3/4対応のSSDを選ぶことで、転送速度はさらに向上します。

USB 3.2は最大20Gbpsの転送速度を、Thunderbolt 3/4は最大40Gbpsの転送速度を実現できます。

これなら数百GBの4K動画ファイルの転送も短時間で行うことができます。

「でも、そんなに速い転送速度が本当に必要なの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、動画編集作業では大量のデータを頻繁に読み書きするため、転送速度の違いが作業効率に大きな影響を与えます。

つまり、高速な外部ストレージを持つことは、快適な編集環境を手に入れるための必須条件ともいえます。

また、外部ストレージの選び方一つで編集作業の流れが大きく変わるのです。

たとえば、複数のプロジェクトファイルを同時に扱う場合、複数のSSDを使い分けることで作業効率が一気に向上します。

これにより、異なるプロジェクト間でスムーズに移動でき、時間のロスを最小限に抑えることができます。

なにも最初から大容量のSSDを購入する必要はないですが、まずは作業に必要な最低限の容量から始め、徐々に増やしていく方法も効果的です。

選択肢が多い現在、市場にはさまざまな価格帯と容量のSSDが揃っています。

予算と相談しながら、自分に合ったSSDを見つけることができます。

最後に、外部ストレージは頻繁に持ち運ぶことを考え、耐久性と軽量性もチェックしておきましょう。

これらをすべて考慮すれば、間違いなく編集効率は大幅にアップするはずです。

自分に最適の外部ストレージを選ぶことで、快適でスムーズな動画編集ライフを手に入れましょう。

正確な色再現にこだわるモニター選び

正確な色再現にこだわるモニター選びでは、動画編集のクオリティが大きく変わるため、慎重に選ぶことが大切です。

と言われても、具体的にどんなポイントに注意すればいいのか、戸惑う方も多いと思います。

そこで、私からいくつかの重要ポイントをお伝えしましょう。

まず、色再現性において最も重要なのはモニターの色域です。

標準的なsRGBだけでなく、より広範なAdobe RGBやDCI-P3色域をカバーするモニターを選ぶと良いでしょう。

なぜなら、広い色域をカバーするモニターは、より鮮やかで正確な色再現ができるからです。

これにより、撮影した映像の美しさを最大限に引き出すことが可能になります。

次に、カラーモードの対応状況やカラープロファイルの正確さも重要です。

多くのプロフェッショナルなグレードのモニターはカラープロファイルを事前にキャリブレーションされて出荷されています。

「自分でキャリブレーションするのは面倒」「設定に自信がない」と思う方には、こうしたキャリブレート済みのモニターが断然おすすめです。

さらに、モニターの解像度も動画編集において無視できない要素です。

一般的に、4K解像度以上のものを選ぶと、細部まで画像を鮮明にチェックでき、編集作業がスムーズに進みます。

たとえば、動画の細かい部分まで確認できることで、最終出力後のクオリティに自信を持つことができます。

「編集後に見逃していたミスを発見…」ということが減るのは嬉しいですね。

続いて、リフレッシュレートにも注目しましょう。

高リフレッシュレートのモニターであれば、動きの激しいシーンも滑らかに表示されるため、編集作業のストレスが大幅に軽減されます。

つまり、より効率的に動画編集が行えるわけです。

特に、アクションシーンやスポーツ映像を扱う場合、高リフレッシュレートのモニターは一石二鳥の働きをします。

最後に、モニターのサイズも無視できません。

大きめのモニターであれば、複数のウィンドウを並べて作業することができ、作業効率を上げることができます。

たとえば、タイムラインを拡大して編集する際、大きなモニターは非常に役立ちます。

これらのポイントを押さえることで、あなたの動画編集がさらにプロフェッショナルな仕上がりになることは間違いありません。

正確な色再現にこだわることで、編集した映像が期待通りのクオリティで仕上がるはずです。

長時間作業でも疲れない入力デバイス

動画編集を行う際、長時間の作業が伴います。

そこで、長時間作業でも疲れない入力デバイスの選定は非常に重要です。

適切なデバイスを使用することで、編集効率が大幅に向上しますし、疲労を軽減することも可能です。

それでは、具体的にどのような入力デバイスが適しているのか、詳しく見ていきましょう。

まず、キーボードです。

長時間タイピングを行うことが前提となるため、キーボードの選定は重要です。

機械式キーボードは打感が良く、長時間使用しても疲れにくい特徴があります。

また、キーの配列もチェックすることが大切です。

無駄なキーが少なく、使いやすい配列を選ぶことが重要です。

手に馴染むキーボードを使うことで、無駄な動きを減らし、効率よく作業ができるわけです。

次に、マウスです。

キーボード同様、長時間使用するので手に馴染むものが必須です。

エルゴノミクス(人間工学)に基づいたデザインのマウスを選ぶとよいでしょう。

たとえば、縦型マウスは従来の平置きマウスに比べて自然な手の位置を保てるため、手首や肘への負担が軽減されます。

また、多ボタンマウスを使うと編集ソフトのショートカットを登録でき、一挙両得です。

さらに、ペンタブレットも注目すべき入力デバイスです。

特に精細な作業が求められる動画編集では、ペンタブレットを使うと正確な操作が可能になります。

なぜかというと、ペンタブレットはペンのように直感的に操作できるため、細かい部分の作業が非常に楽になります。

絵を描く感覚で細かいエリアにアクセスできるので、特にマスク処理やエフェクト調整に強い味方となります。

そして、これらの入力デバイスを最大限に活用するためには、適切なワークステーション環境も必要です。

つまり、高さ調整可能なデスクや快適なチェアも合わせて検討するべきです。

デスクの高さが適切でない場合、肩や首に負担がかかりやすくなりますが、適切な高さに調整することで長時間座っていても楽に作業が続けられるわけです。

このように、長時間の動画編集を効率よく行うためには、キーボード、マウス、ペンタブレットのような入力デバイスを適切に選び、それに合った環境を整えることが大切です。

そうすることで、編集効率が飛躍的にアップし、長時間の作業でも疲れが軽減されることが期待できます。

ワークフローに合わせたカスタマイズポイント

ワークフローに合わせたカスタマイズポイント

複数プロジェクト対応のストレージ運用方法

動画編集をする上で、複数のプロジェクトを同時に進行することはよくあります。

この際、効率的なストレージ運用が重要となります。

なぜかというと、適切なストレージ管理ができていないと、プロジェクトの遅延やデータロスのリスクが高まるからです。

まず、基本的な考え方としては、プロジェクトごとに専用のストレージスペースを確保することです。

つまり、プロジェクトA用のフォルダ、プロジェクトB用のフォルダといった具合に整理することが重要です。

これにより、必要なデータを素早く見つけることができるため、作業効率が大幅に向上します。

次に、ストレージの速度と容量のバランスを考える必要があります。

たとえば、日々の編集作業には高速なSSDを使用するのが効果的です。

SSDは読み書き速度が速く、大容量の動画ファイルでもストレスなく扱うことができます。

ただし、SSDは価格が高いため、長期的な保存には向いていないという一面もあります。

そこで、最終的に完了したプロジェクトはHDDに移すのが賢明です。

HDDはSSDに比べて安価で、大容量のデータを長期間保存するのに適しています。

バックアップも忘れてはいけません。

複数プロジェクトを同時に進行するとなると、その分リスクも増えるからです。

したがって、データが失われないよう必ず定期的にバックアップを取ることをお勧めします。

バックアップにはクラウドストレージや外付けHDDを活用すると良いでしょう。

それぞれのメリットを理解し、用途に合わせて使い分けることが大切です。

さらに、パソコン自体のストレージだけでなく、ネットワークストレージ(NAS)を活用するのも一つの方法です。

NASを使えば、複数のデバイスから同じデータにアクセス可能となり、チーム作業でもスムーズにファイル共有ができます。

これは、チーム全体の作業効率を一気に高めることができる、一石二鳥の方法とも言えますね。

動画編集用パソコンのストレージ運用には多くの選択肢がありますが、最も重要なのは、自分のワークフローに最適な方法を見つけることです。

上記のポイントを押さえ、しっかりとしたストレージ管理を行うことで、複数のプロジェクトを同時に進めることがスムーズになります。

自分に合った方法を試してみて、最も効率的なストレージ運用を実現してください。

レンダリング時間短縮のためのPCチューニング

動画編集の際、レンダリング時間の短縮は誰しも願うところです。

時間を節約できれば、その分クリエイティブな作業に集中できるからです。

とはいうものの、PCのスペックを最適化するにはいくつかのポイントがあります。

しっかりと押さえておきましょう。

まず、CPUの選定は非常に重要です。

高性能なCPUは、レンダリング時間短縮に直結します。

特にマルチコアのCPUがおすすめです。

なぜかというと、動画編集ソフトは多くの場合、マルチコアの利用を前提として設計されているため、一度に複数の処理を素早く行ってくれます。

「レンダリングの時間が短くならない…」とお悩みの方も、このポイントを押さえることで大きな違いが出ることを実感できるでしょう。

また、ストレージも見逃せないポイントです。

SSDとHDDのどちらを使用するか悩む方も多いでしょうが、ここは断然SSDをおすすめします。

というのは、SSDはデータの読み書き速度がHDDに比べて圧倒的に速いためです。

SSDを使用することで、読み込みや書き出しのスピードも飛躍的に向上するため、レンダリング時間も短縮されること間違いありません。

さらに、RAMの容量も忘れてはいけません。

多くのクリエイターがつまずくポイントですが、十分な容量のRAMがないと、ソフトウェア自体がスムーズに動作しなくなります。

一般的な目安としては、最低でも16GB、余裕があれば32GB以上を搭載するのが理想的です。

「メモリが足りないかも?」と心配になる方もいるかもしれませんが、RAMを増設することで作業全体がスムーズに進むようになるため、ストレスが大幅に減るでしょう。

そして、GPUの性能も非常に大切です。

GPUは、グラフィック処理に特化したハードウェアですが、動画編集にも大きく影響します。

特に4Kや8Kといった高解像度の動画を編集する場合、強力なGPUがないと処理が追いつかないことがあります。

高性能なGPUを搭載することで、レンダリング速度が飛躍的に向上することが分かっています。

以上の要素を最適化することによって、PCのパフォーマンスを最大限に引き出し、レンダリング時間を大幅に短縮することができます。

動画編集用のパソコンの選定においては、このようなスペックのチューニングが一石二鳥。

作業効率も上がり、クリエイティブな表現の幅も広がるでしょう。

「自分だけのカスタマイズされたPCで最高の作品を作りたい!」という方は、ぜひこれらのポイントを押さえてください。

リアルタイムプレビューのスムーズ化

リアルタイムプレビューのスムーズ化についてお話ししましょう。

動画編集を行っている皆さん、特に高度なエフェクトを使用する方にとって、リアルタイムプレビューのスムーズさは作業効率を大きく左右する重要な要素です。

なぜかというと、プレビューの待ち時間が長いとクリエイティビティが損なわれるからです。

そこで、リアルタイムプレビューをスムーズにするための具体的なカスタマイズポイントを紹介します。

まず、CPUは高性能なものを選びましょう。

多くの方が知っているように、動画編集ソフトはCPUパワーを大量に消費します。

特にエフェクトのリアルタイム処理には、強力なCPUが必要です。

8コア以上のCPUを搭載しているPCを選べば、高度なエフェクトもスムーズにプレビューできるようになります。

次に注目したいのがGPUです。

GPUは映像のレンダリング処理を専門に行うため、高品質なプレビューを提供するのに非常に重要です。

「GPUはゲームだけのために必要?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、実は動画編集にも欠かせない要素なのです。

最新のNVIDIAやAMDの高性能GPUを搭載すれば、編集作業が格段に快適になりますよ。

そして、メモリは16GB以上を推奨します。

多くの編集者が快適な編集環境を求めていますが、それにはメモリ容量が重要です。

大量のエフェクトや高解像度の映像を使うと、それだけメモリも消費します。

ですので、余裕を持って32GBにするのも効果的です。

さらに、ストレージの速度にもこだわりましょう。

というのも、SSDを使用することで動画ファイルの読み書き速度が大幅に向上し、プレビューもスムーズになります。

HDDではなく、NVMe SSDを選ぶと、驚くほどの速度向上が期待できます。

一方で、編集ソフト自体も最適化が必要です。

ソフトウェアの設定でプレビューの解像度を下げたり、キャッシュを効率的に管理することで、よりスムーズな体験が得られます。

とはいうものの、これだけの対策を行うと予算が心配になる方もいるでしょう。

しかし、カスタマイズ次第でコストを抑えつつも十分な性能を引き出すことができるのです。

一挙両得な選択肢を見つけることが求められます。

以上のポイントを押さえれば、リアルタイムプレビューのストレスから解放され、高品質な動画編集がスムーズに進行するでしょう。


動画編集用パソコンの保守とアップデート

動画編集用パソコンの保守とアップデート

長期間安定した性能を維持するためのメンテナンス

動画編集用パソコンを長期間安定して使用するためには、定期的なメンテナンスが必要です。

とはいうものの、日常の忙しさに追われてメンテナンスを後回しにしてしまう方も少なくないでしょう。

ですが、しっかりとしたメンテナンスを行うことで、パソコンの性能を長持ちさせることができるのです。

まず、ホコリの掃除は定期的に行いましょう。

なぜかというと、ホコリが溜まると冷却性能が低下し、パソコンが過熱することがあるからです。

特にCPUやGPU周辺にホコリが溜まると、動画編集作業中にパソコンがフリーズしたり、最悪の場合、部品が故障するリスクが生じます。

「掃除機を使ってサッと吸い取ればいいの?」と思った方もいるかもしれませんが、エアダスターを使用することをおすすめします。

細かなホコリもしっかり吹き飛ばし、内部をキレイに保つことができるのです。

さらに、パソコンのソフトウェアも定期的なアップデートが必要です。

なぜなら、最新のソフトウェアにはセキュリティの改善やバグ修正が含まれていることが多いからです。

しかしながら、「アップデートするのが面倒だ」と感じる方もいるでしょう。

それでも、特に動画編集ソフトやドライバは最新のものを使用する方が、作業の効率が上がり安定した動作を期待できます。

見逃しがちですが、パソコン自体のOSも忘れずに更新することを心がけましょう。

ハードディスクやSSDの健康状態も確認が必要です。

というのは、データの読み書き速度が低下すると、動画編集作業全体のスピードが遅くなるからです。

たとえば、ストレージの残り容量が少なくなるとパフォーマンスが低下しますので、不必要なファイルは定期的に整理し、クリーンアップツールを活用するのが有効です。

さらに、定期的なデフラグやSSDのTRIM機能の実行も、ストレージの健康を保つための重要なポイントです。

そして、熱管理も欠かせません。

高性能なパソコンを長時間動かすと内部の温度が上がりやすいです。

特に夏場は冷却が不十分だと困難が生じることがあるでしょう。

クーラーパッドや外付けファンを使用するのも効果的です。

「熱管理が面倒だ」と感じるかもしれませんが、パソコンの温度が適切に保たれることが、性能維持のためには重要です。

一石二鳥ではなく、メンテナンスが多岐にわたっていることが分かると思いますが、いずれも動画編集用パソコンを長期間安定して使うためには欠かせない作業なのです。

しっかりと継続してメンテナンスを行い、優れたパフォーマンスを引き出し続けるために、自分のパソコンに愛情を持って向き合いましょう。

セキュリティ面から見たソフトウェアのアップデート

動画編集用パソコンの保守とアップデート、特にセキュリティ面から見たソフトウェアのアップデートについて触れたいと思います。

多くの方が「アップデートなんて面倒くさい」と感じるかもしれませんが、実際には非常に重要な作業です。

まず、ソフトウェアのアップデートはセキュリティパッチを含むことが多いので、これを怠るとセキュリティホールが残ってしまう危険性があります。

サイバー攻撃を防ぐためにも、最新のセキュリティアップデートを適用することが肝要です。

例えば、「自分は動画編集だけだから関係ない」と思う方もいるかもしれませんが、インターネットに接続する以上、常にリスクは存在します。

新しい機能やバグ修正が追加されることで、編集作業がスムーズに進むこともあります。

つまり、編集効率が格段に上がるということです。

これにより、時間を節約し、よりクリエイティブな作業に集中できるようになるわけです。

そして、定期的なソフトウェアの更新は、互換性の問題をも解決する一助となります。

新しいフォーマットやコーデックに対応するためにも、アップデートは必須です。

「古いバージョンで十分」と思う方もいるかもしれませんが、互換性の問題でトラブルが発生することも少なくありません。

アップデートを怠ってしまうと、最悪の場合、重要なプロジェクトが完成しないことも考えられるのです。

さらに、「面倒だから後でやろう」と思っていると、アップデートをまとめて行うことになり、その間の作業がストップする可能性があります。

これもまた、ビジネス上の大きなリスクと言えるでしょう。

日進月歩の技術進歩に置いて行かれないためにも、定期的なアップデートを習慣化することが求められます。

要するに、ソフトウェアのアップデートはセキュリティ面から見ても、作業効率や互換性の面から見ても、怠るべきではないのです。

これからの動画制作の質を向上させるためにも、しっかりとソフトウェアのアップデートを実施してください。

ハードウェアのアップグレードタイミング

動画編集用パソコンのハードウェアアップグレードタイミングは、非常に重要な要素です。

多くの方が「こだわりたいけど、いつアップグレードすればいいのか?」とお悩みかもしれません。

しかし、具体的なタイミングを見極めることで作業効率が大幅に向上することがあります。

まず、アップグレードのタイミングとして見逃せないのが、パソコンの動作が遅くなってきたと感じるときです。

動画編集ソフトがスムーズに動かない、レンダリングに時間がかかりすぎるなどの症状が現れたら、アップグレードが必要かもしれません。

CPUやGPUの性能が不足している可能性が高いのです。

たとえば、4K動画編集をするのであれば、少なくとも4コア以上のCPUと、対応する高性能なGPUが必要です。

次に、ソフトウェアの更新が理由でアップグレードを検討する場合もあります。

プロフェッショナル向けの動画編集ソフトは、頻繁にアップデートされ、新しい機能や高い要求スペックが必要となることが多いです。

新しいバージョンのソフトウェアがリリースされ、それを最大限活用したいときには、パソコンのハードウェアも合わせて進化させたいものです。

また、ストレージの容量も重要なポイントです。

高解像度の動画ファイルは非常に大きく、SSDの容量がすぐに満杯になる可能性があります。

動画を保存しておくための大容量HDDと、編集のための高速SSDの両方をバランスよく使うことが理想的です。

これにより、ストレージ不足で作業が滞ることを防ぎ、効率的に作業を続けることができます。

ただ、ハードウェアのアップグレードを行う際に気をつけたいのは、迷走しないことです。

というのは、いきなり全面的にハードウェアを換えるのではなく、最も必要としている部分から手をつけることが大切です。

たとえば、メモリが不足している場合、他の部分を改善しても効果が薄い場合があります。

メモリの増設は比較的簡単で効果も大きいので、まずはここから手をつけるのが効果的です。

最後に、アップグレードは長期的な投資と考えるべきです。

急に新しいパソコンを購入するのではなく、定期的にハードウェアをチェックし、必要な部分を少しずつアップグレードすることで、一石二鳥の効果が期待できます。

これならば、費用も抑えつつ、常に最適な環境で動画編集を行うことができるわけです。

というわけで、動画編集用パソコンのハードウェアアップグレードは計画的に行うことで、常に最前線の環境で作業を続けることができますよ!

動画編集PCを長持ちさせる使用上の注意

動画編集PCを長持ちさせる使用上の注意

適切な冷却・通気のための環境整備

動画編集用パソコンを長持ちさせるためには、適切な冷却・通気のための環境整備が欠かせません。

特に、パソコン内部の温度管理は重要で、これを怠ると性能が低下したり寿命が短くなったりしてしまいます。

まず、高性能なCPUとGPUが搭載されていることが多い動画編集用パソコンでは、熱が非常に発生しやすいです。

そのため、冷却の手段をしっかりと取ることが必要です。

適切な冷却と通気を確保するためには、パソコンを設置する位置や環境が重要です。

例えば、狭いテレビラックや机の下にパソコンを置くと、通気が悪くなり熱がこもりやすくなります。

パソコンを開放的な場所に設置し、周囲に十分な空間を確保することが大切です。

また、埃がたまりやすい場所も避けた方が良いでしょう。

定期的な埃の掃除も重要で、特にファンやフィルターの掃除を忘れずに行いましょう。

冷却ファンやクーラーを追加で取り付けるのも効果的です。

これにより、内部の熱を効率よく排出でき、適切な温度を保つことができます。

さらに、液体冷却システムを導入することで、より高度な冷却性能を得ることも可能です。

もちろん、初期コストはかかりますが、その効果は一石二鳥です。

パソコンを長時間使用する場合、休憩を挟むことも忘れないでください。

特に動画編集は負荷が高い作業です。

連続使用の際にはパソコンが過熱しやすく、放熱時間を設けることで寿命を延ばすことができます。

これも忘れてはいけないポイントです。

適切な冷却・通気環境を整えることで、動画編集用パソコンのパフォーマンスを最大限に発揮し、長持ちさせることができます。

熱管理をしっかり行うことで、長期にわたって高品質な動画制作を続けることができるのです。

データ保護のためのバックアップ方法

動画編集用のパソコンといえば、高性能で、大容量のデータを扱う場面が増えるものです。

データの保護は、パソコンを長持ちさせるために欠かせません。

なぜかというと、大切なプロジェクトのデータが失われると、そのダメージは計り知れないものだからです。

そこで、データ保護のためのバックアップ方法をご紹介しましょう。

まず、一つめの方法として「外部ストレージに保存する」という手があります。

これは最も一般的で、手軽にデータを守ることができる方法です。

たとえば、外付けのHDDやSSDを用いることで、大量のデータを簡単に保存できます。

接続もUSBケーブル一本で行えるので、取り扱いも楽です。

また、保存容量も自分で選べるので、動画編集のニーズに合わせたストレージを選ぶことができるのが魅力です。

次に、「クラウドストレージを活用する」という方法もあります。

クラウドストレージの利点はどこにいてもアクセスできることです。

Google DriveやDropbox、Microsoft OneDriveなど、無料で使えるサービスも多くあります。

しかも、クラウド上にデータを保存しておけば、パソコンが故障してもデータは無事です。

インターネット環境さえあれば、どのデバイスからでもアクセス可能なので、異なる場所での作業もスムーズに行えますね。

さらに、バックアップの頻度も重要です。

「週に一度はバックアップを取る」というルールを設定することをおすすめします。

というのも、データの更新頻度が高い動画編集では、少しの間に大きな変化があるため、定期的なバックアップが欠かせません。

万が一のトラブルに備え、一週間ごとにバックアップを取ることで、最新のデータを守ることができます。

しかし、意外と見落としがちなのが「バージョン管理」です。

いわば、古いデータも一緒に保存しておくという方法です。

たしかに、最新のデータが必要ですが、過去のバージョンを参照することでトラブルシューティングや修正作業がスムーズに行えることも多いです。

複数のバージョンを保存することで、意図しない修正を防ぎ、安心して作業を進めることができるでしょう。

最後に、バックアップの際には「複数の保存場所を持つ」ことも肝心です。

これは、外部ストレージやクラウドストレージのどちらか一方にのみ依存するのではなく、それらを組み合わせて使用することを意味します。

複数の保存場所に分散してバックアップを取ることで、ひとつのバックアップ先が利用できなくなったときにも、データを失うリスクを大幅に低減させることができます。

まさに、一挙両得の方法といえますね。

データのバックアップは、動画編集の信頼性と効率性を高めるための重要なステップです。

これらの方法を実践すれば、安全で安心な動画編集ができるようになりますよ!

パフォーマンス低下を防ぐソフトウェアの管理

動画編集PCを長持ちさせるためには、ソフトウェアの管理が非常に重要です。

特にパフォーマンスの低下を防ぐためには、注意が必要です。

普段使っていて「なんだかパソコンの動きが遅くなってきたな」と感じることが多い方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、いくつかのポイントをお伝えします。

まず、ソフトウェアのアップデートを怠らないことが大切です。

最新のバージョンにしておくことで、セキュリティリスクを減らし、パフォーマンスの向上が期待できるからです。

ただし、自動アップデートをオンにして、必要なときに手動で行うことをおすすめします。

なぜなら、突然のアップデートで作業中のプロジェクトが中断されることを防ぐことができますからね。

次に、不要なソフトウェアをアンインストールすることが有効です。

インストールされているソフトの中には、ほとんど使わないものや一時的に使っただけのものも多いはずです。

これらをそのまま放置しておくと、ハードディスクの容量が減るだけではなく、メモリやCPUを無駄に消費する要因となり得るのです。

不要なソフトウェアを定期的にチェックし、アンインストールしておきましょう。

また、バックグラウンドで動作するアプリケーションも見逃せません。

たとえば、ほとんど気にせずに起動しているアプリケーションが実は多くのリソースを食っていることがあります。

起動時に自動で立ち上がるアプリの確認と管理をすることで、パフォーマンスの低下を防ぐことが可能です。

そして、仮想メモリの設定も見直す必要があります。

パソコンのメモリが不足すると仮想メモリが使われますが、この設定が最適化されていないと逆にパフォーマンスが低下することもあります。

容量の多い仮想メモリに設定することで、効率よく作業が進むようになりますよ。

いわば、これらのソフトウェア管理の方法を実践すれば、パソコンのパフォーマンス低下を防ぎ、高品質な動画制作が継続的に行えるようになります。

動画編集用PCを長持ちさせるために、一挙両得な方法とも言えるのではないでしょうか。

動画編集はプロジェクトの進行やクライアントの要求に応じて迅速に対応することが求められます。

そのためには、日々のメンテナンスも欠かせません。

ぜひ参考にしてください。

この工夫を取り入れれば、動画編集用パソコンを長く快適に使い続けることができるでしょう。

専門家が教える動画編集パソコン購入前のチェックリスト

専門家が教える動画編集パソコン購入前のチェックリスト

購入検討前のシステム要件確認

動画編集パソコンを選ぶ際、購入前にシステム要件の確認は「必ず」しておきたいポイントです。

なぜなら、適切なスペックを選ばないと作業効率が大幅に低下し、最悪の場合、作業が全く進まないこともあるからです。

ここで、専門家の観点から詳しく解説していきます。

まず、CPUの重要度を考えてみましょう。

動画編集には複数の重たい処理が必要なため、強力なプロセッサが求められます。

例えば、インテルのCore i7やCore i9、AMDのRyzen 7やRyzen 9などが適しています。

これらのCPUはマルチスレッディング性能が高く、高解像度の動画編集も滑らかに行えると言われています。

次に、メモリの量も非常に重要です。

動画編集用には最低でも16GB、多くのプロが32GBを推奨しています。

なぜかというと、編集ソフトウェアが大量のデータを扱うため、メモリが不足すると作業が遅くなり、最悪の場合、クラッシュしてしまいます。

メモリが多いほど作業のスムーズさが向上し、ストレスフリーで作業を進めることができるのです。

さらに、ストレージについてです。

動画ファイルは非常に大きいため、SSD(ソリッドステートドライブ)を選ぶのが一般的です。

容量が多ければ多いほど安心ですが、最低でも512GBは欲しいところです。

また、作業データを別のHDDや外部ストレージにバックアップすることも効果的です。

また、GPU(グラフィックカード)も見逃せません。

GPUは画像処理を高速化するため、特に4K動画編集やレンダリングに大いに役立ちます。

一般的にはNVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズが推奨されます。

これらのGPUを搭載することで、エンコードやデコードの時間を大幅に短縮できるのです。

今回ご紹介したシステム要件をクリアしたパソコンを選ぶことで、動画編集作業が格段に効率的になります。

初めて購入する方にとってはどれも聞いたことがあるようなスペックかもしれませんが、細かい差が大きな影響を及ぼすのが動画編集の世界です。


将来的なニーズにも応えるスペック選択

将来的なニーズにも応えるスペック選択を考えると、動画編集パソコンには少し余裕を持ったスペックを選ぶことが重要です。

なぜなら、技術の進化により要求される性能が年々高まっているからです。

たとえば、4K動画が主流になるにつれて、必要な性能も格段にアップします。

とはいえ、どの程度のスペックが未来を見据えたものなのか、悩ましいところですよね。

まず、プロセッサ(CPU)についてです。

動画編集には、特にマルチスレッド性能が重要ですので、Intel Core i7以上やAMD Ryzen 7以上のプロセッサを選ぶとよいでしょう。

これによって、エンコードやデコードが高速化し、編集時のストレスも大幅に減少します。

そして、将来的なソフトウェアのアップデートにも対応できるわけです。

次に、メモリ(RAM)ですが、16GB以上が推奨されます。

というのも、動画編集ソフトは多くのリソースを消費するからです。

特に高解像度のプロジェクトを扱う場合、メモリ不足によるパフォーマンス低下は避けたいですよね。

32GBやそれ以上のメモリを考えると、さらに安心です。

グラフィックカード(GPU)は、Adobe Premiere ProやDaVinci ResolveといったソフトがGPU加速に対応していることから、NVIDIA GeForce RTX4060以上、あるいはRTX4070以上の性能が求められます。

将来のVRや8K対応も視野に入れると、さらに高性能なカードを選ぶことも検討に値します。

つまり、GPUの選択は一挙両得の利点があるのです。

ストレージについても重要なポイントです。

SSD(Solid State Drive)は今や欠かせない要素となっており、500GB以上の容量を確保しましょう。

また、プロジェクトごとに追加のハードディスクドライブ(HDD)やクラウドストレージを利用するのも効果的です。

そのため、M.2 NVMe SSDを主ストレージとして採用するのがおすすめです。

最後に、将来的な拡張性も考慮しましょう。

パソコンの本体ケースがアップグレード可能であれば、後からRAMやHDDを追加することが可能ですし、これにより長期的なコストパフォーマンスも向上します。

そうすることで、「また新しいパソコンを買わなきゃ!」というストレスからも解放されますよ。

要するに、将来のニーズを見越したスペック選びは、技術の進化に対応しつつ長期的な投資効果を狙う姿勢が大切です。

これを実践すれば、高品質な動画制作を続けられるだけでなく、より効率的な作業環境を実現できます。

アフターサービスとサポートの重要性

動画編集用パソコンを選ぶ際、アフターサービスとサポートは避けて通れません。

多くの方が高額なパソコンを購入する際、「もし壊れたらどうしよう?」と心配になるのではないでしょうか。

そこで重要なのが、アフターサービスとサポートの質です。

これがしっかりしているかどうかで、購入後の安心感が大きく変わります。

なぜアフターサービスが重要かというと、動画編集用パソコンはその複雑なハードウェアと高性能ソフトウェアを組み合わせているため、何かしらの問題が発生する可能性があるからです。

特に動画編集はシステムリソースを大量に消費するため、予期せぬトラブルが起こりがちです。

その時に頼りになるのが、迅速で丁寧なサポートです。

これがあると大きな安心感につながりますよね。

ところが、価格だけに目を向けてアフターサービスの質をないがしろにしてしまうと、いざというときに高額な修理費や長い待ち時間といった問題に直面することがあります。

これは動画編集者にとって時間とお金の両方で大きな負担です。

したがって、購入前にメーカーや販売店のレビューをチェックしたり、問い合わせ体験をしてみたりすることが重要です。

これによって、商品の揺るがない信頼性が担保されるのです。

そこでおすすめなのが、メーカーの公式サイトや専門店での購入です。

こうした店舗では、大抵の場合アフターサポートが充実しており、定期的なメンテナンスや素早いトラブル対応が行われています。

まあ、少し値段が張るかもしれませんが、それは安心と信頼を買っているのだと考えれば一石二鳥ですね。

会話をするようにサポートを受けるために、サポート窓口への問い合わせの際に、問題点を詳しく説明できるようにするのも効果的です。

これで、問題解決までの時間を大幅に短縮することができるわけです。

とはいえ、動画編集用パソコンの選定は一括りでは語れません。

というのも、各人の使用環境や求める性能によって必要とするサポートの内容が異なるからです。

しかし、共通して言えるのは、質の高いアフターサービスがあれば、パソコンの寿命を延ばし、さらには安心して動画編集作業に没頭できるということです。

いわば、アフターサービスとサポートの質は、長期にわたるクリエイティブな作業の成功に欠かせない要素です。

これまで軽視されがちだったかもしれませんが、高品質な動画制作を目指すなら、今後はしっかりとチェックしなければなりません。

あわせて読みたい

効率アップ! 動画編集に適したパソコンスペックとは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

究極のカスタム体験! おすすめBTOゲーミングPCアセンブリーヒント

BTOゲーミングPCランキング

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

音楽制作PCとDAWの相性チェックリスト 完璧なセットアップを目指して

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCトップ10 最新モデルレビュー

静音PC探求道

ゲーム実況で快適プレイ! おすすめPC性能チェックリスト

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作者のためのスペックマッチ 最速パソコン選定術

ちょっとええゲーミングPC

グラフィック重視のゲーム用パソコン選び! 必見のポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCパーフェクト選択術 職種を極める最適仕様ガイド

BTOゲーミングPCランキング

学業から趣味まで! 大学生向けおすすめパソコンの完全リスト

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCランキング プロのための高性能機種比較

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ビジュアルプロフェッショナルのためのクリエイターPCおすすめリスト

静音PC探求道

RTX4070 SUPER搭載! おすすめゲーミングPCの選定ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

VRエクスペリエンス向上計画 最強ゲーミングPC集結

ちょっとええゲーミングPC

RTX4070Ti SUPER 次世代ゲームを支えるゲーミングPC選択指南

静音PC探求道

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次